たいようでんちとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 装置 > たいようでんちの意味・解説 

太陽電池(セル)

光起電力効果利用し、光エネルギー直接電力変換する電力機器のこと。光電池とも呼ぶ。光起電力効果により、受けた光を即時電力変換して出力する半導体素子で、蓄電性はない。一般戸建住宅屋根への設置をした場合、だいたい3~4kWシステムとなり、3000~4000kWh(一般家庭年間消費電力4000~5000kWh前後とされている)を発電できることになる。素材主流シリコン太陽電池の他、様々な化合物半導体などを素材したもの実用化されている。複数並列接続して必要な電圧電流を得られるようにしたパネル状の製品単体太陽電池パネル又は太陽電池モジュール呼ばれる





たいようでんちと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「たいようでんち」の関連用語

たいようでんちのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

しらはま丸

ネットボール

日野レンジャー

偵察機

富士田 明彦

R 1200 ST

肘関節

クープウォース





たいようでんちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2018 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.

©2018 Weblio RSS