とたとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 人名 > タレントデータベース > とたの意味・解説 

とた

とたの画像 とたの画像
芸名とた
芸名フリガナとた
性別女性
デビュー年2022
プロフィール2000年代生まれのベッドルームアーティスト。DAW用いた楽曲制作加えアートワーク映像に至るまでセルフプロデュース行い等身大ながらも文学的な世界表現する2021年2月インターネット上にて自身オリジナル楽曲カバー投稿始める。動画共有サイトSNSのみでの活動にもかかわらず同年6月投稿した紡ぐ Short Ver.」が一年足らず累計270回以上再生されたほか、ユーザー投稿動画でも累計1,000回以上再生されるなど、話題となる。2022年6月より本格的な音楽活動スタートさせ、2023年2月に満を辞して紡ぐ」をリリース。同曲はリリースから2週間ストリーミング100万再生突破iTunesチャートTOP10やBillboard Japn HOT100にもチャートインしたほか、Shazam急上昇チャートでは1位を獲得するなど、大きな注目集めている。
デビュー作音楽配信『君ニ詠ム。』
代表作品1年2023
代表作品1音楽配信紡ぐ
代表作品2年2023
代表作品2CDアルバム『oidaki』
職種音楽

» タレントデータバンクはこちら

とた

  1. 新陽園。名古屋
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

とた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/19 04:36 UTC 版)

とた(英:tota)は、日本の女性シンガーソングライターミュージシャン[1]




「とた」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「とた」に関係したコラム

  • 株365の金利相当額と配当相当額で利益を出すには

    株365では、売りポジション、あるいは、買いポジションを保有すると金利相当額、配当相当額の受け払いが生じます。売りポジションを保有すると金利相当額を受け取ることができます。また、配当相当額を支払わなけ...

  • CFDの注文方法の種類

    CFDにはさまざまな注文方法があります。相場の動きや投資スタイルにより使い分けることで、有利な取引が可能になります。▼成行注文価格を指定しないで注文を行います。だいたいCFD業者の提示する価格かそれに...

  • FXの資源国通貨の特徴は

    FX(外国為替証拠金取引)の資源国通貨とは、鉱物や農産物などの輸出により経済基盤を支えている国の通貨のことです。主な資源国通貨には、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、ノルウェークロ...

  • バイナリーオプションで取引される通貨ペアの種類と一覧

    バイナリーオプションで取引される通貨ペアの種類と一覧は次の表の通りです。日本国内のバイナリーオプション業者では、米ドル/円をはじめとする円を基軸通貨とした通貨ペアが主に取引されています。また、日本国外...

  • FXのエンベロープとは

    FX(外国為替証拠金取引)のエンベロープ(envelope)とは、移動平均線を応用したテクニカル指標の1つです。エンベロープは、移動平均線を中心にして、上値と下値に平行線を描画します。そして、上値を超...

  • 株365の円建て取引のメリットは

    株365では、日経225証拠金取引はもとより、DAX証拠金取引、FTSE100証拠金取引、FTSE中国25証拠金取引も円建てで取引が行われます。FXやCFDでは、一般的に外貨建ての銘柄の取引を行う場合...

  •  とたのページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「とた」の関連用語

とたのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



とたのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2024 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのとた (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS