世界線とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 世界線の意味・解説 

せかい‐せん【世界線】

読み方:せかいせん

四次元の時空座標表現される質点運動の軌跡等速運動では直線それ以外では曲線となる。


世界線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 07:05 UTC 版)

世界線(せかいせん、: world line, : Weltlinie)とは、零次元幾何を持つ点粒子時空上の軌跡を言う。一次元、二次元幾何を持つ物体の軌跡はそれぞれ世界面 (world sheet)、世界体積 (world volume) と呼ばれる。




「世界線」の続きの解説一覧

世界線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 14:16 UTC 版)

STEINS;GATEの用語一覧」の記事における「世界線」の解説

過去から未来までを含んだ1通世界の歴史様々な可能性重ね合わせになっており完全に決定論的ではないが、別の過程経て収束呼ばれる現象により場合によっては奇跡的な偶然が起こるなどして決まった結果行き着く他の歴史可能性可能性世界線として存在していて、なんらかの事態歴史変わるようになればそれに沿った別の世界線の世界へ再構成される。そのため、可能性存在しているだけでパラレルワールド存在せず世界は常に1つのみとされる

※この「世界線」の解説は、「STEINS;GATEの用語一覧」の解説の一部です。
「世界線」を含む「STEINS;GATEの用語一覧」の記事については、「STEINS;GATEの用語一覧」の概要を参照ください。


世界線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 23:39 UTC 版)

日本語の誤用」の記事における「世界線」の解説

物理学用語。四次元において時空座標表せられる質点連続をつなげ、線にしたもの

※この「世界線」の解説は、「日本語の誤用」の解説の一部です。
「世界線」を含む「日本語の誤用」の記事については、「日本語の誤用」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「世界線」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

世界線のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSTEINS;GATEの用語一覧 (改訂履歴)、日本語の誤用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS