核の傘とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 核の傘の意味・解説 

かく‐の‐かさ【核の傘】

核保有国が、その核戦力背景にして自国および友好国の安全維持をはかること。「核の傘に入る


核抑止

(核の傘 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/23 03:29 UTC 版)

核抑止(かくよくし)とは、核兵器の保有が、対立する二国間関係において互いに核兵器の使用が躊躇される状況を作り出し、結果として重大な核戦争と核戦争につながる全面戦争が回避される、という考え方で、核戦略のひとつである。核抑止理論や、比喩的に「核の傘」などとも呼ばれる。


  1. ^ a b c 高井三郎著 『日本の自前核兵器整備の徹底研究』 軍事研究2007年7月号 p.10-p.52
  2. ^ 伊藤貫著『中国の「核」が世界を制す』参考
  3. ^ Stansfield Turner。元海軍大将。
  4. ^ 中西輝政編著『「日本核武装」の論点』参考
  5. ^ フランスの核抑止力政策
  6. ^ 防衛省防衛研究所主任研究官へのインタビュー記事
  7. ^ 北朝鮮軍参謀部、核保有国間の「核軍縮」を主張 聯合ニュース 2009/02/02





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「核の傘」の関連用語

核の傘のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



核の傘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの核抑止 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS