鋤骨とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > > > 鋤骨の意味・解説 

じょ‐こつ【×鋤骨】

頭蓋骨(とうがいこつ)の中で鼻中隔(びちゅうかく)の一部をなす骨。哺乳類では鋤(すき)状。


鋤骨

読み方じょこつ
【英】:Vomer

骨鼻中隔下部形成する四辺形の鋤の形をした骨である。上縁後部大部分篩骨垂直板の下縁に接し、前部小部分は鼻中隔軟骨接する。後上縁左右分かれ鋤骨翼となり蝶形骨体底の蝶形骨吻をはさみ、また蝶形骨翼状突起の鞘状突起とともに口蓋骨鞘突管を形成する。下縁上顎骨および口蓋骨の鼻稜に接している。後下縁遊離縁をなし、後鼻孔開口部左右分けている。Vomerは「鋤の刃」の意味。独立した骨であることを初め発見したのはG.Fallopius(1523-1563)とM.R. Colombo (1516-1559)であるといわれる

A02111001.jpg (17826 バイト)


鋤骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/17 07:42 UTC 版)

鋤骨(じょこつ)(羅名vomer pl,vomeris )とは、頭蓋骨を構成する皮骨性由来の骨で、一次口蓋を構成する最前部の骨である。


  1. ^ 森ら, p.82


「鋤骨」の続きの解説一覧



鋤骨と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鋤骨」の関連用語

鋤骨のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鋤骨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2021 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鋤骨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS