ヒッタイト語とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 言語 > 死語 > ヒッタイト語の意味・解説 

ヒッタイト語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/03 16:29 UTC 版)

ヒッタイト語(ヒッタイトご)はインド・ヨーロッパ語族アナトリア語派に属する言語アナトリア半島中央部のハットゥシャ(現在のトルコ北部ボアズキョイ)を中心とするヒッタイト帝国で使われた言語で、楔形文字によって粘土板に書かれた紀元前16世紀から紀元前13世紀頃までの文書が残っている。第一次世界大戦中に解読された。インド・ヨーロッパ語族の言語のうちもっとも古い文献の残る言語である。




  1. ^ Hittite, MultiTree, http://multitree.org/codes/hit 
  2. ^ Watkins (2004) p.551
  3. ^ a b c d Melchert (1995) p.2152
  4. ^ “Kanesh”. Dictionary of the Ancient Near East. University of Pennsylvania Press. (2000). pp. 163-164. ISBN 0812235576. 
  5. ^ 高津(1964) pp.162-163
  6. ^ 高津(1964) pp.164-165
  7. ^ 高津(1964) pp.167-174
  8. ^ Melchert (1994) p.9
  9. ^ Melchert (1994) p.8
  10. ^ Melchert (1994) p.12
  11. ^ Melchert (1994) p.13ff.
  12. ^ Melchert (1994) p.16
  13. ^ Watkins (2004) p.558
  14. ^ a b Watkins (2004) p.556
  15. ^ Melchert (1994) p.25
  16. ^ 翻字は Melchert (1995) p.2153 による
  17. ^ Watkins (2004) p.557
  18. ^ a b Watkins (2004) p.558
  19. ^ Watkins (2004) pp.559-560
  20. ^ a b c d Melchert (1995) p.2153
  21. ^ Watkins (2004) p.560
  22. ^ Watkins (2004) p.561
  23. ^ Watkins (2004) pp.562-563
  24. ^ Watkins (2004) pp.569-570
  25. ^ Watkins (2004) pp.567-568
  26. ^ Watkins (2004) p.570
  27. ^ Watkins (2004) p.564
  28. ^ 風間(1984) p.402
  29. ^ 風間(1984) p.35
  30. ^ 高津(1954)p.7 注1, p.51 注1
  31. ^ Gray&Atkinson 2003, pp. 435–9


「ヒッタイト語」の続きの解説一覧





ヒッタイト語と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヒッタイト語」の関連用語

ヒッタイト語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヒッタイト語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒッタイト語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS