シュノンソー城とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 世界遺産 > シュノンソー城の意味・解説 

シュノンソー城(フランス)

シュノンソー城

シュノンソー城は、城内ロワール川支流シェール川取り入れ広大庭園中に気品を漂わせてたたずむ白い城館です。川をまたいで建つ姿がとても優美なこの城は、ルネサンス様式傑作といわれています。約400年間6代にわたり城主がすべて女性であったため別名「6人の奥方の城」。特に国王アンリ2世をめぐる2人女性愛憎劇は有名で、愛人ディアーヌ・ド・ポワティエ庭園アーチ形の付け加えましたが、王の死後本妻カトリーヌ・ド・メディシスに城を取り上げられました。


シュノンソー城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/25 11:51 UTC 版)

シェノンソー城: Château de Chenonceau)は、フランスアンドル=エ=ロワール県ロワール渓谷内のシュノンソーにある城[1]シェール川の古い製粉所跡に建てられており、文献上に初めて登場したのは11世紀のことである。




  1. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年2月25日閲覧。
  2. ^ 死ぬまでに行きたい世界の名城25


「シュノンソー城」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シュノンソー城」の関連用語

シュノンソー城のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シュノンソー城のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
近畿日本ツーリスト近畿日本ツーリスト
Copyright(C) All rights reserved by Kinki Nippon Tourist.
近畿日本ツーリスト世界遺産
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシュノンソー城 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS