エアアジア・ジャパンとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > エアアジア・ジャパンの意味・解説 

エアアジア・ジャパン

英語:AirAsia Japan

全日空全日本空輸)とマレーシアエアアジアAirAsia)社が共同出資して日本設立する格安航空会社LCC)の名称。2011年7月設立発表された。

エアアジア・ジャパンの正式な設立時期2011年8月拠点ハブ空港)は成田空港となる。国内線国際線両方運行される予定である。2012年8月始めて就航予定である。

なお、全日空2011年2月に、香港投資会社らと共同出資LCCPeach Aviation」(ピーチ・アビエーション)を設立している。

エアアジア・ジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/06 06:32 UTC 版)

エアアジア・ジャパン株式会社(AirAsia Japan)は、2014年に設立された日本格安航空会社LCC)である。2011年から2013年にかけて同社名であった航空会社(バニラ・エア)とは別の法人である。




  1. ^ エアアジアJ、コードはDJ 「昇龍道ジェット」 - 中日新聞 2015年11月1日
  2. ^ 2016年度 安全報告書 (PDF) 11ページ - エアアジア・ジャパン
  3. ^ a b c d e f g 航空運送事業の許可について (PDF) - 国土交通省 2015年10月6日
  4. ^ a b c d e 10 月29 日(日)「エアアジア・ジャパン」が中部国際空港-新千歳空港間で1日2便運航開始! - エアアジア・ジャパン プレスリリース 2017年10月16日
  5. ^ a b c 〔10月29日(日)運航開始〕エアアジア・ジャパンがセントレア-札幌線新規就航 - 中部国際空港 2017年10月16日
  6. ^ a b c エアアジア・ジャパン、会長に谷本氏 井手会長は安全統括担当に - 日本経済新聞 2017年12月11日
  7. ^ エアアジアグループについて - AirAsia
  8. ^ 会社概要 - エアアジア
  9. ^ エアアジア・ジャパン初号機披露! 眠らない中部空港で2018年黒字化へ マイナビニュース 2015年10月16日
  10. ^ エアアジア・ジャパン、株主構成を変更 フィンテック・グローバル・トレーディングが資本参加 マイナビニュース 2015年10月7日
  11. ^ FGTがエアアジア・ジャパン㈱(AAJ社)へ資本参加 フィンテックグローバル株式会社 2015年10月7日
  12. ^ 「日本に真のLCCない」 エアアジア、再進出に意欲 朝日新聞デジタル 2013年8月24日付(2013年12月29日確認)
  13. ^ エアアジアからのお知らせ - エアアジア(2013年12月29日確認)
  14. ^ 『ANA エアアジアとの合弁解消発表 LCC、日本流サービスで エアアジアは再参入狙う』 - 日本経済新聞 2013年6月26日 9ページ
  15. ^ a b c 『日本へ単独再参入を計画 エアアジアCEOに聞く』 - 朝日新聞 2013年8月24日 8ページ
  16. ^ エアアジアCEO:日本の事業提携先絞り込み完了、社長内定 - ブルームバーグ 2014年2月14日
  17. ^ a b エアアジア・ジャパン、5月1日付けで準備会社の社名を変更 本社は中部国際空港に - traicy 2014年5月19日
  18. ^ a b エアアジア:日本路線に再参入へ 15年にも合弁会社設立 - 毎日新聞 2014年4月10日
  19. ^ スクープ! 楽天が航空事業に参入へパートナーは東南アジア最大手LCCのエアアジア 東洋経済ONLINE 2014年6月26日付
  20. ^ 新生『エアアジア・ジャパン』を設立 ?エアアジア、日本のLCC市場へ再参入? エアアジア 2014年7月1日付
  21. ^ エアアジア・ジャパンが都内で設立会見開催! 楽天・三木谷浩史氏も登場 Traicy 2014年7月1日付
  22. ^ エアアジア・ジャパン、出資パートナーを発表! 楽天は18%を出資 Traicy 2014年7月1日付
  23. ^ エアアジア・ジャパン株式会社に対する出資のお知らせ ノエビアホールディングス 2014年7月1日付
  24. ^ エアアジア、16年春就航へ…中部空港が拠点 読売新聞 2015年7月21日
  25. ^ a b c エアアジア・ジャパン、2016年春からの国内外の就航先を決定 - エアアジア・ジャパン プレスリリース 2015年10月6日
  26. ^ エアアジア・ジャパン 10月29日「中部国際空港-新千歳空港」で初便就航 - エアアジア 2017年10月29日
  27. ^ エアアジア・ジャパン:スカイマーク前会長を会長に起用 毎日新聞 2015年12月1日
  28. ^ エアアジア・ジャパン、4年後に20機体制へ 16年春就航めざす - 日本経済新聞 2015年10月16日
  29. ^ エアアジアジャパンが中部空港就航延期 - 中日新聞 2016年2月10日
  30. ^ エアアジア・ジャパン、今春の就航を夏に延期 - 日本経済新聞 2016年2月15日
  31. ^ AirAsia optimistic over second foray into Japan low-cost carrier market - NEW STRAITS TIMES, 30 MAY 2016
  32. ^ エアアジア・ジャパン「1月就航目指す」 - Aviation Wire 2016年7月13日
  33. ^ エアアジア・ジャパン 就航予定の変更について - AirAsia.com 2017年1月30日
  34. ^ エアアジア、中部空港就航を3度目の延期 - 日本経済新聞 2017年1月30日
  35. ^ 飛べない「エアアジアジャパン」で深まる混迷 - 東洋経済 ONLINE 2017年05月24日
  36. ^ 中部―札幌線、1日3往復に エアアジア・ジャパン、7月20日から - 中日新聞 2018年6月13日
  37. ^ エアアジア・ジャパン、名古屋(中部)-札幌(新千 歳)線での 1日3往復の定期便化を決定 - エアアジア・ジャパン 2018年6月13日
  38. ^ a b エアアジア・ジャパン、名古屋(中部)-台北(桃園)線の就航を発表 - エアアジア・ジャパン 2018年12月20日
  39. ^ a b エアアジア・ジャパン、名古屋(中部)ー仙台線に就航 - AirAsisa プレスリリース 2019年7月9日
  40. ^ “エアアジアJ、4月から中部/新千歳、仙台、桃園線に-事業許可取得”. トラベルビジョン. (2015年10月6日). http://travelvision.jp/news/detail.php?id=69407 2016年10月13日閲覧。 
  41. ^ 186席仕様になったエアアジア・ジャパン3号機 - Aviation Wire 2019年2月25日
  42. ^ 「月刊エアライン」2015年4月号p.122。
  43. ^ エアアジア・ジャパン、3号機が中部到着 2年9カ月ぶり機材増 - Aviation Wire 2019年2月24日
  44. ^ AirAsia Japan Current Fleet PlaneSpotters.net
  45. ^ AirAsia Japan fleet details - AirFleets.net
  46. ^ エアアジア・ジャパン 就航予定について - エアアジア公式サイト 2016年9月30日
  47. ^ 中部-台北線、来年2月就航 エアアジア 中日新聞 2018年12月8日
  48. ^ 「国際線もっと飛ばしたい」特集・エアアジア・ジャパン若菜社長に聞く今後の展開 - Aviation Wire 2019年2月16日
  49. ^ 冬期スケジュール運賃 (PDF) - エアアジア
  50. ^ 座席選択 - エアアジア
  51. ^ 機内食 - エアアジア
  52. ^ 機内持ち込み手荷物 - エアアジア
  53. ^ 受託手荷物 - エアアジア


「エアアジア・ジャパン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エアアジア・ジャパン」の関連用語

エアアジア・ジャパンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エアアジア・ジャパンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエアアジア・ジャパン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS