固溶化熱処理とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 熱処理 > 固溶化熱処理の意味・解説 

固溶化熱処理

読み方:こようかねつしょり
別表記:固溶化処理溶体化処理

鉄鋼充分加熱して合金成分固体に溶け込ませ(固溶)、その後冷却する処理。硬度高めるために行われる

固溶化熱処理

solution treatment
析出物固溶体中に溶け込ませるための熱処理

固溶化熱処理

材料合金成分を固溶させる(固体中に溶かし込む)ことのできる温度加熱保持した後、冷却中に析出物がでないよう急冷する処理である。オーステナイト系ステンレスでは、耐食性劣化させる析出物をなくすために、加工前に必ず固溶化熱処理を行う。また、軟化組織改善で行う事い、オーステナイト領域(1050~1100)まで昇温し、クロム炭化物分解固溶させ、均一組織にした後、急冷する。リベット等のような部品においては作業性と、かしめ後割れ防止目的として施される



固溶化熱処理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「固溶化熱処理」の関連用語

固溶化熱処理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



固溶化熱処理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
吉崎メッキ化工所吉崎メッキ化工所
Copyright (C) 2020 (株)吉崎メッキ化工所. All rights reserved.
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2020 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.

©2020 Weblio RSS