アップル_(企業)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > アップル_(企業)の意味・解説 

アップル (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/07 11:29 UTC 版)

アップル: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。




注釈

  1. ^ ジョブズらが「完成品」として納品した50台のApple Ⅰは、必要なパーツがプリント配線板に装着されたマザーボードだけの状態であり、テレルが「完成品」として想定していた筐体やモニタ、キーボードなどを持つコンピュータとはかけ離れたものだった[25]。テレルはそれでも約束の代金を支払い、ジョブズらはその代金を使って期限内にパーツ代の支払いを完了した[25]
  2. ^ 社員番号1は、ウォズニアックに与えられたが、ジョブズはこれをスコットに抗議する。しかし、社員番号1を与えればジョブズの放漫が増すと考えたスコットはこれを拒んだ。ジョブズは結局、社員番号0(振込先の銀行が0番に対応していなかったので実務上は2)を手に入れることで妥協した。ちなみにマークラが3番、スコットが7番の社員番号であった(スコットは5番目の社員であったが、社員の増加を見込んで好きな数字を選んだ)
  3. ^ Apple II発売に際してApple Iを回収、無償交換キャンペーンでバージョンアップ対応したため現存するApple Iは少ない。
  4. ^ 1985年の生産終了時点でApple IIIの合計販売台数は約6万5000台に過ぎなかった[36]
  5. ^ IBM PCの発売に際して、アップルはウォール・ストリート・ジャーナルに “Welcome, IBM. Seriously” と題する全面広告を出してIBMを挑発した[38][39]
  6. ^ この見学はIPO前にアップル株をゼロックスに売却することの交換条件としてアップル側が要求したものだった[36]
  7. ^ Lisaの名前は、ジョブズが当時交際していた女性との非嫡出子の名前からとったとされているが、ジョブズ本人はその娘の名前からとったことは認めていない。
  8. ^ Macintoshという名称は、ラスキンが好んだリンゴの品種McIntosh(マッキントッシュ)に由来する。McIntosh英語版は北米ではポピュラーな小型のリンゴの品種である(和名は「旭」)。
  9. ^ Macintoshの発売後、マークラはジョブズに干される形でAppleを去ったラスキンに対し、敬意を表する形でMacintoshを送ったが、ラスキンがどういった感情を抱いたかは不明である。
  10. ^ この精神のシンボルとして、Macintoshプロジェクトが行われていたビルの屋上にはドクロマーク海賊旗が掲げられた[49]
  11. ^ Apple IIとの互換性はまったくなく、当然対応するサード・パーティのソフトもほとんどなかった。
  12. ^ 現在でもDTP用途ではMacintoshが多用されているのは、この2つの製品による革命とPostScriptの採用[65]、高価ではあったがグラフィック処理にも耐えうるモトローラCPUの採用に起因していると言える。
  13. ^ 完成以前には「綱島テクニカル・デベロップメント・センター(綱島TDC)」とも呼ばれていた。
  14. ^ ちなみに、現在のGoogleマップでは、英語版は竹島の表記を採用している。

出典

  1. ^ a b c d e Apple Reports Fourth Quarter Results”. Apple Inc. (2016年10月25日). 2017年3月19日閲覧。
  2. ^ Apple's number of employees in the fiscal years 2005 to 2018 (in 1,000s)
  3. ^ Apple Inc>Apple Retail Store
  4. ^ 原丈人2007『21世紀の国富論』
  5. ^ 米アップルコンピュータ、社名をアップルに変更へ”. ロイター (2007年1月10日). 2007年9月25日閲覧。
  6. ^ 米アップル、時価総額史上最高を記録 6230億ドル規模”. CNN (2012年8月21日). 2012年8月21日閲覧。
  7. ^ “アップル、時価総額が初の1兆ドル超え 世界初” (英語). BBCニュース. (2018年8月3日). https://www.bbc.co.uk/japanese/45054721 2018年8月13日閲覧。 
  8. ^ The Four Book”. www.thefourbook.com. 2019年2月28日閲覧。
  9. ^ ガーファ【GAFA】 - デジタル大辞泉 コトバンク. 2018年12月27日閲覧。
  10. ^ GAFA - 知恵蔵 コトバンク. 2018年12月27日閲覧。
  11. ^ GAFA Approach to Digital Banking Transformation Accenture. 2018年12月27日閲覧。
  12. ^ Rivas, Teresa. “Ranking The Big Four Tech Stocks: Google Is No. 1, Apple Comes In Last” (英語). www.barrons.com. 2019年2月22日閲覧。
  13. ^ Ritholtz, Barry (2017年10月31日). “The Big Four of Technology”. bloomberg.com. 2019年2月22日閲覧。
  14. ^ O'Grady, Jason D. (2009). Apple Inc.. ABC-CLIO. ISBN 9780313362446. p. 4
  15. ^ Linzmayer, Owen W. (2004). Apple Confidential 2.0: The Definitive History of the World's Most Colorful Company. No Starch Press. ISBN 9781593270100.  pp. 2-4
  16. ^ Linzmayer 2004, pp. 4-5.
  17. ^ Isaacson 2015, pp. 60–62.
  18. ^ a b Linzmayer 2004, pp. 5–6.
  19. ^ シュレンダー 2016, pp. 50–52.
  20. ^ a b c Williams, Rhiannon (2015年4月1日). “Apple celebrates 39th year on April 1”. Telegraph Media Group. https://www.telegraph.co.uk/technology/apple/11507451/Apple-celebrates-39th-year-on-April-1.html 2019年6月30日閲覧。 
  21. ^ a b c Linzmayer 2004, pp. 5-6.
  22. ^ Swaine, Michael (2014). Fire in the Valley: The Birth and Death of the Personal Computer. Pragmatic Bookshelf. ISBN 9781680503524. p. 337
  23. ^ a b c Linzmayer 2004, p. 7.
  24. ^ Swaine 2014, pp. 337–338.
  25. ^ a b c Linzmayer 2004, p. 8
  26. ^ “Building the digital age”. BBC News. (2007年11月15日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/7091190.stm 2019年7月1日閲覧。 
  27. ^ a b Linzmayer 2004, pp. 13–15.
  28. ^ a b Linzmayer 2004, p. 9.
  29. ^ a b c Linzmayer 2004, p. 10.
  30. ^ a b Linzmayer 2004, p. 11.
  31. ^ O'Grady 2009, p. 3.
  32. ^ Linzmayer 2004, p. 12.
  33. ^ a b O'Grady 2009, p. 6.
  34. ^ Dormehl, Luke (2012). The Apple Revolution: Steve Jobs, the Counterculture and How the Crazy Ones Took over the World. Random House. ISBN 9781448131365.  p. 137
  35. ^ ブレント・シュレンダー、リック・テッツェリ『スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで(上)』井口耕二訳、日本経済新聞出版社、2016年9月23日。ISBN 978-4532321000 p.104
  36. ^ a b c O'Grady 2009, p. 7.
  37. ^ Linzmayer 2004, p. 67.
  38. ^ a b Linzmayer 2004, p. 68.
  39. ^ Swaine 2014, pp. 434.
  40. ^ Dormehl 2012, p. 180.
  41. ^ a b O'Grady 2009, p. 70.
  42. ^ Isaacson, Walter (2015). Steve Jobs. Simon and Schuster. ISBN 9781501127625.  p. 110
  43. ^ a b Linzmayer 2004, pp. 15–16.
  44. ^ シュレンダー 2016, pp. 122–123.
  45. ^ O'Grady 2009, p. 72.
  46. ^ a b c d Isaacson 2015, pp. 109–112.
  47. ^ シュレンダー 2016, pp. 122–126.
  48. ^ a b O'Grady 2009, pp. 8-9.
  49. ^ a b シュレンダー 2016, pp. 122-126.
  50. ^ O'Grady 2009, pp. 10–12.
  51. ^ シュレンダー 2016, pp. 130–132.
  52. ^ Maney, Kevin (2004年1月28日). “Apple's '1984' Super Bowl commercial still stands as watershed event”. USA Today. https://usatoday30.usatoday.com/tech/columnist/kevinmaney/2004-01-28-maney_x.htm 2019年7月18日閲覧。 
  53. ^ Apple Macintosh Is The Computer For The Rest Of Us Commercial, (1984), http://archive.org/details/Apple_Macintosh_Is_The_Computer_For_The_Rest_Of_Us_Commercial 2019年2月24日閲覧。 
  54. ^ a b Swaine 2014, pp. 442-443.
  55. ^ Hayes, Thomas C. (1984年4月24日). “Apple is Banking on New Portable: The IIc Computer”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1984/04/24/business/apple-is-banking-on-new-portable-the-iic-computer.html 2019年7月18日閲覧。 
  56. ^ シュレンダー 2016, pp. 134–144.
  57. ^ Hertzfeld, Andy (2005). Revolution in The Valley: The Insanely Great Story of How the Mac Was Made. O'Reilly Media. ISBN 9780596007195.  p. 195
  58. ^ a b c シュレンダー 2016, pp. 140–152.
  59. ^ LInzmayer 2004, p. 143.
  60. ^ O'Grady 2009, pp. 10–11.
  61. ^ Weber, Thomas E. (2010年6月6日). “John Sculley on Why He Fired Steve Jobs” (英語). The Daily Beast. https://www.thedailybeast.com/articles/2010/06/06/why-i-fired-steve-jobs 2018年9月4日閲覧。 
  62. ^ Rice, Valerie (1985年4月15日). “Unrecognized Apple II Employees Exit”. InfoWorld: p. 35. https://books.google.com/books?id=zC4EAAAAMBAJ&lpg=PA13&pg=PA35 2017年11月6日閲覧。 
  63. ^ “I Never Left Apple” (英語). Officially Woz. (2018年1月3日). http://woz.org/letters/never-left-apple/ 2018年10月2日閲覧。 
  64. ^ “CNN.com Video”. CNN. http://www.cnn.com/video/?/video/bestoftv/2011/08/25/exp.piers.wozniak.jobs.reaction.cnn 
  65. ^ a b 印刷と出版を変革したPostScript(前編) | 大塚商会” (日本語). www.otsuka-shokai.co.jp. 2019年2月24日閲覧。
  66. ^ a b Swaine 2014, pp. 359–363.
  67. ^ Dormehl 2012, p. 295.
  68. ^ Carlton 1997, pp. 79–80.
  69. ^ Mobile:ガリレオ【がりれお】”. www.itmedia.co.jp. 2019年2月7日閲覧。
  70. ^ 米Apple、4億ドルで米NeXT Softwareを買収、ジョブズ氏も古巣に復帰”. PC Watch (1996年12月21日). 2012年5月9日閲覧。
  71. ^ Acquisition Brings New Talent to Apple
  72. ^ 後藤弘茂のWeekly海外ニュース”. pc.watch.impress.co.jp. 2019年5月2日閲覧。
  73. ^ “Apple’s CEO Is Ousted as Steve Jobs’ Role Expands”. Los Angeles Times. (1997年7月10日). http://articles.latimes.com/1997/jul/10/news/mn-11353 
  74. ^ 米Apple ComputerのCEOアメリオ氏辞任”. pc.watch.impress.co.jp. 2019年5月2日閲覧。
  75. ^ Apple Board Announces the Resignation of Chairman Gil Amelio”. web.archive.org (1999年1月17日). 2019年5月2日閲覧。
  76. ^ Apple Names Steve Jobs Interim CEO”. web.archive.org (1999年4月29日). 2019年5月2日閲覧。
  77. ^ OpenDoc、Cyberdogの開発中止 2,700人をレイオフ 米Apple社、リストラプランを公開。一部技術開発の停止も PC Watch (1997年3月14日)
  78. ^ スティーブ・ジョブズがAppleを葬った日 (3/3) ITmedia (2007年02月16日)
  79. ^ Mac OS Release Strategy MacWorld Boston 1996 (1996年8月8日)
  80. ^ Landi latest to go at Apple CNET (1997年2月19日)
  81. ^ Amelio's right-hand man quits CNET (1997年5月20日)
  82. ^ Apple exodus continues as De Luca departs CNET (1997年9月17日)
  83. ^ Microsoft、Appleに1億5千万ドルを投資、共同開発も”. PC Watch (1997年8月7日). 2012年8月30日閲覧。
  84. ^ マイクロソフトとアップル、広範な製品・技術開発契約を締結” (1998年2月20日). 2018年8月13日閲覧。
  85. ^ ASCII. “アップルの歴史を変えたキーノートスピーチ” (日本語). ASCII.jp. http://ascii.jp/elem/000/000/640/640566/ 2018年8月13日閲覧。 
  86. ^ アップル、G3プロセッサ搭載のMacintosh”. pc.watch.impress.co.jp. 2018年8月13日閲覧。
  87. ^ Apple、Macintosh互換機メーカーPower Computing社を事実上買収”. PC Watch (1997年9月3日). 2012年8月30日閲覧。
  88. ^ 受賞対象名 - パーソナルコンピューター [iMac] GOOD DESIGN AWARD
  89. ^ With Apple Watch, a Naming Tradition Ends
  90. ^ iMac Proの「Apple T2」から未来を考察する|Mac Fan” (日本語). book.mynavi.jp. 2018年8月13日閲覧。
  91. ^ iMac Proの「Apple T2」から未来を考察する|Mac Fan” (日本語). book.mynavi.jp. 2018年8月13日閲覧。
  92. ^ “アップル新型iMac Proが達成した巨大な進化、動画編集も爆速化” (日本語). Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン). (2018年1月4日). https://forbesjapan.com/articles/detail/19187 2018年8月13日閲覧。 
  93. ^ 東京大学:iMacとXserveが選択される理由”. Apple.Inc. 2012年3月3日閲覧。
  94. ^ あおぞら銀行が業務クライアントをMacに移行、その理由とは?”. Enterprise Watch (2005年10月21日). 2007年9月25日閲覧。
  95. ^ 神戸大学学術情報基盤センター 1215台のMacをNetBootで管理 国内最大規模の情報教育システム”. Apple.Inc. 2007年9月25日閲覧。
  96. ^ Apple、100以上の新機能を搭載したOS X Mountain Lionのデベロッパプレビューをリリース
  97. ^ macOS High Sierra、先進のテクノロジーをストレージ、動画、グラフィックスに
  98. ^ Sorrel, Charlie (2008年6月6日). “What's Coming at WWDC: New iPhone, New Apps and Snow Leopard”. Wired. ISSN 1059-1028. https://www.wired.com/2008/06/wwdc-2008/ 2019年2月7日閲覧。 
  99. ^ アップル - スペシャルイベント”. アップル (2012年10月24日). 2012年10月24日閲覧。
  100. ^ アップル、デロイトと組み企業向け販売強化
  101. ^ 米アップル、独SAPと提携 法人向けクラウドサービス開発
  102. ^ アップルとシスコ、提携を発表--法人向けにiOSデバイス普及強化へ
  103. ^ アップルと環境 Wayback Machine 2004年12月6日
  104. ^ Apple、幹部紹介ページに女性2人を含む副社長5人を追加(ダイバーシティのアピールか) ITmedia 2014年08月18日
  105. ^ アップルが「RE100」加盟、サプライヤーにも再エネ100%の動き 日経テクノロジー 2016年9月23日
  106. ^ 地球にふさわしい、最高のアイデアを。 アップル
  107. ^ アップル社がアリゾナ州メサに建設した50MWメガソーラー 日経テクノロジー 2016年9月23日
  108. ^ 米アップル、280MWのメガソーラーから電力購入、総額8億4800万米ドルの電力購入契約を締結 日経テクノロジー 2015年2月14日
  109. ^ アップルのデータセンター「再生エネルギー100%」に Wired 2013年03月27日
  110. ^ アップルがエネルギー戦略を加速、再生可能エネルギーの利用率75%に到達 ITmedia 2013年03月27日
  111. ^ Apple announces plans for $2 billion solar-powered “command center”
  112. ^ 太陽光の電力に1000億円を投入、アップルが25年契約で調達 ITmedia 2015年02月13日
  113. ^ アップルが40MW分の営農型メガソーラー、発電と牧草栽培 日経テクノロジー 2015年4月21日
  114. ^ 米アップル、中国で太陽光発電事業を拡大 ロイター 2015年10月22日
  115. ^ アップル、2,000億円超の「エコ」なデータセンターを欧州に設立 Wired 2015年2月25日
  116. ^ Appleの新本社アップル・パークを写真と映像で紹介』 2017年2月28日 Onebox News
  117. ^ “Apple本社、住所登録をApple Parkに移動する”. ギズモード・ジャパン (ギズモード). (2018年2月19日). https://www.gizmodo.jp/2018/02/apple-park-registered-as-hq.html 2018年3月23日閲覧。 
  118. ^ Apple marks completion of new campus with first corporate address change since 1993
  119. ^ アップル、「iCloud」の「Google Cloud」利用を認める--「Azure」から変更か」『ZDNet Japan』、2018年2月27日。2018年4月5日閲覧。
  120. ^ “中国における iCloud について” (日本語). Apple Support. https://support.apple.com/ja-jp/HT208351 2018年10月21日閲覧。 
  121. ^ “Apple hands Chinese iCloud to Guizhou-Cloud Big Data Industry” (英語). https://www.theregister.co.uk/2018/01/11/icloud_china_goes_to_china/ 2018年10月21日閲覧。 
  122. ^ Baxtel. “Apple Maiden North Carolina Data Center” (英語). baxtel.com. 2019年9月24日閲覧。
  123. ^ Baxtel. “Apple Newark CA Data Center” (英語). baxtel.com. 2019年9月24日閲覧。
  124. ^ Baxtel. “Apple Prineville Data Center” (英語). baxtel.com. 2019年9月24日閲覧。
  125. ^ Apple CEO Tim Cook makes surprise visit for Reno facility groundbreaking” (英語). Reno Gazette Journal. 2019年9月24日閲覧。
  126. ^ Baxtel. “Apple Mesa Data Center” (英語). baxtel.com. 2019年9月24日閲覧。
  127. ^ Apple、次のデータセンターはアイオワ州に建設予定” (日本語). Apple Newsroom. 2019年9月24日閲覧。
  128. ^ Baxtel. “Apple Waukee IA Data Center” (英語). baxtel.com. 2019年9月24日閲覧。
  129. ^ Apple cancels $921m second Danish data center, puts land up for sale” (英語). www.datacenterdynamics.com. 2019年9月24日閲覧。
  130. ^ Environmental Responsibility Report, 2017 Progress Report, Covering Fiscal Year 2016”. Apple. 2018年4月5日閲覧。
  131. ^ “Apple scraps Galway data centre plans” (英語). BBC News. (2018年5月10日). https://www.bbc.com/news/world-europe-44069348 2018年10月21日閲覧。 
  132. ^ アカマイの歴史 - Akamai Japan Blog” (日本語). blogs.akamai.com. 2018年4月5日閲覧。
  133. ^ アップル、独自のコンテンツ配信ネットワーク(CDN)運用を開始 - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)」『』。2018年4月5日閲覧。
  134. ^ 原丈人2007『21世紀の国富論』
  135. ^ 米アップルコンピュータ、社名をアップルに変更へ”. ロイター (2007年1月10日). 2007年9月25日閲覧。
  136. ^ O'Grady 2009, p. 4.
  137. ^ “Steve Jobs bio says Apple CEO abhorred 'corrupt' execs”. CBC News. (2011年10月20日). http://www.cbc.ca/news/world/story/2011/10/20/steve-jobs-bio.html 2019年6月30日閲覧. "Jobs told Isaacson that he tried various diets, including one of fruits and vegetables. On the naming of Apple, he said he was "on one of my fruitarian diets." He said he had just come back from an apple farm, and thought the name sounded "fun, spirited and not intimidating."" 
  138. ^ Linzmayer 2004, p. 6.
  139. ^ Apple eNews/ January 20, 2004 - Quicktime What's On 伝説のCM「1984」が復活”. アップル (2004年1月20日). 2007年9月25日閲覧。
  140. ^ Apple (UK and Ireland) - Get a Mac - Watch The New Ads”. Apple.Inc. 2007年9月25日閲覧。
  141. ^ Apple - Macをはじめよう - TV CM”. Apple.Inc. 2007年9月25日閲覧。
  142. ^ アップル - Apple Store - ストア一覧
  143. ^ キャリアショップでは“受付不可”!? 「iPhone」のサポートあれこれ (1/2) - ITmedia 2016年3月24日
  144. ^ auがiPhoneとiPadの店頭修理サービスを開始。au SHINJUKUにて本体やバッテリーの即日交換が可能に - engadget 2016年6月1日
  145. ^ Genius Barの予約とAppleサポートのオプション - Apple(日本)
  146. ^ “AppleCare サービス認定資格について” (日本語). Apple Support. https://support.apple.com/ja-jp/HT205332 2018年8月28日閲覧。 
  147. ^ iPhone修理の細かすぎるまとめ 6/6 Plusの画面修理や5のボタン修理はアップル本体のほうが安かった(4/8) 【身近な正規サービス】全国でアップル本体と同等の修理が受けられる - 日経トレンディ 2015年3月17日
  148. ^ ビンテージ製品とオブソリート製品 - Apple サポート
  149. ^ Apple Japan 所在地
  150. ^ [1]
  151. ^ [2]
  152. ^ 2011年(平成23年)6月20日『官報』第5579号31ページ「組織変更公告」
  153. ^ 2011年(平成23年)8月18日『官報』第5621号31ページ「合併公告」
  154. ^ アップル、東京オペラシティに本社移転”. PC Watch (1996年10月4日). 2012年5月9日閲覧。
  155. ^ このため、アップルの日本法人(現在のApple Japan合同会社)は21年3ヶ月ぶりに東京都港区が本社となっている。
  156. ^ Apple Japanが六本木ヒルズへお引越しするみたい
  157. ^ アップル、横浜に開発拠点 日本の技術取り込み(日本経済新聞 2014年12月9日同年12月20日付のウェブ魚拓キャッシュ
  158. ^ 【テナント】横浜アイマークプレイスに開発拠点、アップル(日経不動産マーケット情報 2015年1月19日)
  159. ^ 米アップルの研究開発拠点 横浜・MM21の「アイマークプレイス」に(神奈川新聞:カナロコ 2014年12月27日2015年7月7日付のウェブ魚拓キャッシュ
  160. ^ Appleのテクニカル・デベロップメント・センター、横浜アイマークプレイスにて稼働中(Macお宝鑑定団Blog[羅針盤] 2016年2月27日)
  161. ^ Apple Japan合同会社への転職・求人情報(転職情報サイト「DODA2017年1月23日閲覧同日付のウェブ魚拓キャッシュ※2016年のエンジニア募集(2月6日に合同転職面談会開催)で、勤務地に「横浜みなとみらいアイマークプレース」とある。
  162. ^ 米Apple、横浜のパナソニック工場跡地に研究開発拠点を建設 - 2016年に完成 - マイナビニュース 2015年3月25日
  163. ^ アップルがアジア拠点に選んだ、昭和の温泉地「横浜綱島」の驚愕 - ASAhIパソコン Online - 2015年12月19日
  164. ^ 綱島東の「Appleテクニカル・デベロップメント・センター」は12月中に完成(ヨコハマ経済新聞 2016年10月14日)
  165. ^ 米アップル研究所「綱島TDC」稼働は年度内? 官房長官の視察で相次ぎ報道(横浜日吉新聞 2017年1月20日)
  166. ^ 綱島の米アップル研究所は「横浜テクノロジーセンター」という名称か(横浜日吉新聞 2017年2月15日)
  167. ^ 【取材】横浜のApple研究開発施設「Apple YTC」は今(iPhone Mania 2017年7月3日)
  168. ^ 公取委、アップルコンピュータに立ち入り調査”. PC Watch (1999-15-07). 2007年9月25日閲覧。
  169. ^ 公取委,独禁法違反の疑いでアップルに警告”. ITmedia News (2000年10月3日). 2007年9月25日閲覧。
  170. ^ もってけドロボー!斉藤由多加の「頭のなか」。
  171. ^ 『林檎の樹の下で』斎藤由多加
  172. ^ アップルジャパンの流通を改革した「サムライ」たち”. ITmedia アンタープライズ. 2008年7月27日閲覧。
  173. ^ アップル - PRWeb - 会社情報 - アップルの歴史(1989 - 1991年)”. Apple Japan Press Info. 2011年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月10日閲覧。
  174. ^ アップル - PRWeb - 会社情報 - アップルの歴史(1994年)”. Apple Japan Press Info. 2011年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月10日閲覧。
  175. ^ ジョン・フロイサンド代表取締役会長が引き続き代表権を持つ アップル日本法人の社長に志賀徹也氏が就任
  176. ^ アップル社長の志賀氏に代表権
  177. ^ アップル - PRWeb - 会社情報 - アップルの歴史(1996年)”. Apple Japan Press Info. 2011年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月10日閲覧。
  178. ^ アップルコンピュータ、志賀社長退陣。後継は原田米本社副社長”. PC Watch (1997年4月11日). 2012年8月28日閲覧。
  179. ^ アプリケーションサービスに基づく使用条件”. 2010年1月26日閲覧。
  180. ^ Apple’s North American Sales Head Leaving
  181. ^ 革新と変化繰り返し、「コーチらしさ」を追求 日本でのシェアさらに獲得をコーチ・ジャパン 社長 兼 最高経営責任者 ダニエル・ディチーコ 氏
  182. ^ Apple Shop
  183. ^ Apple Consultants Network
  184. ^ ウォルター・アイザックソン、2011、『スティーブ・ジョブズ』下、 講談社 212.
  185. ^ http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1307/11/news098.html
  186. ^ http://www.huffingtonpost.jp/2013/07/10/apple_n_3577244.html
  187. ^ http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA3F04S20140416
  188. ^ Fürs iPadApple klaut Bahnhofs-Uhr der SBB
  189. ^ Appleがスイス連邦鉄道時計のデザインを盗用した件で約17億円を支払いへ
  190. ^ 米アップル社のお手盛り契約にNO! 荒川区の下請け部品メーカーの損賠訴訟を東京地裁で審理へ 産経新聞 2016年2月16日
  191. ^ 島野製作所がアップルに敗訴 特許権侵害巡り、東京地裁 - 日本経済新聞
  192. ^ アップルに敗訴の島野製作所が控訴 - 産経ニュース
  193. ^ アップルと戦う島野製作所、特許無効により厳しい状況に(栗原潔) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2019年2月28日閲覧。
  194. ^ 特許庁が無効2015-800030号事件について平成28年8月16日にした審決を取り消す。”. 2019年2月28日閲覧。
  195. ^ アップル子会社 音楽配信巡り追徴 120億円納付 利益、アイルランド子会社に 国税指摘 毎日新聞 2016年9月16日
  196. ^ a b “Appleは大手3キャリアと「iPhone Agreement」なる契約をかわし、iPhoneの販売にプレッシャーを課していたことが判明”. BIGLOBEニュース. (2018年7月12日). https://news.biglobe.ne.jp/it/0712/giz_180712_1766633733.html 2018年7月14日閲覧。 
  197. ^ a b “公取委、iPhoneの高い通信料を問題視”. 日本経済新聞. (2018年7月11日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO32872530R10C18A7EA1000?s=1 2018年7月14日閲覧。 
  198. ^ a b “Appleに独禁法違反の疑い、審査中にキャリアとの契約改定で調査は終了”. ケータイ Watch. (2018年7月11日). https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1132386.html 2018年7月14日閲覧。 
  199. ^ a b “「iPhone売らないとヤバい」――元店員が振り返る、重い「販売ノルマ」”. ITmedia. (2018年9月3日). http://www.itmedia.co.jp/mobile/spv/1809/03/news042.html 2018年9月14日閲覧。 
  200. ^ “米AppleがiPhone地図から「竹島」を削除 韓国では政府に不満も”. ライブドアニュース. (2018年8月29日). http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15229241/ 2018年9月14日閲覧。 
  201. ^ “Apple社、地図で”日本語設定”以外が全部「独島」表記が物議に…iPhoneシェア世界一の国内で不買運動も”. New's vision. (2018年9月4日). https://news-vision.jp/article/188952/ 2018年9月14日閲覧。 


「アップル (企業)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アップル_(企業)」の関連用語

アップル_(企業)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アップル_(企業)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアップル (企業) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS