フェロニッケルとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > フェロニッケルの意味・解説 

フェロニッケル

英語:ferronickelFeNi

ニッケル合金ニッケルのフェルアロイ)。ステンレススチール主な原料となる。耐熱性優れ腐食酸化にも強いという特徴がある。ステンレススチールとしてスプーンなどの食器をはじめ多種多様用途に用いられている。

関連サイト
フェロニッケル - 大平洋金属

フェロニッケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/29 22:35 UTC 版)

フェロニッケル(英語:ferronickel)は、合金フェロアロイ)の一種で、鉄とニッケルの合金の事である。製品とされるものの構成比はニッケル20〜40%、鉄80〜60%とされる[1]。その製品の7割がステンレス鋼の原料に使われる[2]


注釈

  1. ^ Extractive Metallurgy of Nickel, Cobalt and Platinum Group Metals, ISBN 0080968090, 49p
  2. ^ a b ニッケル高騰を招いた「鉱石のサウジ」の禁輸(東洋経済オンライン)
  3. ^ Nickel Prices Look Poised to Reboundウォール・ストリート・ジャーナル
  4. ^ a b 中国のステンレス鋼産業とニッケル需給への影響(独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料 著:竹下聡美)
  5. ^ 松下幸雄 『化学大辞典』1、化学大辞典編集委員会(編)、共立、1981年10月、縮刷版第26版、518頁。
  6. ^ 深道和明, 斎藤英夫、不感磁性インバー合金,エリンバー合金Cr基合金を中心にして 『日本金属学会会報』 1976年 15巻 9号 p.553-562, doi:10.2320/materia1962.15.553
  7. ^ 隕石で発見された夢の磁性材料(公益財団法人 高輝度光科学研究センター)
  8. ^ Geoenvironmental Engineering: Geoenvironmental Impact Management, ISBN 0727730339.
  9. ^ a b c 2-80 2.8 非鉄金属スラグ 銅スラグ (PDF)国土交通省
  10. ^ 住友金属鉱山_日向製錬所ホームページ_グリーン・サンド
  11. ^ JIS制定等のプロセス
  12. ^ JIS A 5011-2 コンクリート用スラグ骨材
  13. ^ 5.国際標準化すべき3Rに係る国内規格、規格分野の抽出と方向性の検討(経済産業省)
  14. ^ 日本工業規格:JIS Z 0312
  15. ^ 日本鉱業協会ホームページ「非鉄スラグ製品の製造・販売管理ガイドライン」 の改正について
  16. ^ 「土質安定処理材としてのフェロニッケルスラグ微粉末の適用に関する研究」庄嶋芳卓
  17. ^ International Journal of Environmental Science and Development, Vol. 3, No. 5, October 2012 (PDF)
  18. ^ 宮崎地方裁判所延岡支部 平成26年(ワ)第86号、第89号 名誉棄損・損害賠償請求等裁判
  19. ^ 計量証明書 平成24年8月10日付 公益財団法人宮崎県環境科学協会発行
  20. ^ グリーンサンド(フェロニッケルスラグ)に関することについて(宮城県環境森林部 循環社会推進課)
  21. ^ 日本鉱業協会ホームページ「非鉄スラグ製品の製造・販売管理ガイドライン」 の改正について
  1. ^ 後にグリーンサンド製造業者などが原告となり、ブログなどでグリーンサンドの有害性を強弁していた同市民を被告とした名誉棄損・損害賠償裁判が行われ、批判していた箇所の削除などの命令が下った。宮崎環境研究所が発行した計量証明書は、検出された有害物質がグリーンサンドには含まれていないか、ごく微量含まれる成分であること、被告が採取した場所を証明できないなどの理由で不採用となった。


「フェロニッケル」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フェロニッケル」の関連用語

フェロニッケルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フェロニッケルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェロニッケル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS