植民都市アクイレイアの建設とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 植民都市アクイレイアの建設の意味・解説 

植民都市アクイレイアの建設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 05:47 UTC 版)

アクイレイア」の記事における「植民都市アクイレイアの建設」の解説

紀元前181年アドリア海のほとりに古代ローマ植民都市アクイレイア建設された。都市の名は、土地言葉 Akylis から来ているアクイレイアは、当時ローマ共和国東北辺境防衛する要塞であり、イリュリア戦争にはローマ盟友であったウェネティ人守りカルニ人やイストリア人などの好戦的な民族侵入を防ぐ関門としての機能果たした実際アクイレイア紀元前183年ガリア人たちが定住した所からさほど離れていない場所建設されている。 アクイレイア植民都市当初移駐してきた3000人の兵士は、おもにサムニウム出身であった。彼らとその家族が住民大半であり、残り土地ウェネティ人であった。おそらく紀元前173年には ボノニア(ボローニャ)につながる道路開かれた紀元前169年にはアクイレイア駐屯軍強化するために、1500人以上のラテン人入植者その家と共に定住した紀元前148年には北イタリア横断するポストゥミア街道建設され、ゲヌア(ジェノヴァ)やクレモナ、アルティヌム(現クアルト・ダルティーノ一部)などの都市結ばれた紀元前132年アドリア海沿いにリミニとアルティヌムを結ぶポッピリア街道 (Via Popilia) が建設されると、アクイレイア交易活動はさらに活発化した。 軍事的に重要な拠点であったアクイレイアは、同時に交易上の重要な拠点ともなったアクイレイアではウェネティ人交易商人によって、バルト海琥珀取引行われている(琥珀街道参照)。また、農業ブドウ栽培中心地でもあり、また多くの煉瓦工場建てられるようになった

※この「植民都市アクイレイアの建設」の解説は、「アクイレイア」の解説の一部です。
「植民都市アクイレイアの建設」を含む「アクイレイア」の記事については、「アクイレイア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「植民都市アクイレイアの建設」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

植民都市アクイレイアの建設のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



植民都市アクイレイアの建設のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアクイレイア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS