斎藤玄とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 斎藤玄の意味・解説 

斎藤玄

斎藤玄の俳句

たましひの繭となるまで吹雪きけり
まくなぎとなりて山河を浮上せる
寒鯉の腹中にてもさざなみす
明日死ぬ妻が明日の炎天嘆くなり
死が見ゆるとはなにごとぞ花山椒
癌の妻風の白鷺胸に飼ふ
睡りては人を離るる霧の中
 

齋藤玄

齋藤玄の俳句

早乙女の髪長かれと蝶の渦
 

斎藤玄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/23 06:46 UTC 版)

斎藤 玄(さいとう げん、1914年8月22日 - 1980年5月8日)は、俳人。本名・俊彦。


  1. ^ この北海道銀行は旧北海道銀行。現存する北海道銀行とは無関係であり、第二次世界大戦中の金融統制により消滅。


「斎藤玄」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「斎藤玄」の関連用語

斎藤玄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



斎藤玄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの斎藤玄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS