鼻鏡とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > がん用語 > 鼻鏡の意味・解説 

鼻腔鏡、鼻鏡

【仮名】びくうきょう
原文nasoscope

細い管状器具で、鼻の内部検査に用いられる。鼻腔鏡には、観察用の光源レンズがあり、組織切除する用具備えていることもある。「rhinoscope(鼻腔鏡)」とも呼ばれる

鼻腔鏡、鼻鏡

【仮名】びくうきょう
原文rhinoscope

細い管状器具で、鼻の内部検査に用いられる。鼻腔鏡には、観察用の光源レンズがあり、組織切除する用具備えていることもある。「nasoscope(鼻腔鏡)」とも呼ばれる

鼻孔

(鼻鏡 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/28 21:25 UTC 版)

鼻孔(びこう、: nostril: naris)は、脊椎動物の顔面にある開口部である。元来は感覚器官として発達したが、後に呼吸器官としての役割も持つようになった。位置はの間に開口するのが一般的である。通俗的には鼻の穴という。ヒトの場合、鼻孔の開口部が盛り上がって目立つためにこれをと呼んで鼻の穴の方が付け足しのように呼ぶが、発生的には鼻孔の方が遙かに古い。




  1. ^ 『脊椎動物のからだ』 p428
  2. ^ 東京大学
  3. ^ a b 『ヒトの直系』 p93
  4. ^ 『脊椎動物のからだ』 p40
  5. ^ a b 『脊椎動物のからだ』 p41
  6. ^ a b Analysis of Vertebrate Structure p41
  7. ^ a b 『動物大百科13 魚類』 p20
  8. ^ a b c 『脊椎動物のからだ』 p37
  9. ^ a b c d e f 『脊椎動物のからだ』 p413
  10. ^ 『動物大百科13 魚類』 p23
  11. ^ 『動物大百科13 魚類』 p24
  12. ^ 『脊椎動物の進化』上 p29
  13. ^ 『脊椎動物のからだ』 p266
  14. ^ a b c 『脊椎動物のからだ』 p411
  15. ^ a b c d 『脊椎動物のからだ』 p412
  16. ^ a b Analysis of Vertebrate Structure p370
  17. ^ 『ヒトの直系』 p91
  18. ^ 『脊椎動物のからだ』 p267
  19. ^ 『脊椎動物の進化』上 p90
  20. ^ 『脊椎動物の進化』上 p108
  21. ^ 『脊椎動物の進化』上 p124
  22. ^ Analysis of Vertebrate Structure p137
  23. ^ Analysis of Vertebrate Structure p140
  24. ^ 『脊椎動物のからだ』 p219
  25. ^ 『脊椎動物のからだ』 p218
  26. ^ 『脊椎動物の進化』上 p156
  27. ^ 『脊椎動物のからだ』 p209
  28. ^ Analysis of Vertebrate Structure p598
  29. ^ 『鳥の起源と進化』 p29
  30. ^ 『脊椎動物のからだ』 p207
  31. ^ 『ヒトの直系』 p117
  32. ^ 『脊椎動物の進化』下 p3
  33. ^ a b c 『動物大百科2』 p7
  34. ^ 『脊椎動物の進化』下 p106
  35. ^ 『動物大百科2』 p53
  36. ^ 『動物大百科2』 p52
  37. ^ 『ヒトの直系』 p135


「鼻孔」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鼻鏡」の関連用語

鼻鏡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鼻鏡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鼻孔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS