植物からのイソプレン生成とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 植物からのイソプレン生成の意味・解説 

植物からのイソプレン生成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/13 20:54 UTC 版)

イソプレン」の記事における「植物からのイソプレン生成」の解説

イソプレン植物の葉緑体内で2-C-メチル-D-エリトリトール-4-リン酸経路MEP経路非メバロン酸経路)によって作られるMEP経路2つ最終生成物一つであるジメチルアリル二リン酸 (DMAPP) は、イソプレン合成酵素触媒する反応によってイソプレンへと変換される。ゆえに、ホスミドマイシンといったMEP経路妨げ阻害剤イソプレン形成妨げる。イソプレン温度によって劇的に増加し40 °C前後最大値達する。このことからイソプレン植物を熱ストレスから防御しているという仮説提唱されている(後述熱耐性仮説を参照)。イソプレン放出ある種バクテリアでも観察されており、これはDMAPPの非酵素的分解によると考えられている。

※この「植物からのイソプレン生成」の解説は、「イソプレン」の解説の一部です。
「植物からのイソプレン生成」を含む「イソプレン」の記事については、「イソプレン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「植物からのイソプレン生成」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

植物からのイソプレン生成のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



植物からのイソプレン生成のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイソプレン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS