喉頭がんとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 喉頭 > 喉頭がんの意味・解説 

喉頭がん

【仮名】こうとうがん
原文laryngeal cancer

喉頭声帯があり、呼吸嚥下会話に使うのどの領域)の組織に生じるがん。たいていの喉頭がんは、扁平上皮がん喉頭内壁平らな細胞発生するがん)である。

喉頭癌

(喉頭がん から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/19 15:39 UTC 版)

喉頭癌(こうとうがん)とは、喉頭に発生する悪性腫瘍の総称。発症部位によって、声門上、声門、声門下の3つに分類される。発症頻度は、声門、声門上、声門下の順で低くなる。


  1. ^ Leon Barnes, John W. Eveson et al. WHO Classification of Tumours Pathology and Genetics Head and Neck Tumours 2005
  2. ^ Oral Sex Linked To Mouth Cancer Risk


「喉頭癌」の続きの解説一覧



喉頭がんと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「喉頭がん」の関連用語

喉頭がんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



喉頭がんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの喉頭癌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS