キリスト神話説とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > キリスト神話説の意味・解説 

キリスト神話説


キリスト神話説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/04 07:24 UTC 版)

キリスト神話説(キリストしんわせつ、英語: Christ myth theory)キリスト神話・イエス神話・キリスト非実在説とも)とは、イエス・キリストは、歴史上の人物としては実在せず、最初期キリスト教におけるイエスは後世になって実際のできごとと結びつけられた神話的な存在であるとする議論である。[1] [2] [3] [4] [5] キリスト教神話的起源を支持する人々は、福音書の原典は歴史上の(ひとり、もしくは複数の)伝道者からとられた可能性を認めてはいるが、その伝道者たちはどのような観点からも「キリスト教の創始者」とは認められないと主張している。彼らの主張はむしろ、キリスト教はヘレニズム・ユダヤ教(en:Hellenistic Judaism)から自然発生したものであり、書簡福音書は大部分が歴史上にはなかった神話上のイエスを記録したものだ、というものである。この説の支持者は、文献の発展史の中からキリスト教教義の発展史を追った結果、最初期キリスト教に関して福音書よりも使徒書簡に焦点をあてている。




  1. ^ 「革新的な解決方法は、イエスの信頼できる情報の可能性を捨てることであった。ここからキリスト神話説が生まれたのである。これに従えば、イエスは歴史上の人物として実在せず、福音書に出てくるキリストはメシア信仰のコミュニティによる社会的な創作だったということになる。」Farmer 1975, p. 43(ウィキペディアユーザーによる訳)
  2. ^ Goguel 1926b, pp. 117-118
  3. ^ Gerrish (1975) p. 13.
  4. ^ Bennett 2001, p. 202
  5. ^ Townsend 2006, p. 150n2
  6. ^ a b Mead, G.R.S. (1903): "Did Jesus Live 100 B.C.?" c
  7. ^ Gil Student, The Jesus Narrative In The Talmud
  8. ^ a b 「イエスは教会の想像による虚構であり、イエスは全くいなかったと主張する人々がいる。私の知る限り、まともな批評ができる学者でこう主張する者はいないと言わざるをえない。」Burridge 2004, p. 34(ウィキペディアユーザーによる訳)
  9. ^ a b 「この史実を否定する論点はつねに議論の的であった。そして、様々な分野や信条の学者を説得するのにつねに失敗してきた。……聖書学者や古代歴史家は、もはやこの説を事実上反駁されたものと見なしている。」 - Van Voorst 2000, p. 16(ウィキペディアユーザーによる訳)
  10. ^ a b Stanton 2002, p. 145
  11. ^ a b Charlesworth 2006, p. xxiii
  12. ^ a b Grant 1995, p. 199
  13. ^ Boa, Kenneth Kenboa.org. “Letting Go:Liberal Christianity-Retreating from the Faith(解放:自由主義キリスト教―信仰からの脱却)(英語)”. 2009年3月29日閲覧。
  14. ^ Van Voorst (2000) p 16
  15. ^ a b c d e ニカイア信条およびニカイア・コンスタンティノポリス信条参照。東京基督教研究所訳 ニカイア信条とニカイア・コンスタンティノポリス信条との比較(英語)
  16. ^ a b c S, Acharya (1999). The Christ Conspiracy. Canada: Adventures Unlimited Press. pp. 12–23. ISBN 0-932813-74-7. http://books.google.com/books?id=KnIYRi3upbEC&pg=PA12-IA4. 
  17. ^ McKnight, Scot (1996). “Who is Jesus? An Introduction to Jesus Studies”. In Michael J Wilkins, J P Moreland. Jesus Under Fire. Zondervan. pp. 144. ISBN 0-310-21139-5. 
  18. ^ Putting the Jesus Puzzle Together in 12 Easy Pieces アール・ドハティ
  19. ^ a b c Pope Pius X (September 8, 1907), “Pascendi Dominici Gregis (”, Vatican, http://www.vatican.edu/holy_father/pius_x/encyclicals/documents/hf_p-x_enc_19070908_pascendi-dominici-gregis_en.html 
  20. ^ 派生する議論については聖書の無誤性を参照
  21. ^ a b Greenleaf, Simon (1984). The Testimony of the Evangelists Examined by The Rules of Evidence Administered in Courts of Justice (オンライン版(英語)). reprint of the 1874 edition, (Grand Rapids: Baker Book House, 1984). ISBN 0-8010-3803-0. 
  22. ^ McKnight, Scot (1996). “Who is Jesus? An Introduction to Jesus Studies”. In Michael J Wilkins, J P Moreland. Jesus Under Fire. Zondervan. pp. 73–8. ISBN 0-310-21139-5. 
  23. ^ Doherty(1999) Chapter 22, The Gospels as Midrash and Symbolism see also online The Evolution of Jesus of Nazareth
  24. ^ Wells(1996) Chapter 5, The Gospel of Mark: History of Dogma?
  25. ^ Murdock (1999)全体、特にp12-23
  26. ^ アウグスティヌス仮説(en:Augustinian hypothesis)を参照
  27. ^ Doherty(1999) ch 14
  28. ^ Doherty, Earl. “The Evolution of Jesus of Nazareth”. 2009年4月9日閲覧。
  29. ^ Wells (1996) ch 6
  30. ^ Leidner (1999) ch 16-20
  31. ^ 派生する議論については聖書の無誤性を参照
  32. ^ 詳細は使徒行伝を参照
  33. ^ Fashioning Jewish identity in medieval western Christendom, Robert Chazan page 48 online
  34. ^ McKenzie, Steven L. (2005). How to Read the Bible. NY, NY 10016: Oxford University Press US. pp. 64–5. ISBN 0195161491. http://books.google.com/books?id=hYfweIriBSsC&pg=PA64. 
  35. ^ a b c Doherty, Earl, Tracing the Christian Lineage in Alexandria, http://jesuspuzzle.humanists.net/supp05.htm 2009年3月29日閲覧。 
  36. ^ Asserts Pharisees, Theissen, Gerd; Annette Merz (1998). The historical Jesus. Great Britain: Fortress Press. ISBN 0800631226. http://books.google.com/books?id=3ZU97DQMH6UC&pg=PA141. 
  37. ^ Maccoby, Hyam (1986). The Mythmaker. San Fransisco: HarperCollins. pp. 29–44. ISBN 0-76070-787-1. 
  38. ^ Friedlander, Moritz (1898 (1972)). Der vorchristliche judische Gnosticismus. Gottengen: Vandenhoeck & Roprecht reprint Farnborough: Gregg International.  see also Pearson (1990) Chapter 1
  39. ^ Machen, J Gresham (1958). The Virgin Birth of Christ. James Clarke Company. pp. 1. ISBN 0227676300. http://books.google.com/books?id=qG7f9wT1uqIC&pg=PA1. 
  40. ^ a b “Virgin Birth”. Baker's Evangelical Dictionary. http://bible.crosswalk.com/Dictionaries/BakersEvangelicalDictionary/bed.cgi?number=T718 2009年3月24日閲覧。. 
  41. ^ Horrell, David G. (2006). An introduction to the study of Paul. T. & T. Clark Publishers. pp. 63–5. ISBN 0567040836. http://books.google.com/books?id=hQS6SDqDga4C&pg=PA63. 
  42. ^ James Still. “The Virgin Birth and Childhood Mysteries of Jesus”. Internet Infidels, Inc.. 2009年4月6日閲覧。
  43. ^ Bromling, Brad (March 1995), “Jesus: Truly God and Truly Human”, Apologetics Press :: Reason & Revelation 15[3]: :17–20, http://www.apologeticspress.org/articles/263 
  44. ^ Allen, Grant (1897). The Evolution of the Idea of God. New York: Henry Holt. pp. 378–408. http://books.google.com/books?id=NwsTYIivPdEC&pg=RA1-PA377#PRA1-PA378,M1. 
  45. ^ Graves, Robert (1948). The White Goddess: A Historical Grammar of Poetic Myth. United Kingdom: Farrar, Straus and Giroux. pp. 157–9. ISBN 0374504938. http://books.google.com/books?id=4TWYmloRL0YC&pg=PA157. 
  46. ^ Case, Shirley Jackson (1912). The Historicity of Jesus. Chicago: University of Chicago Press. pp. 148. http://books.google.com/books?id=drlKAAAAMAAJ&pg=PA148. 
  47. ^ エイレナイオス Adversus Haereses エイレナイオス著書(英語)
  48. ^ Ferguson, Everett [1] (1981, 3rd ed 2003). Backgrounds of Early Christianity. Eerdmans. ISBN 0802822215. http://books.google.com/books?id=3tuKkxU4-ncC&pg=PA1&source=gbs_toc_r&cad=0_0#PPP1,M1. 
  49. ^ Jones, Peter (1992). The Gnostic Empire Strikes Back: An Old Heresy for the New Age. P & R Publishing. ISBN 0875522858. 
  50. ^ Smith, Carl (2004). No Longer Jews. Hendrickson. ISBN 1565639448. http://books.google.com/books?id=F3wLAAAACAAJ. 
  51. ^ The Truth at the Heart of 'The Da Vinci Code' Elaine Pagels San Jose Mercury News. online
  52. ^ 例: 「マルキオンの福音書はパウロ教会で使われる実用格言集であったと思われる。もちろん教父学の著述家はマルキオンがルカ版を刻んで使ったと主張している。だが、これは信じがたい。もしもマルキオンが実際にそうしていたなら、これほどまで熱心な批評家であるマルキオンならば彼のアンチユダヤ視点に反して作られた詩を相当量保存していたはずなのである。」G. R. S. Mead, Fragments of a Faith Forgotten Gnostic Scriptures and Fragments” (英語). 2012年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月4日閲覧。 “[Marcion's] Gospel was presumably the collection of Sayings in use among the Pauline churches of his day. Of course the Patristic writers say that Marcion mutilated Luke's version; but it is almost impossible to believe that, if he did this, so keen a critic as Marcion should have retained certain verses which made against his strong anti-Judaistic views.”
  53. ^ Urban, Linwood (1995). A Short History of Christian Thought (rev and expanded). Oxford University Press. ISBN 0195093488. 
  54. ^ Mack, Burton L. (1996). Who Wrote the New Testament?: The Making of the Christian Myth. San Francisco: HarperOne. ISBN 0060655186. 
  55. ^ Carmichael, Joel (1992). The Birth of Christianity: Reality and Myth. Dorset Press. ISBN 0880297387. 
  56. ^ Wilson, A.N. (1993). Jesus. New York: Ballantine Books. pp. 239–56. ISBN 0449908070. 
  57. ^ Bauer, Walter (1934 (english 1964)). Rechtgläubigkeit und Ketzerei im ältesten Christentum (Orthodoxy and Heresy in Earliest Christianity). Germany (English from Philadelphia Seminar on Christian Origins): J.C.B.Mohr. ISBN 0962364274. 
  58. ^ Justin Martyr, First apology Ch 20-5
  59. ^ C.S. Lewis, Miracle online discussion[リンク切れ].
  60. ^ Wilson, A. N. (1998). “The School of Paul”. Paul, The Mind of the Apostle. New York: W. W. Norton & Company (April 1998). pp. 229–39. ISBN 0393317609. 
  61. ^ Goguel (1926a) 11.
  62. ^ Goguel (1926a) 14; Van Voorst (2000) 8.
  63. ^ Schweitzer (2000) 355; similarly Weaver (1999) 45.
  64. ^ Wells (1969); more briefly Schweitzer (2000) 527 n. 1.
  65. ^ Constantin-François Volney, Les ruines, ou Méditations sur les révolutions des empires (Paris: Desenne, 1791); English translation, The Ruins, or a Survey of the Revolutions of Empires (New York: Davis, 1796).
  66. ^ C. F. Dupuis, Origine de tous les cultes (Paris: Chasseriau, 1794); English translation, The Origin of All Religious Worship (New York: Garland, 1984).
  67. ^ Wells (1969) 153–156.
  68. ^ Wells (1969) 159–160.
  69. ^ Wells (1969) 151.
  70. ^ Wells (1969) 155.
  71. ^ a b Goguel (1926b) 117.
  72. ^ Schweitzer (2000) 356.
  73. ^ Solmsen (1970) 277–279, not disputed by Wells (1973) 143: 『誕生日の疑問についてはデュピュイの視点とからめて述べている(155)。デュピュイはイエスの確たる歴史性を否定したが……私は(この説を)不適切だと考える。』(ウィキペディアユーザーによる訳)
  74. ^ Schweitzer (2000) 124–128.
  75. ^ Schweitzer (2000) 128–136.
  76. ^ Engels, Frederick, "Bruno Bauer and Early Christianity" Sozialdemokrat May 4-11, 1882 republished in Marx and Engels, On Religion, Progress Publishers, 1966(ウィキペディアユーザーによる訳)
  77. ^ Schweitzer (2000) 124, 139–140.
  78. ^ a b Otto Pfleiderer, Development of Theology, p. 226 Quoted in the Encyclopedia Britannica, 11th edition.
  79. ^ Douglas Moggach, The Philosophy and Politics of Bruno Bauer, 2003, Cambridge University Press, p.184
  80. ^ Schweitzer (2000) 140–141.
  81. ^ Schweitzer (2000) 356, 527 n. 4; Van Voorst (2000) 10.
  82. ^ Weaver (1999) 46–47; cf. Schweitzer (2000) 359–361.
  83. ^ Weaver (1999) 47.(ウィキペディアユーザーによる訳)
  84. ^ Case (1911) 627.
  85. ^ Schweitzer (2000) 375.
  86. ^ Van Voorst (2000) 12.
  87. ^ “JESUS NEVER LIVED, ASSERTS PROF. DREWS; Stirs Germany Deeply by Publicly Attacking Basis of the Christian Religion.(「イエスは存在しなかった」ドレフス教授によるキリスト教の根本への反論にドイツが震撼)”, New York Times, (February 6, 1910), http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=9900E7DA1539E433A25755C0A9649C946196D6CF 
  88. ^ Case (1911) p. 2n1.
  89. ^ Gerrish (1975) pp. 3-4.
  90. ^ Case (1912).
  91. ^ Conybeare (1914).
  92. ^ Wells, G.A. (1998). The Jesus Myth. Open Court. ISBN 0-8126-9392-2. 
  93. ^ Wells, GA (1999年9月). “Earliest Christianity”. New Humanist 114 (3): 13–18. http://www.infidels.org/library/modern/g_a_wells/earliest.html 2007年1月11日閲覧。. 
  94. ^ 「 <イエスの>非実在仮説への結論はウェルズ自身から出された。最新の著書『The Jesus Myth』で、ウェルズはこの仮説から撤退している。ウェルズはいまやイエスの実在に関して、失われた初期の「Q福音書」(マタイとルカが使用したとされる、仮説上の資料)に由来するなんらかの歴史的基礎があることを認めている。ウェルズは、イエスが存在するであろうことは早期に十分な信頼性をもって示されているが、そのイエスは後に正典の福音書が描くキリストではないと述べている。ウェルズの転回が非実在仮説についての世間の議論にどのような影響をもたらすかはいぜん注目すべきである。」, Van Voorst, Robert E, "NonExistence Hypothesis," in Houlden, James Leslie (editor), Jesus in History, Thought, and Culture: An Encyclopedia, page 660 (Santa Barbara 2003)(ウィキペディアユーザーによる訳)
  95. ^ a b Freke, T; Gandy, P (2001). The Jesus Mysteries: Was the "Original Jesus" a Pagan God?. Three Rivers Press. ISBN 978-0609807989. 
  96. ^ Elwell, WA (2001). Evangelical Dictionary of Theology. Baker Academic. ISBN 978-0801020759. 
  97. ^ Duling, DC; Perrin,N (1993). The New Testament: Proclamation and Parenesis, Myth and History. Harcourt. ISBN 978-0155003781. 
  98. ^ Docetism”. Encyclopedia Britannica Online. 2007年3月18日閲覧。
  99. ^ Kelly, J.N.D (1978). Early Christian Doctrines: Revised Edition. HarperSanFrancisco. ISBN 978-0060643348. 
  100. ^ Phillips, JB. “Book 24 - John's Second Letter”. 2007年3月18日閲覧。
  101. ^ en:Template:Cite encyclopediaArendzen, J. P. (1909). “Docetae”. The Catholic Encyclopedia. Volume V. New York: Robert Appleton. http://www.newadvent.org/cathen/05070c.htm 2007年1月7日閲覧。. 
  102. ^ a b Doherty, E (1997年). “The Jesus Puzzle: Pieces in a Puzzle of Christian Origins”. Journal of Higher Criticism 4 (2). オリジナルの2007年6月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070609222340/http://home.ca.inter.net/~oblio/jhcjp.htm 2007年1月9日閲覧。. 
  103. ^ Doherty, E. “Christ as "Man": Does Paul Speak of Jesus as an Historical Person?”. The Jesus Puzzle: Was There No Historical Jesus?. 2007年1月11日閲覧。[リンク切れ]
  104. ^ Price, C (2005年5月20日). “Earl Doherty use of the phrase "According to the Flesh" (sic)”. Bede's Library. 2007年1月11日閲覧。
  105. ^ Sound of Silence [2]
  106. ^ For the full argument Marcus Felix a Smoking Gun p285-290 of the Jesus puzzle or in more limited form online The Second Century Apologists
  107. ^ ウェルズの文章のサンプルはinfidels on wellsを参照。
  108. ^ G.A. Wells, The Jesus Legend, ch. The 'Sayings Gospel' Q
  109. ^ Odes of Solomon[リンク切れ]
  110. ^ パウロその他の初期キリスト教徒にとって知恵文学の解釈により教わったことへの裏付けになったのは、このような知識であろう。つまり贖い主であるイエス(「イエス」は、「ヤーヴェは救う」という意味がある)が地上へとやってきて、遠い昔に殺された……タルムードがつねに原典とする伝統は、イエスを紀元前2世紀のいずれかの時期の人物とすることで、これらの古代の犠牲者の中に位置づけた。ウェルズ "The Jesus Legend, Catholic Truth on the Historicity of Jesus"(ウィキペディアユーザーによる訳)
  111. ^ Doherty(1999)196ページにて、マルコ福音書を紀元90年、マタイ福音書を紀元100年と推測
  112. ^ 「パウロが提示したような1世紀頃のキリスト教団に関する資料がほとんどないことは、2世紀の神学を研究する人々の間で長く知れ渡っていた。したがってこの立場の研究者達は、この不連続性を説明する必要に迫られることになった。パウロ以前、1世紀の神学者達に代表される流れを何が断ち切ったのだろうか?この神学者のグループはにはタティアノス、テオフィロス、ミヌキウス・フェリクスなどがいた。これらのグループは(私の主張では)最初期のユスティノスの思想に基づいており、具体的な歴史上の創設者も考えられておらず、また受肉の概念・ゴルゴタの丘・人間の復活・死から帰った聖なる存在なども考えられていなかった。これらの概念の大きな欠落や、考えられる原初の信仰運動からのあきらかな逸脱は、現代の研究者が説くような、やや弱い論理では説明しきれない。だが研究者たちは自らの思いこみによって骨抜きにされているのだ。研究者たちは、ひとそろいの資料や伝承を他の材料から読み取ろうとしている。パウロなどの初期の教父たちの断裂・分裂・分化などはもとから存在しなかった、というのが最も妥当な説明である。むしろ、これら<の断裂しているように見える記述(訳者による補)>は、帝国全体で一般的に信じられていたことをそれぞれ異なるで表現したものなのだ。この流行は実にゆっくりとした合体・発展の末に、福音書によって作られた、さらに人の心に訴える強力な人物に基づいた一般概念になった。 Earl Doherty, reply to Gakusei Don find original!(ウィキペディアユーザーによる訳)
  113. ^ Jesus in the Apostolic Fathers at the Turn of the Second Century[リンク切れ] Earl Doherty
  114. ^ タティアノスの謝罪の例: 「ギリシャの人々よ、我々は、神が人間の形をとって生まれてきたとは主張しますが、愚か者ではありません……あなたがた自らの物語と比べてみてください……あなたがた自身の記録を見て、我々もまた物語を語っている、という点でだけでも、私たちを受け入れてください。」
  115. ^ Doherty (1999) page 269-71
  116. ^ ニカイア以前の新約聖書(英語)の中で、ドハティとプライスはともにジョン・ノックスが『Marcion and the New Testament』で説いた説(参照:en:Gospel_of_Marcion#Marcion_as_pre-dating_Luke)に触れている。これは、ルカ福音書はマルキオンの『主の福音書』(en:Gospel of the Lord 140年-160年ごろ)に拠っているという説である。
  117. ^ a b c 訳は日本聖書教会 聖書本文検索 新共同訳による。
  118. ^ Barnett,P (1997). Jesus and the Logic of History, Apollos, ISBN 978-0851115122, pp. 57-58. Among others, he mentions 1) descent from Abraham, 2) direct descent from David, 3) 'born of a woman', 4) lived in poverty, 5) born and lived under the law, 6) had a brother called James, 7) led a humble life style, 8) ministered primarily to Jews, etc.
  119. ^ a b c d e France, RT (1986). Evidence for Jesus (Jesus Library). Trafalgar Square Publishing. pp. 19–20. ISBN 0340381728. 
  120. ^ Doherty, E. “Christ as "Man": Does Paul Speak of Jesus as an Historical Person?”. The Jesus Puzzle: Was There No Historical Jesus?. 2007年1月11日閲覧。[リンク切れ]
  121. ^ a b ユダヤ古代史20巻9章24節(英訳)”. 2009年5月19日閲覧。 Project Gutenbergより、記事本文はウィキペディアユーザーによる重訳
  122. ^ Remsburg, John E. (1909). The Christ. New York: Truth Seeker Co. ISBN 0879759240. http://www.positiveatheism.org/hist/rmsbrg00.htm. 
  123. ^ Tacitus, Cornelius (2005). The Annals of Imperial Rome. Digireads.com. ISBN 978-1420926682.  ウィキペディアユーザーによる英語訳からの重訳
  124. ^ 例えばR・T・フランスは「タキトゥス年代記15巻44章での軽い記述には、彼<イエス>の称号であるクリストス、およびポンティウス・ピラトゥスの命によってユダヤで行われた処刑のみが書かれている。タキトゥスが独立した情報源に基づいていると考えるべき理由もなく――2世紀初頭のキリスト教徒も、ローマでこう主張してきたことであろう……また他の異教徒によるイエスへの言及で、紀元150年以前と推定されるものもない。150年ごろにはもう、あらゆる情報源は、独立した記録ではなくキリスト教徒のプロパガンダであったようだ。」と書いている。(The Gospels As Historical Sources For Jesus, The Founder Of Christianity, Truth Journal [3] ウィキペディアユーザーによる訳)
  125. ^ スエトニウス, 『クラウディウス』 25.4
  126. ^ Pliny, Letters 10.96-97”. 2007年3月18日閲覧。[リンク切れ]
  127. ^ Gil Student, The Jesus Narrative In The Talmud
  128. ^ シャルル・ギニュベール『Jesus(イエス)』 原文フランス語、S. H. Hooke, Samuel Davidson による英訳(University Books, New Yory, 1956, p22)の、ウィキペディアユーザーによる重訳
  129. ^ Photius (1920). “33: Justus of Tiberias, Chronicle of the Kings of the Jews. The library of Photius. trans. J. H. Freese. London: SPCK. http://www.tertullian.org/fathers/photius_03bibliotheca.htm#33 2007年1月3日閲覧。. 
  130. ^ Wells, G.A. (1971) The Jesus of the Early Christians, A Study in Christian Origins, Pemberton Books, page 2.
  131. ^ Turcan, Robert (1996). The Cults of the Roman Empire. Blackwell. p. 233. ISBN 9780631200475. 
  132. ^ examples [4][5][6]
  133. ^ a b Murdock (1999) p 114-6 and Murdock (2009)
  134. ^ Murdock (1999) p 118-20
  135. ^ グラントAn Historian's Review of the Gospels(ある歴史家による福音書の検討)より。論の補足としてS・ニールのWhat we know about Jesus(イエスについて知っていること) (Eerdmans, 1972 ed), p. 45を引用している。
  136. ^ Burridge, R; Gould, G (2004), Jesus Now and Then, Wm. B. Eerdmans 


「キリスト神話説」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キリスト神話説」の関連用語

キリスト神話説のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キリスト神話説のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキリスト神話説 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS