正念とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 正念の意味・解説 

正念

読み方:しょうねん

仏教において、真理会得しようと心を保つことなどを意味する表現。「八正道」の一つ。「正念」が含まれる言葉としては「正念場」などがある。

しょう ねん しやう- [1][0]正念

八正道はつしようどう)の一。邪念離れ真理に至ろうという心を保つこと。
往生を信じ、一心に思念すること。
浄土真宗で、他力救済確信すること。

しょうねん 【正念】

仏教用語邪念反対正し思慮浄土教では心を正し念仏することをいう。(一般にいう「正念場」はこれから出た)

サティ (仏教)

(正念 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/24 08:43 UTC 版)

パーリ語でサティ: sati[1]: smṛti[1]:スムリティ)とは、特定の物事を心に(常に)留めておくことである。日本語では(ねん)や[1][2]気づき、英語ではマインドフルネス(mindfulness)[2]などと表現する。漢訳で念。仏教の実践において正念(しょうねん、sammā-sati)とは、八正道(はっしょうどう)の一つとして重視される。正しい念は、三十七道品のなかの四念住(しねんじゅう)などにおける念とあるように、基本概念の一つである。対象に執着あるいは嫌悪などの価値判断を加えることなく、中立的な立場で注意を払うことを意味し、仏教における瞑想の基礎的な技術の一つであり、念を深めると心が固定され、何事にも惑わされない(じょう)の状態に至るとされる。




  1. ^ a b c 「念」『オックスフォード仏教辞典』 末木文美士、豊嶋悠吾訳、朝倉書店、2016年、263頁。ISBN 978-4-254-50019-6
  2. ^ a b 藤永保監修 『最新心理学事典』 平凡社、2013年、894頁。ISBN 9784582106039
  3. ^ a b c d マハーシ長老 『ミャンマーの瞑想―ウィパッサナー観法』 ウ・ウィジャナンダー訳、国際語学社、1996年、80-81、158、164-165。ISBN 4-87731-024-X
  4. ^ a b c d e ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ 『ダライ・ラマ 智慧の眼をひらく』 菅沼晃訳、春秋社、2001年、106-108、176-177。ISBN 978-4-393-13335-4 全面的な再改訳版。(初版『大乗仏教入門』1980年、改訳『智慧の眼』1988年)The Opening of the Wisdom-Eye: And the History of the Advancement of Buddhadharma in Tibet, 1966, rep, 1977。上座部仏教における注釈も備える。
  5. ^ 和辻哲郎 『原始仏教の実践哲学』 岩波書店、1932年、改定版、416頁。 初版1926年。
  6. ^ a b ダライ・ラマ 『科学への旅 原子の中の宇宙』 伊藤真訳、サンガ、2007年、197-208頁。ISBN 978-4901679428
  7. ^ a b 菅村玄二、(本文著者)Z・V・シーガル、J・M・G・ウィリアムズ、J・D・ティーズデール共著 「補遺 マインドフルネス心理療法と仏教心理学」『マインドフルネス認知療法 うつを予防する新しいアプローチ』 越川房子訳、北大路書房、2007年、270-281頁。ISBN 978-4-7628-2574-3
  8. ^ a b c Veves, Aristidis; Gotink, Rinske A.; Chu, Paula; Busschbach, Jan J. V.; Benson, Herbert; Fricchione, Gregory L.; Hunink, M. G. Myriam (2015). “Standardised Mindfulness-Based Interventions in Healthcare: An Overview of Systematic Reviews and Meta-Analyses of RCTs”. PLOS ONE 10 (4): e0124344. doi:10.1371/journal.pone.0124344. PMC 4400080. PMID 25881019. http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0124344. 
  9. ^ Grossman, Paul; Van Dam, Nicholas T. (2011). “Mindfulness, by any other name…: trials and tribulations ofsatiin western psychology and science” (pdf). Contemporary Buddhism 12 (1): 219–239. doi:10.1080/14639947.2011.564841. http://www.albany.edu/~me888931/Grossman%20&%20Van%20Dam%202011%20Contemporary%20Buddhism.pdf. 
  10. ^ Epel E, Daubenmier J, Moskowitz JT, Folkman S, Blackburn E (2009). “Can meditation slow rate of cellular aging? Cognitive stress, mindfulness, and telomeres”. Ann. N. Y. Acad. Sci. 1172: 34–53. doi:10.1111/j.1749-6632.2009.04414.x. PMC 3057175. PMID 19735238. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3057175/. 
  11. ^ Kate Pickert (2014年1月23日). “The Mindful Revolution”. Time. http://time.com/1556/the-mindful-revolution/ 2015年9月20日閲覧。 
  12. ^ (編著)貝谷久宣、熊野宏昭、越川房子 『マインドフルネス 基礎と実践』 日本評論社、2016年、i。ISBN 978-4-535-98424-0


「サティ (仏教)」の続きの解説一覧



正念と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「正念」の関連用語

正念のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



正念のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサティ (仏教) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS