陸山会とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 陸山会の意味・解説 

陸山会

読み方:りくざんかい

民主党議員小沢一郎資金管理団体の名称。土地購入をめぐる虚偽記載嫌疑により、陸山会の会計責任者であった秘書3名が起訴逮捕され、小沢一郎自身強制起訴されるという事件が発生した。この一連の事件は「陸山会事件」と呼ばれている。

小沢一郎

(陸山会 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/25 20:49 UTC 版)

小沢 一郎(おざわ いちろう、1942年昭和17年〉5月24日 - )は、日本政治家国民民主党所属の衆議院議員(17期)、国民民主党総合選対本部長相談役、岩手県支部連合会代表。




注釈

  1. ^ 自由民主党時代の派閥は、木曜クラブ田中派)→(田中派の流れを汲む)経世会竹下派、現在の平成研究会)→改革フォーラム21羽田派)
  2. ^ 新潮45の2010年4月号別冊 『櫻井よしこ編集長「小沢一郎」研究』においてノンフィクション・ライター君島文隆が執筆した記事によると、「荒木儀助なる千葉県議会議員は存在しない」という
  3. ^ 奥野修司『小沢一郎 覇者の履歴書』161頁によれば「本格的に弁護士を目指すために佐重喜が学んだ日本大学大学院の法学研究科に通うことになった。司法試験の短答式試験にはパスしたが、次の論述式試験には合格しなかった。」という。
  4. ^ 元秘書の証言では、狭心症ではなく心筋梗塞であったという
  5. ^ なお、小沢がこの一節を持ち出したのはこれが初めてではなく、新進党時代の著作『語る』でも同様のことを述べている
  6. ^ なお、小沢の元秘書の中には、岩手県にある自宅が被災し、家に戻れなくなった者もいた[34]
  7. ^ 大和朝廷のルーツを朝鮮半島とする仮説(4世紀後半に扶余系の騎馬民族が日本列島に入り、征服王朝を立てたとする江上波夫騎馬民族征服王朝説)は多くの議論を呼んだが、岡田英弘によれば、現在ではこれを支持する日本史、考古学の研究者は少数派である[65]
  8. ^ 2002年11月26日付『朝日新聞』インタビューにおいては「終身雇用も年功序列も日本のサラリーマンの既得権益だ。(中略)国家社会のシステムとして機能しなくなっている」と発言していた。
  9. ^ 日本棋院幽玄の間でリアルタイム配信された。また、録画であるがすべてテレビ放送された。棋譜はもちろん主催の週刊碁に掲載。
  10. ^ 小沢は「こっち(与謝野氏)は正統派だしね」、与謝野も「(小沢氏との)最後の一局は、4、5年前、私が負けたんですよ」と互いに勝負の感想を述べた。ただし、これについて、テレビでおなじみの楽天証券経済研究所山崎元は、「与謝野さんが(勝負の手を)緩めて小沢さんに勝ちを譲ったのではないかという印象を持つ。」[1]としている。真相は全く分からない。
  11. ^ この戦績をうのみにすれば、中堅プロ以上の実力があるというほかない。ただし、著名人アマとの対局はいわゆるご祝儀対局であるのが通常で、プロ側が“気を使って”著名人に“花”を持たせる。
  12. ^ 置き碁。初めから小沢の石が盤上においてあるハンディキャップ戦。3子の場合は3目置かれる。
  13. ^ この対局はフジテレビではないテレビ局で放映された。

出典

  1. ^ a b 奥野 1994, p. 32.
  2. ^ 奥野 1994, p. 35.
  3. ^ 奥野 1994, p. 156.
  4. ^ 上条昌史「茫洋たる青年時代」新潮45別冊『小沢一郎研究』
  5. ^ 報告書作成「読み書き、計算できればできる」小沢被告、いらだち隠せず【小沢被告第12回公判(7)】、2012.1.10、産経ニュース Archived 2013年10月2日, at the Wayback Machine.
  6. ^ 奥野 1994, p. 162.
  7. ^ 奥野 1994, p. 163.
  8. ^ a b 新潮45別冊『小沢一郎研究』
  9. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 コトバンク. 2019年2月25日閲覧。
  10. ^ 全文表示 | 検察が聴取?「小沢幹事長の妻」 実は新潟ゼネコンの大株主 : J-CASTニュース
  11. ^ 『朝日新聞』、2008年(平成20年)2月22日付夕刊。
  12. ^ 小沢氏の対米関係激変の理由はどこに春名幹男 WEB論座2010年9月6日
  13. ^ 大田弘子 『生活基盤充実の大規模プロを!!--縦割り型の予算配分を乗り越えるには (遷都 展都 重都--国と地方21世紀の日本改造論<特集>) -- (430兆円と平成4年度公共事業予算)』 エコノミスト(毎日新聞社) 1991年10月21日号 p104-107。
  14. ^ 空の隙間 高知新聞2010年5月30日
  15. ^ 平野貞夫『虚構に囚われた政治家―小沢一郎の真実』 講談社<講談社α文庫>、2007年、242頁
  16. ^ 鎌田慧六ヶ所村の記録
  17. ^ ただし、永野茂門田村秀昭北澤俊美などのように小沢を支持した議員もいた
  18. ^ 自自連立の合意書とテレホンカード用スナップ写真 ‐ 『★和歌山県選出国会議員 リレー随想「がんばってます」』 ホームページ
  19. ^ a b c d 「日本国憲法改正試案」文藝春秋1999年9月特別号[2][3]
  20. ^ 民主党・菅代表と自由党・小沢党首が9月末までの合併で合意 民主党公式HP、2003年7月23日(2008年12月7日時点のアーカイブ
  21. ^ 民主党、ようやく倫選特の場へ 与党2法案も採決 産経ニュース 2009年7月8日(2009年7月11日時点のアーカイブ
  22. ^ 小沢代表、シーファー米大使が初会談…テロ特措法で平行線YOMIURI ONLINE、2007年8月8日。(2008年9月27日時点のアーカイブ
  23. ^ 「信頼関係が完全に崩壊」小沢代表、与党の予算案強行採決を批判」 民主党ホームページ、2008年3月1日(2008年12月7日時点のアーカイブ
  24. ^ 【鳩山新代表会見詳報】「5人が常に心を合わせていく」” (2009年5月17日). 2009年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年5月17日閲覧。
  25. ^ 民主幹事長に岡田氏、小沢前代表は代表代行に” (2009年5月17日). 2009年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年5月17日閲覧。
  26. ^ 【鳩山新代表】小沢氏が筆頭代表代行 岡田氏は幹事長に” (2009年5月17日). 2009年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年5月17日閲覧。
  27. ^ 小沢氏が民主幹事長、岡田氏は重要閣僚” (2009年9月3日). 2009年9月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年9月4日閲覧。
  28. ^ 民主幹事長に小沢氏 菅・岡田氏の入閣確実” (2009年9月3日). 2009年9月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年9月4日閲覧。
  29. ^ 民主幹事長に小沢氏 岡田氏、重要閣僚で処遇” (2009年9月3日). 2009年9月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年9月4日閲覧。
  30. ^ 民主党:小沢幹事長就任を正式決定 両院議員総会” (2009年9月15日). 2009年9月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年9月17日閲覧。
  31. ^ “鳩山首相が辞任表明、小沢幹事長も辞意”. ロイター. (2010年6月2日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-15625020100602 2011年1月10日閲覧。 
  32. ^ 民主党常任幹事会の決定全文 産経新聞 2011年2月23日(2011年2月28日時点のアーカイブ
  33. ^ a b c 小沢氏はいずこへ 地元入り断念、都内で調整役専念 MSN産経ニュース、2011年3月18日(2011年3月21日時点のアーカイブ
  34. ^ 小沢氏の元秘書が岩手で被災 SANSPO.com 2011年3月19日
  35. ^ a b c d 小沢氏、岩手知事と会談全国新聞ネット2011年3月28日
  36. ^ “小沢氏、3回連続の「敗北」=求心力低下に拍車―民主代表選”. 朝日新聞. (2011年8月29日). オリジナルの2011年11月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111120121223/http://www.asahi.com/politics/jiji/JJT201108290118.html 2012年8月9日閲覧。 
  37. ^ “石川議員が小沢氏に投票=松木氏は海江田氏に-首相指名”. 時事通信. (2011年8月30日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011083000642 [リンク切れ]
  38. ^ “小沢氏、日大理事就任へ 永田町では逆風 母校では2年遅れの「政権交代」”. 産経新聞. (2011年9月10日). オリジナルの2011年9月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110910011413/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110910/stt11091000250000-n1.htm 
  39. ^ “震災後初、小沢氏が岩手沿岸被災地を訪問”. 読売新聞. (2012年1月4日). http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866918/news/20120104-OYT1T00065.htm 2012年1月27日閲覧。 
  40. ^ a b 小沢一郎氏の無罪確定、上訴権放棄の申し立て…陸山会裁判 Archived 2012年11月28日, at the Wayback Machine. - zakzak 2012年11月19日
  41. ^ 小沢氏が閣議決定批判 岡田氏は説明責任を要求YouTube ANNnewsCH2012年3月31日
  42. ^ 小沢新党 玉砕覚悟!!反対57人、民主分裂へ - スポーツニッポン 2012年6月27日
  43. ^ “【小沢氏ら50人離党届】週内にも新党結成 首相、除名処分へ”. 47NEWS. (2012年7月2日). オリジナルの2014年2月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140214021544/http://www.47news.jp/47topics/e/231239.php 2012年7月13日閲覧。 
  44. ^ 小沢氏ら衆院37人を除名処分へ - 中日新聞 2012年7月3日[リンク切れ]
  45. ^ 小沢氏ら37人を除籍、鳩山元首相は党員資格停止6カ月MSN産経ニュース2012年7月3日
  46. ^ “鳩山元首相、党員資格停止3カ月に短縮 小沢元代表ら37人除籍処分は原案通り 民主党臨時常任幹事会”. 産経新聞. (2012年7月9日). オリジナルの2012年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120709140751/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120709/stt12070921200005-n1.htm 2012年7月9日閲覧。 
  47. ^ 総務省 (2014年12月26日). “平成26年12月26日 政治資金規正法に基づく政治団体の届出”. http://www.soumu.go.jp/main_content/000329768.pdf 2014年12月26日閲覧。 
  48. ^ “2014.12.26 19:38更新 生活に山本太郎氏入党 再び「政党」に 交付金も支給へ”. 産経新聞. (2014年12月26日). http://www.sankei.com/politics/news/141226/plt1412260032-n1.html 2014年12月26日閲覧。 
  49. ^ “生活が「自由党」に党名変更 小沢氏発表”. 日本経済新聞. (2016年10月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK12H4W_S6A011C1000000/ 2016年10月12日閲覧。 
  50. ^ 国民民主党・自由党:合流協議大詰め 議員懇 参院岩手候補者巡り”. 毎日新聞 (2019年4月26日). 2019年4月26日閲覧。
  51. ^ 国民民主党、合併手続き終了”. 時事通信 (2019年4月26日). 2019年4月26日閲覧。
  52. ^ “小沢氏、国民民主「相談役」に 処遇ようやく決着 選挙戦略担当”. 毎日新聞. (2019年5月23日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190523/k00/00m/010/221000c 2019年8月11日閲覧。 
  53. ^ “小沢一郎氏「どぶ板」を徹底 相談役に権限なく手探り続く”. 毎日新聞. (2019年7月17日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190717/k00/00m/010/257000c 2019年8月11日閲覧。 
  54. ^ “小沢氏の代表就任を決定 国民岩手県連”. 産経新聞. (2019年10月2日). https://www.sankei.com/region/amp/191117/rgn1911170012-a.html 2020年1月25日閲覧。 
  55. ^ “国民民主党の小沢一郎氏、在職50年表彰を保留”. 時事ドットコム. (2019年10月2日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019100201092&g=pol 2020年1月25日閲覧。 
  56. ^ “特集ワイド:政権奪還目指す小沢一郎氏 野党結集で安倍首相退陣を”. 毎日新聞. (2020年1月14日). https://mainichi.jp/articles/20200114/dde/012/010/019000c 2020年1月25日閲覧。 
  57. ^ 憲法改正論
  58. ^ “「国会に居てもしょうがない」=若手に地元活動促す-小沢元代表”. 時事通信. (2012年1月23日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2012012300800 2012年1月27日閲覧。 [リンク切れ]
  59. ^ “小沢元代表:「国会休んでも選挙区へ」…当選1回議員に”. 毎日新聞. (2012年1月23日). オリジナルの2012年1月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120125063052/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120124k0000m010085000c.html 2012年1月27日閲覧。 
  60. ^ “会議に出るより地元を回れ…小沢氏、若手に指南”. 読売新聞. (2012年1月24日). オリジナルの2012年1月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120125090118/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120123-OYT1T01059.htm 2012年1月27日閲覧。 
  61. ^ 「小沢氏の姿勢、党内からも疑問視 代表質問またも登壇せず」 『北海道新聞』、2008年1月22日。
  62. ^ 横田一「おごりたかぶった安倍政権は腐敗する 政治なカネはかかる、1円まで透明化すればいい」『週刊金曜日』第1076巻、株式会社金曜日、2016年2月19日、 18-19頁、2017年4月27日閲覧。
  63. ^ 政策とオピニオン 文藝春秋 1999年9月特別号 所収「日本国憲法改正試案」小沢一郎(自由党党首) 小沢一郎ウェブサイト
  64. ^ 小沢一郎氏「悪い子供が改憲の火遊びしてる」と日本を不安視
  65. ^ 岡田英弘『歴史とはなにか』文春新書、2001年 [要ページ番号]
  66. ^ 『週刊新潮』2009年12月31日号 [要ページ番号]
  67. ^ “小沢民主党幹事長が来韓「天皇訪韓、韓国民が歓迎すれば可能」”. 中央日報. (2009年12月13日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=123895&servcode=A00&sectcode=A00 2009年12月19日閲覧。 
  68. ^ 【トンデモ史観】小沢一郎・韓国講演. 日本文化チャンネル桜.. (2009年12月17日). http://www.youtube.com/watch?v=uX7xFMvCly8 2009年12月19日閲覧。 
  69. ^ a b “【小沢氏来韓】「在日韓国人ら外国人地方参政権を現実化させる」”. 中央日報. (2009年12月13日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=123896&servcode=A00§code=A00 2009年12月19日閲覧。 
  70. ^ 小沢600人訪中団の不気味 2010年9月14日 朱雀式ニュース。
  71. ^ “「悪しき前例」 天皇陛下面会の一カ月ルールを逸脱した官邸のごり押し”. 産経新聞. (2009年12月11日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091211/stt0912112141015-n1.htm 2009年12月14日閲覧。 [リンク切れ]
  72. ^ 「天皇陛下」を中国共産党に差し出した「小沢天皇」の傲岸▼「胡錦濤」総書記への忠誠心を示した「官邸恫喝」 週刊新潮 2009年12月24日号(2009/12/17発売)
  73. ^ “宮内庁長官に辞任要求 特例会見問題で小沢氏「30日ルールは法律ではない」”. 産経新聞. (2009年12月14日). オリジナルの2009年12月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091217174651/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091214/stt0912141953011-n1.htm 2009年12月19日閲覧。 
  74. ^ “特例会見に党内外から批判 「政治利用」「要請強硬」”. 朝日新聞. (2009年12月15日). http://www.asahi.com/seikenkotai2009/TKY200912140349.html 2011年2月4日閲覧。 
  75. ^ 天皇を激怒させた“独裁者” 小沢一郎幹事長の大暴走! 現代ビジネス(2010年1月1日)
  76. ^ “小沢氏、皇室と韓国の関係で事実誤認”. 産経新聞. (2014年2月11日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140211/stt14021119370002-n1.htm 2014年2月12日閲覧。 
  77. ^ a b c 新政権、憲法どこへ 小沢幹事長「法の番人」封じ 朝日新聞 2009年11月3日(2009年11月4日時点のアーカイブ
  78. ^ 民主党国会改革の内部資料が判明 法制局から「憲法解釈権」剥奪 産経新聞 2009年12月10日(2009年12月13日時点のアーカイブ
  79. ^ 「自衛隊のアフガン派遣、政府が『合憲』解釈」 『読売新聞』、2007年12月22日。
  80. ^ 世界 2007年11月号
  81. ^ 国際社会における日本の役割に関する特別許査会「国際社会における日本の役割」月刊自由民主1993年3月号所収
  82. ^ “小沢幹事長の記者会見発言…天皇会見問題”. 読売新聞. (2009年12月14日). オリジナルの2009年12月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091216185535/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091214-OYT1T00888.htm 2009年12月14日閲覧。 
  83. ^ “小沢氏の「国事行為」発言が波紋 共産委員長「小沢氏は憲法読むべきだ」”. MSN産経ニュース. (2009年12月15日). オリジナルの2009年12月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091217235941/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091215/stt0912152055009-n1.htm 2009年12月15日閲覧。 
  84. ^ 「駐留米軍は第7艦隊で十分」 民主・小沢代表 産経ニュース 2009年2月25日(2009年2月27日時点のアーカイブ
  85. ^ 【民主代表選】小沢氏「海兵隊不要」に防衛省困惑 事実誤認も数々”. MSN産経ニュース (2010年9月3日). 2010年9月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年1月10日閲覧。
  86. ^ 【民主党解剖】第1部「政権のかたち」(1)「小沢首相」は大丈夫か 産経ニュース 2009年3月2日(2009年3月3日時点のアーカイブ
  87. ^ a b 小沢代表直撃インタビューZAKZAK、2008年6月23日。(2008年6月26日時点のアーカイブ
  88. ^ 2008年7月15日 記者会見 - 民主党ホームページ。(2008年12月7日時点のアーカイブ
  89. ^ 小沢代表、チベット問題で中国批判 『独裁政権の矛盾』asahi.com、2008年4月17日
  90. ^ 「素人の人が…」と検察審査会に疑問 MSN産経ニュース 2010年9月3日(2010年9月6日時点のアーカイブ
  91. ^ 平成7年12月22日夕刊フジ
  92. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  93. ^ 2017年衆院選、候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)
  94. ^ 永住外国人の地方参政権について
  95. ^ 民団、民主・公明支援へ 次期衆院選 選挙権付与めざす 朝日新聞 2008年12月12日(2008年12月12日時点のウェブ魚拓
  96. ^ a b 民主党代表選共同記者会見から考える(下) olive news (2010年9月4日) - OLIVENEWS INCよりアーカイブ。
  97. ^ 国の資産を証券化するとどうなる / 小沢構想の波紋 2010年9月21日 NSKねっと。
  98. ^ 『暫定税率を延長する必要はない。むしろ国民に還元すべき』小沢代表」 民主党ホームページ、2008年3月28日。(2008年12月7日時点のアーカイブ
  99. ^ 首相の一般財源化では理解得られない 国民に信を問うべき 小沢代表」 民主党ホームページ、2008年4月20日。(2008年12月7日時点のアーカイブ
  100. ^ “ガソリン暫定税率廃止せず 公約から転換、小沢氏が予算要望”. 共同通信. (2009年12月17日). http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009121601000524.html 2012年8月17日閲覧。 
  101. ^ “マニフェスト違反は小沢氏が先…岡田氏が皮肉”. 読売新聞. (2012年6月23日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120623-OYT1T00039.htm 2012年8月17日閲覧。 [リンク切れ]
  102. ^ 小沢一郎・菅直人『政権交代のシナリオ――「新しい日本」をつくるために』PHP研究所
  103. ^ 「小沢氏『TPP交渉参加は早計』」『小沢氏「TPP交渉参加は早計」』読売新聞、2011年10月20日。(2011年10月21日時点のアーカイブ
  104. ^ 国内対策なければ早計=TPP参加で民主・小沢氏」時事ドットコム(時事通信社)、2011年10月20日。[リンク切れ]
  105. ^ TPP、慎重さ必要=民主・小沢氏」時事ドットコム(時事通信社)、2011年10月20日。[リンク切れ]
  106. ^ 【TPP参加交渉】小沢氏『慎重にやらないとな』――結石はまだ体外に出ていないとも」 - SankeiBiz(産経デジタル)、2011年10月20日。[リンク切れ]
  107. ^ a b 小沢氏、TPP懸念 岐阜市で講演「国民の利益守れるか」」 - 岐阜新聞 Web(岐阜新聞社)、2011年11月15日。(2011年11月16日時点のアーカイブ
  108. ^ 小沢氏、TPPに前向き 「自由貿易は日本にメリット」 asahi.com(朝日新聞社)、2011年10月20日。(2011年10月20日時点のアーカイブ
  109. ^ 小沢一郎事務所『Twitter / @ozawa_jimusho: 今日、一部紙面等で『TPPについて「小沢氏前向き」』 ...ツイッター2011年(平成23年)10月21日
  110. ^ “原発、不可欠と容認 民主が積極推進に転換”. 共同通信. (2006年7月25日). http://www.47news.jp/CN/200607/CN2006072501004336.html 2012年1月27日閲覧。 
  111. ^ 「<民主党>エネルギー戦略まとめる 原発推進の姿勢」 『毎日新聞』、2006年7月26日。
  112. ^ “小沢元代表「民主も自民も動かないのはおかしい」 進まぬ倒閣に不満たらたら”. 産経新聞. (2011年4月30日). オリジナルの2011年5月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110502022907/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110430/stt11043022000004-n1.htm 2011年5月25日閲覧。 
  113. ^ “小沢氏、釣りで魚の安全性アピール 首相退陣論の広がりに期待 菅政権を重ねて批判”. 産経新聞. (2011年5月6日). オリジナルの2011年5月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110509065356/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110506/stt11050611300004-n1.htm 2011年5月25日閲覧。 
  114. ^ “原発ゼロ10年後めど 小沢新党が重点政策発表”. 東京新聞. (2012年8月2日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012080202000098.html 2012年8月9日閲覧。 [リンク切れ]
  115. ^ PFC供給熱量比率、食料自給率及び飼料需給表農林水産省[リンク切れ]
  116. ^ 参院選候補選定『直接やる。カギは1人区』 Archived 2007年6月24日, at the Wayback Machine.」 『産経新聞』、2007年4月11日付朝刊。
  117. ^ “小沢氏「俺が作った政倫審」でみそぎ狙う”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2010年5月14日). オリジナルの2010年5月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100516102937/http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100105-807334/news/20100514-OYT1T00170.htm 2010年6月3日閲覧。 
  118. ^ a b 小沢一郎「壊し屋」の本領発揮 「生活の党」に衣替え、民主党に秋波? J-CASTニュース 2012年12月28日(2013年1月6日時点のウェブ魚拓
  119. ^ 池上 2008.
  120. ^ 文藝春秋2018年二月号、平成4年 竹下派分裂で小沢総理は幻になった、渡部恒三、247-248頁
  121. ^ 田中秀征「平成史への証言 政治はなぜ劣化したか」P99~100
  122. ^ a b “【民主党解剖】第1部「政権のかたち」(1)「小沢首相」は大丈夫か (5/5ページ)”. 産経ニュース. (2009年3月2日). オリジナルの2009年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090304090848/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090302/stt0903020008000-n5.htm 2009年3月2日閲覧。 
  123. ^ 『産経新聞』2008年10月24日朝刊
  124. ^ 『小沢主義志を持て、日本人』 ISBN 4797671297 より
  125. ^ “民・公接近が波紋=参院選にらみ思惑”. 時事通信社. (2010年3月1日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010030100881 2010年3月1日閲覧。 [リンク切れ]
  126. ^ “【ネット中継】小沢幹事長記者会見”. 民主党. (2010年3月3日). http://www.dpj.or.jp/news/?num=17791 2010年3月4日閲覧。 [リンク切れ]
  127. ^ “「キリスト教は排他的」民主・小沢氏、仏教会会長に”. 読売新聞. (2009年11月10日). オリジナルの2009年11月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091113074638/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091110-OYT1T01243.htm 2009年11月19日閲覧。 
  128. ^ “小沢氏「排他的なキリスト教文明、欧米行き詰まる」”. 朝日新聞. (2009年11月10日). オリジナルの2009年11月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091113073415/http://www.asahi.com/politics/update/1110/TKY200911100459.html 2009年11月19日閲覧。 
  129. ^ “小沢幹事長:高野山訪問 松長管長と会談”. 毎日新聞. (2009年11月10日). オリジナルの2009年11月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091118054129/http://mainichi.jp/photo/news/20091111k0000m010072000c.html 2009年11月19日閲覧。 
  130. ^ “小沢幹事長発言に「それこそ排他的」と抗議文”. 読売新聞. (2009年11月16日). オリジナルの2009年11月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091117150241/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091116-OYT1T01108.htm 2009年11月19日閲覧。 
  131. ^ “「独善的」発言でキリスト教連合会が小沢氏に撤回要求の抗議文”. MSN産経ニュース. (2009年11月16日). オリジナルの2009年11月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091119042436/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091116/stt0911161921005-n1.htm 2009年11月19日閲覧。 
  132. ^ 「日本の政治家は失言癖」米メディア、小沢氏「単細胞」発言を皮肉に紹介 産経ニュース 2010年8月26日 09:58(2010年8月29日時点のアーカイブ
  133. ^ Ozawa: Americans Are ‘Simple-Minded’ The Wall Street Journal. JAPAN REALTIME, August 25, 2010, 8:18 PM JST
  134. ^ 小沢幹事長、最年少の20歳の囲碁名人井山裕太氏と対局
  135. ^ ツイッター上で自身の偽アカウント 小沢一郎氏驚きの表情で苦笑い」 - J-CASTニュース(ジェイ・キャスト)、2010年9月4日。
  136. ^ TBS:「小沢氏がツイッター開始」と誤報 訂正し謝罪 - 毎日新聞社、2010年9月7日。(2010年9月12日時点のアーカイブ
  137. ^ 小沢氏「なりすまし」ツイッターを誤報 TBSが謝罪」 - asahi.com(朝日新聞社)、2010年9月7日。(2010年9月10日時点のアーカイブ)
  138. ^ Yoree Koh, "Fake Ozawa Twitter Reels in Thousands", As Interest in Japan Prime Minister Challenge Grows, Fake Ichiro Ozawa Twitter Account Reels in Thousands - Japan Real Time - WSJ, Dow Jones & Company, September 6, 2010.
  139. ^ 小沢一郎事務所 (ozawa_jimusho) on Twitterツイッター
  140. ^ 小沢一郎事務所『Twitter / 小沢一郎事務所: 現在、小沢一郎 「 本人 」 は 公式 Twitte ...』ツイッター、2010年9月10日。
  141. ^ 政治家小沢一郎がバラエティー初出演!「そうめん食べ過ぎた。」【ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?】 テレビ東京 2017年7月4日閲覧
  142. ^ 【大河のころ 西田敏行(4)】小沢一郎さんを参考にして演じた吉宗、秀吉は田中角栄さん サンケイスポーツ、2018.9.2
  143. ^ 「元気の源?かわいい子犬2匹 民主・小沢氏を毎晩お出迎え」 『朝日新聞』、2008年5月22日。
  144. ^ “【Japan’s Election】 Japan’s Democratic Party foreign policy platform prioritizes Korean peninsula” (英語). ハンギョレ. (2009年8月31日). http://english.hani.co.kr/arti/english_edition/e_international/374021.html 2010年1月6日閲覧。 
  145. ^ a b c “小沢一郎・民主党代表を補佐する韓国人女性秘書”. 聯合ニュース. (2007年8月9日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2007/08/09/0400000000AJP20070809003300882.HTML 2009年3月2日閲覧。 
  146. ^ “한국 여성、 日 오자와 대표 비서로 맹활약(韓国女性、日本小沢代表秘書として活躍)” (韓国語). 聯合ニュース. (2007年8月9日). オリジナルの2007年11月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071113235252/http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2007/08/09/0200000000AKR20070809140900073.HTML 2009年3月2日閲覧。 
  147. ^ “"사과하라!" 베를린에 울려퍼진 '700회 수요집회'” (韓国語). オーマイニュース. (2006年3月16日). http://www.ohmynews.com/NWS_Web/view/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0000316972 2009年3月2日閲覧。 
  148. ^ 東北大学公共政策大学院 2009年度大学院案内 2009年3月2日閲覧。
  149. ^ “波紋呼ぶ小沢氏の「済州島買っちまえ」発言”. 産経新聞. (2009年3月13日). オリジナルの2009年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090315235149/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090313/stt0903130116000-n1.htm 2010年1月6日閲覧。 
  150. ^ “【小沢代表ぶら下がり詳報】「済州島買え? そんなこと言ってない」12日昼”. 産経新聞. (2009年3月12日). オリジナルの2009年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090315014355/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090312/stt0903121344006-n1.htm 2010年1月6日閲覧。 
  151. ^ “「首相になれば独島放棄」小沢氏が09年に李大統領に語る”. 東亜日報. (2012年8月30日). http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2012083091278 2012年8月30日閲覧。 
  152. ^ 小沢氏が「領有権放棄」表明と韓国のテレビが報道 真偽不明 産経ニュース 2012年8月30日
  153. ^ “小沢氏、韓国紙の「竹島領有権放棄発言」報道を否定”. 産経新聞. (2012年8月30日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120830/stt12083012500005-n1.htm 2012年8月30日閲覧。 
  154. ^ 小沢氏の竹島放棄報道「誤報」韓国、東幹事長に伝える 朝日新聞デジタル 2012年8月30日
  155. ^ 【産経抄】1月20日 - 産経新聞 2010年1月20日(2010年1月22日時点のアーカイブ
  156. ^ 小沢氏、いっそ社民と合流を 鳩山氏は公私混同の擁護繰り返す”. 産経ニュース (2012年7月12日). 2015年4月1日閲覧。
  157. ^ フリー記者らが「自由報道協会」を設立”. 田中龍作ジャーナル (2011年1月27日). 2015年4月1日閲覧。
  158. ^ 給油法案スピード通過/早期解散へ無抵抗戦術”. 東奥日報 (2008年10月21日). 2015年4月1日閲覧。
  159. ^ 東京新聞 2008年2月22日 朝刊 政治面
  160. ^ 日米中は世界で最も重要なトライアングル関係 小沢代表、クリントン米国務長官会談で確認”. 民主党 (2009年2月17日). 2015年4月1日閲覧。
  161. ^ 小沢氏、ネットで若者に政権交代アピール - MSN産経ニュース 2008年10月19日(2009年1月23日時点のアーカイブ
  162. ^ 民主代表辞任から1カ月/鳩山体制で役割明確化”. 東奥日報 (2009年6月7日). 2015年4月1日閲覧。
  163. ^ 海部俊樹『政治とカネ 海部俊樹回顧録』新潮新書、2010年、po.101-102
  164. ^ 田崎史郎「小沢一郎との訣別」『文藝春秋』1994年10月号
  165. ^ 田崎史郎『政治家失格 なぜ日本の政治はダメなのか』文春新書、2009年、pp.143-144
  166. ^ 平野貞夫「誰も知らない小沢一郎の行動原理」『新潮45』2008年3月号、p.168
  167. ^ 東京新聞 2009年12月12日 夕刊 政治面
  168. ^ 小沢氏、皇室と韓国の関係で事実誤認”. 産経ニュース (2014年2月11日). 2015年4月1日閲覧。
  169. ^ 産経新聞 2009年12月14日 政治面
  170. ^ 「世論調査は、あたったことないよ」小沢幹事長会見(3/5ページ) asahi.com 2010年4月12日(2010年4月15日時点のアーカイブ)
  171. ^ 小沢民主党代表発言は事実なのか - 救う会 全国協議会ニュース、2009年3月2日
  172. ^ 記事は「事実無根の報道」と民主党が反論 - 救う会 全国協議会ニュース、2009年3月3日
  173. ^ 記事は「正当な取材の結果」と産経新聞が回答 - 救う会 全国協議会ニュース、2009年3月5日
  174. ^ a b c d 民主・小沢氏「米国人は好きだが単細胞」”. 日本経済新聞 (2010年8月25日). 2015年4月1日閲覧。
  175. ^ 朝鮮日報 2010年8月26日記事『小沢氏「日本は急速に劣化、米国人は単細胞」』
  176. ^ 安倍首相の呼びかけで自民議員が一斉に起立・拍手 「北朝鮮か中国」と小沢一郎氏が批判 | ハフポスト
  177. ^ a b 小沢事務所 労働保険未加入も 社民・福島党首も数年間 産経新聞 2009年3月5日(2010年3月24日時点のアーカイブ
  178. ^ 労災保険料や課徴金、期限までに支払わず…小沢一郎氏の事務所 産経新聞 2009年9月25日(2009年9月28日時点のアーカイブ
  179. ^ 憲法調査推進議員連盟規約
  180. ^ 東京芸術財団(TAF)とは - 東京芸術財団
  181. ^ http://www.asahi.com/articles/photo
    /AS20161012004434.html
  182. ^ 自由党の党籍を持ったまま、公認を得ず無所属で出馬した。
  183. ^ 小沢氏に名誉博士号「両国関係発展に献身」=韓国・国民大
  184. ^ 国民大、小沢一郎氏に名誉博士学位を授与
  185. ^ 奥野 1994, p. 98.
  186. ^ 衆議院会議録情報 第058回国会 本会議 第33号
  187. ^ 奥野 1994, p. 25.
  188. ^ 奥野 1994, p. 105.
  189. ^ 全文表示 | 検察が聴取?「小沢幹事長の妻」 実は新潟ゼネコンの大株主 : J-CASTニュース
  190. ^ 広瀬隆 『私物国家 日本の黒幕の系図』 (光文社、2000年、362頁)




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「陸山会」の関連用語

陸山会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



陸山会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小沢一郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS