珠とは?

たま [2] 【玉・珠・球・弾】

球形のもの。
丸い形状のもの。また、丸い形状したもの。 《玉》 「目の-」 「こんにゃく-」 「毛糸の-」
特に、水滴・涙など球状のもの。 《玉》 「 -の汗」 「涙の-」 「 -の露」
球技に用いるボール。 《球》 「速い-を投げる」
(「弾丸」とも書く)鉄砲弾丸。 《弾》 「 -をこめる」
電球。 《球》 「 -がきれる」
真空管。 《球》 「 -のアンプ
眼鏡などのレンズ。 《玉》 「 -がくもる」
算盤そろばん)玉のこと。 《玉・珠》 「 -を置く」
睾丸こうがん)。きんたま。 《玉》 「 -を抜く」
(「璧」とも書く)丸い形をした美し宝石。 《玉・珠》
みがいた鉱石真珠など。 「 -をちりばめる」 「竜の頸に五色にひかる-あり/竹取」
転じて価値あるもの、すぐれたもの、いつくしむべきもの、などのたとえにいう語。 「掌中の-」 「 -のような男の子」 「艱難かんなん)汝(なんじ)を-にす」
女性のこと。また、女性美しさ。 《玉》 「美しき-を盗み親分預け洒落本客者評判記
芸者遊女など客商売女性。 《玉》 「上-」
人物その人品や器量うんぬんする時にいう語。あざけってい場合にも用いる。 《玉》 「その役がつとまる-ではない」 「あいつもいい-だぜ」
計略策略などの手段に用いる、人や金銭。 「このにせ金を-に使うて/歌舞伎韓人漢文
玉落ち」に使う丸めた紙。 → 玉落ち
名詞の上に付けて接頭語的に用いる。 《玉》
美しいもの、すぐれているものをほめていう。 「 -垣」 「 -くしげ」
球形のものである意を添える。 「 -砂利」 「 -ねぎ」

【しゅ】[漢字]

【手】 [音] シュ
て。うで。 「手足握手挙手赤手徒手入手拍手落手
手で操作する。手で持ち運ぶ。 「手芸手工手燭しゆしよく)」
てぎわ。しかた。 「手術手段手法手練手腕悪手魔手妙手
てずから。みずから。 「手記手写手書
ある役割にあたる人。また、技能をもつ人。 「技手国手助手選手舵手だしゆ)・名手・上手(じようず)・運転手
部下配下。 「手兵
【主】 [音] シュ ・シュウ ・ス
あるじ。ぬし。かしら。 「《シュ主家主将主人庵主あんじゆ)((あんしゆ))貫主かんじゆ)・君主戸主祭主亭主法主ほうしゆ)((ほつしゆ)・ (ほつす))盟主喪主」 「《ス》座主ざす)・坊主ぼうず)」
中心となって事をつかさどる。 「主管主査主宰主犯主筆主治医
おもな。中心となる。 「主意主眼主義主催主旨主食主題主張主賓主役・主要・主流・主産地
客をもてなす側の人。あるじ。 「主客
認識または行動する中心。 「主観主権主語主体
【守】 [音] シュ ・ス
まもる。ふせぐ。もり。 「守衛守護・守将・守勢守備守兵攻守固守死守墨守留守るす)・守銭奴
みまもるまた、たもつ。保持する。 「守成保守
地方長官。 「郡守国守太守
】 [音] シュ ・ス
赤。赤い色。 「朱印朱硯しゆけん)・朱肉朱筆朱墨朱雀すざく)((しゆじやく))丹朱
【取】 [音] シュ
手にいれる。自分のものにする。とる。 「取材取捨取得看取採取搾取進取窃取摂取先取奪取聴取略取
【狩】 [音] シュ
かりをする。かる。かり。 「狩猟
【首】 [音] シュ
くび。あたま。 「首級首肯首足馘首かくしゆ)・鳩首きゆうしゆ)・梟首きようしゆ)・斬首ざんしゆ)・頓首とんしゆ)」
かしらだつ者。 「首魁しゆかい)・首脳首謀首領元首党首頭首・盟首」
最上位。 「首位首相首席首都首班首府
はじめ。はじまり。 「首唱巻首歳首部首
罪を白状する。 「首服自首
【修】
⇒ しゅう〔修〕 [漢]
】 [音] シュ
木のきりかぶ。 「守株雌雄異株
【殊】 [音] シュ
他よりきわだっている。ことに。 「殊恩殊遇殊勲殊勝・特殊」
たちきる。ころす。 「殊死
【珠】 [音] シュ
しんじゅ。たま。 「珠玉珠簾しゆれん)・真珠宝珠
たま状の丸いもの。 「珠算念珠連珠数珠じゆず)((ずず))
美しいものやりっぱなもののたとえ。 「珠玉
【酒】 [音] シュ
さけ。さけを飲む。 「酒宴酒家酒客しゆかく)・酒気酒肴しゆこう)・酒豪酒席酒仙酒杯酒保酒乱飲酒禁酒清酒斗酒美酒銘酒薬酒洋酒冷酒
【衆】
⇒ しゅう〔衆〕 [漢]
【 須
⇒ す〔須〕 [漢]
【腫】 [音] シュ
はれる。むくむ。はれもの。 「腫物しゆもつ)・腫瘍しゆよう)・筋腫水腫浮腫
【種】 [音] シュ
植物のたね。 「種子種苗播種はしゆ)」
たねをまく。うえる。 「種痘しゆとう)・接種
系統が同じものの集まり。 「種族種別種目種類各種人種多種
【趣】 [音] シュ
おもむく。すすむ。 「趣舎
心のおもむくところ。ことのわけ。かんがえ。 「趣意趣向趣旨理趣
おもむきあじわい。ふぜい。 「趣味異趣画趣雅趣興趣景趣詩趣俗趣風趣妙趣野趣
〘仏〙衆生しゆじよう)が自らの行為によっておもむく世界。 「悪趣善趣天趣六趣
【 繻 】 [音] シュ
うすぎぬあやぎぬ。 「繻子しゆす)・繻珍しゆちん)((しつちん))
「珠」に似た言葉
      貴石  宝玉


珠の画像 珠の画像
芸名
芸名フリガナたまき
性別女性
生年月日1979/9/18
星座おとめ座
干支未年
出身山梨県
URLhttp://www.antoniokoga.com/profile/p_tamaki.htm
プロフィール山梨県出身。「ANTICO」のメンバー。2005年トリニダード・トバゴ共和国1ヶ月滞在現地Steel Pan OrchestraPhase Pan Groove”に参加し、トリニダード・トバゴ最大Steel Panコンテストパノラマ」に出場。セミファイナル・ファイナルともに1位を獲得2005年4月より読売日本テレビ文化センター恵比寿に於いてスティールパン講座講師勤める。2005年5月キューバにて「キューバディスコ2005出演し、7月愛・地球博」キューバナショナルディにエキスポホールにて演奏
代表作品1年2005
代表作品1ライブ『キューバディスコ2005
代表作品2ライブ愛・地球博キューバナショナルディ』
職種音楽

» タレントデータバンクはこちら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/29 14:24 UTC 版)

(たま、しゅ)




「珠」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 06:24 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「珠」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
76% |||||

6
76% |||||

7
76% |||||

8
76% |||||

9
76% |||||

10
76% |||||

珠のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



珠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの珠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS