踏むとは? わかりやすく解説

ふ・む【踏む/履む/践む】

読み方:ふむ

[動マ五(四)

足で体重をかけて上から押さえる。足であるものの上にのる。「麦を—・む」「のしっぽを—・む」「ブレーキを—・む」

交互に足を上げ下げする。「四股(しこ)を—・む」「地団駄(じだんだ)を—・む」

その場身を置く。ある場所を訪れる。「ヨーロッパの土を—・む」

実際に経験する。「場数を—・む」「初舞台を—・む」

決まったやり方に従って行う。「複雑な手続きを—・む」

守り行う。「人として—・み行うべき道

(「御百度を踏む」などの形でお参りをする。参詣する。「願かけ御百度を—・む」

前もって見当をつける見積もりや値ぶみなどをする。「どう—・んでも安物だ」

句の末や頭に同じ韻に属す文字用いる。押韻する。「頭韻を—・む」

10 借金などを返さないで、相手損害を与える

お前さんなんぞに借りてる物なんか、—・んで死ぬ様な吉里じゃあないからね」〈浪・今戸心中

11 地位に就く。「帝位を—・む」

12 信用取引で、売建玉損を承知で買い戻す

13 足で下のものを押さえつけ前へ進む

雨雲を袖して分くる山—・まむとは」〈かげろふ・下〉

14 足でさぐって魚介を捕る。

女男分かちなく、—・む姿」〈浄・三日太平記

[可能] ふめる

[下接句] 韻を踏む牛にも馬にも踏まれず御百度(おひゃくど)を踏む・三尺去って師の影を踏まず地踏鞴(じたたら)を踏む・地団駄(じだんだ)を踏む・水火(すいか)を踏む・前車の轍(てつ)を踏む・前轍を踏む踏鞴(たたら)を踏む・轍を踏むどじを踏む・虎(とら)の尾を踏む・二の足を踏む場数を踏む薄氷を履(ふ)む・場所を踏む竜の鬚(ひげ)を撫(な)で虎の尾を踏む


ほ・む【踏む】

読み方:ほむ

[動マ四]「ふむ」に同じ。

大虚(おほぞら)を—・みて、御諸山(みもろのやま)に登ります」〈崇神紀〉


踏み、踏む(ふみ、ふむ)

売り玉損して買い戻すことをいい、「煎れ」または「踏み出し」ともいいますまた、売り方が損をして買い戻すことによって相場高くなることを「踏み上げ」、損を見切っ手仕舞し、売買関係から離脱することを「踏み退く」、損を見切っ手仕舞った玉のことを「踏み物」といいます

踏む

読み方:ふむ

  1. 相場見込齟齬して損失招き建玉手仕舞することをいふ。〔相場語〕

分類 相場


踏む

読み方:ふむ

  1. すでに場にあるのか、又は人の割り出し来たものを直ぐ取る事。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

踏む

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 13:28 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. ふむを参照

「踏む」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

踏むのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



踏むのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの踏む (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS