そのめとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 芭蕉関係人名集 > そのめの意味・解説 

園女

そのめ

(~享保11年(1726)4月20日享年63歳)

園女

(『俳諧百一集』より)

女流俳人。「一有妻」とも表記される。一有は夫で、渭川<いせん>という俳号ディレッタントであった。伊勢松坂神官秦師貞の娘。美女教養人の誉れ高い。後に大坂に住み、元禄7年秋に芭蕉大坂で「白菊の目に立て見る塵もなし」と詠んだ。園女は夫の死後江戸に居を移し剃髪して智鏡尼と称した。享保11年4月20日死去享年63歳と伝えられる。『菊の塵編者芭蕉は、元禄元年春、『笈の小文』の旅の途次伊勢立ち寄り、園女の夫一有<いちゆう>と会い、その折、「暖簾の奥ものふかし北の梅」と詠んで園女を賞賛している。なお、彼女の夫・斯波一有は伊勢医師俳人

園女の代表作



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「そのめ」の関連用語

そのめのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



そのめのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
芭蕉DB芭蕉DB
Copyright (C) 2019 芭蕉DB All rights reserved.

©2019 Weblio RSS