和島あみとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 和島あみの意味・解説 

和島あみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/09 10:00 UTC 版)

和島 あみ(わじま あみ、1998年12月29日[1] - )は、日本女性歌手北海道倶知安町出身[2]ホリプロインターナショナル所属。身長154cm。血液型はB型。




  1. ^ a b c 和島あみOFFICIAL WEBSITE”. 2016年6月4日閲覧。
  2. ^ 『情報クリップ「AIR-G'が「ANI-ON!」ライブ」』北海道新聞2017年3月28日夕刊
  3. ^ a b 昨日から上京しました…”. 2016年4月22日閲覧。
  4. ^ ORICON STYLE”. 2016年4月10日閲覧。
  5. ^ 和島あみオフィシャルサイト” (2017年7月11日). 2017年7月15日閲覧。
  6. ^ 和島あみオフィシャルサイト” (2018年3月31日). 2018年4月1日閲覧。
  7. ^ ORICON STYLE” (2018年6月18日). 2018年6月24日閲覧。
  8. ^ いつも応援してくださる皆様へ” (2020年8月31日). 2020年9月8日閲覧。
  9. ^ 「モンソニ!LIVE ウタノチカラ」に新グループ「モノノケ少女」が初登場! デビュー曲「MONSTER」もリリース決定” (2020-010-03). 2020年10月4日閲覧。
  10. ^ 出ましたわじー…”. 2016年5月1日閲覧。
  11. ^ a b ポニーキャニオン公式ニュースサイト”. 2016年4月9日閲覧。
  12. ^ 生きていられるだけでいい”. 2017年4月5日閲覧。
  13. ^ a b c d 和島あみ「幻想ドライブ」特集…”. 2016年5月3日閲覧。
  14. ^ 小学生のとき和太鼓やってたんだけど…”. 2016年6月12日閲覧。
  15. ^ 【前半は無料】ゲストは和島あみさん!『アニメぴあちゃんねる』【第103回】2017/1/12(木)”. 2017年1月12日閲覧。
  16. ^ May'nさんと2ショット撮って頂きました!…”. 2016年5月22日閲覧。
  17. ^ a b みかんの皮うまく剥げない”. 2016年4月15日閲覧。
  18. ^ 三森すずことアニソンパラダイス 2016年04月26日放送分
  19. ^ 特に深い意味はないが”. 2019年9月20日閲覧。
  20. ^ a b 『 B.L.T. VOICE GIRLS』VOL.28, p.101.
  21. ^ #93_ただいま!でございます!!シンガー:和島あみ その①” (2018年5月27日). 2018年6月25日閲覧。
  22. ^ 毎週月〜木曜 15:53〜19:00放送の…”. 2019年4月2日閲覧。
  23. ^ 【ご報告】年内活動休止のお知らせ” (2017年7月11日). 2018年10月30日閲覧。
  24. ^ 【イベント情報】9月30日(日)「じわフェス2018」公演見合わせのお知らせ” (2018年9月30日). 2018年10月30日閲覧。
  25. ^ 和島あみ主催対バンライブ「じわフェス2018」再演のお知らせ” (2018年10月26日). 2018年10月30日閲覧。
  26. ^ #comcha 2019年5月22日閲覧
  27. ^ mora Youtubeコメントに10,000人以上が参加したオーディションでグランプリを­獲得した新人アニソンアーティスト和島あみが初登場!…”. 2016年4月29日閲覧。
  28. ^ 番組詳細”. COUNTDOWN FRIDAY 飯田里穂のオールアニソンTOP20. 2018年9月1日閲覧。
  29. ^ 【撮影】「たかあす」メインパート撮影クランクイン”. 2017年4月17日閲覧。


「和島あみ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「和島あみ」の関連用語

和島あみのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



和島あみのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの和島あみ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS