立ち入り検査とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 検査 > 立ち入り検査の意味・解説 

立ち入り検査(たちいりけんさ)(on-the-spot inspection)

事業所に立ち入って帳簿設備などを検査すること

行政機関命令を受けた担当者個人企業事業所などに立ち入って、法令遵守されているかどうか確認すること。臨検ともいう。

立ち入り検査では、事務所営業所帳簿工場設備などが行機関申請したものと同じであるかを確認する。もし、違反したところが見つかると、改善命令や行指導対象となる。特に、許認可行政のもとでは、営業許可取り消しなどの厳し行政処分待ち構えていることもある。

刑事責任追及するために行うわけではないので、立ち入り検査は捜査とは区別される。しかし、立ち入り検査を拒否すると、罰金をもって処罰される。

(2002.08.07更新




立ち入り検査と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「立ち入り検査」の関連用語

立ち入り検査のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



立ち入り検査のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS