オーケイとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > オーケイの意味・解説 

オーケイ。

作者海老沢泰久

収載図書オーケイ。
出版社文芸春秋
刊行年月2000.2


オーケイ (OK)

ホール極めて近くに止まったボールに対して同伴競技者が) パットをせずに次のストロークは (まず間違いなく入るだろうと判断した場合) 入ったことにすること。公式競技OK はないが、仲間内ゴルフ社内コンペなどでは スピード・プレー考慮して 一般的に ワングリップ以内30センチから 50センチ程度) の距離で OK することが多い。OKボールと言えばOK のもらえる距離に止まったボールのこと。英語では good, gimme (英語) などという。 OK
 
»

短いパットを入れるコツ
スピード・プレーについて



オーケイ

名前 Oakey

オーケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/24 23:49 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
オーケイ
メンバー 小島弘章
岡山祐児
結成年 1994年
事務所 松竹芸能
活動時期 1994年 -
出身 松竹芸能養成所
出会い 中学時代
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才
過去の代表番組 あっぷ&UP!
同期 アメリカザリガニ
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
1998年 第19回今宮子供えびすマンザイ新人コンクール新人漫才奨励賞
1999年 第29回NHK上方漫才コンテスト優秀賞
2001年 第22回ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞
2001年 第30回上方お笑い大賞新人賞
テンプレートを表示

オーケイ小島弘章と岡山祐児による漫才コンビ。松竹芸能所属。1994年コンビ結成。

メンバー

  • 小島 弘章(こじま ひろあき、1972年11月13日 - )
    • 岡山県玉野市出身。血液型はA型。立ち位置は左、ツッコミ担当。岡山県立玉野高等学校卒業。既婚。
    • 父親はメディア株式会社代表取締役の小島賢次。1歳上の兄がいる。
    • かなりの潔癖症で、髭の永久脱毛をした。
    • 整理好きの母親の影響もあり、DIYを得意とし、近年は収納芸人として数々のテレビ番組で収納術を披露しており、2008年に整理収納アドバイザー1級、2009年に整理収納アドバイザー2級認定講師の資格を取得。収納王子コジマジック(しゅうのうおうじ-)としてテレビ出演、雑誌掲載の他、収納セミナーを定期的に開催している[1]。また、収納王子コジマジックとして都市型賃貸ホビースペース「ライゼホビー」のイメージキャラクター&収納アドバイザーの契約を結んでいる。
    • 釣り歴30年で、自身が組合長を務めるフィッシングチーム「小島漁行組合」を結成している。 2009年には公認釣りインストラクターの資格を取得している。
    • 2004年から放送芸術学院(現・放送芸術学院専門学校)のタレント科お笑いコースで講師を務めている。
    • 2011年12月11日、出身地の岡山県玉野市から「玉野ふるさと大使」に任命される。
    • 2012年2月12日に一般女性と入籍した。
  • 岡山 祐児(おかやま ゆうじ、本名:小倉 祐司(おぐら ゆうじ)、旧姓:入江(いりえ)、 (1972-11-08) 1972年11月8日(46歳) - )
    • 岡山県玉野市出身。血液型はO型。立ち位置は右、ボケ担当。既婚。
    • 2003年12月25日に入籍。一男一女の父。
    • 中学時代はパンチパーマに短ラン、ボンタン姿で番長だった[1]
    • 元々本名で活動していたが、『オーケイ・チョップリンのラジオGAYA』(KBS京都ラジオ)の企画で芸名変更。2人の頭文字がコンビ名の由来ということで「お」で始まる苗字を希望し、愛郷心が強いことから出身地名の「岡山」を苗字に、そして姓名判断と遊び心で名前の「司」を「児」に変更した。

略歴

元々同じ中学で、当時生徒会長だった小島が自分と対照的なキャラクターで面白そうなヤツだと思い、当時学校一のワルだった岡山に声をかける。高校卒業後は大阪の専門学校に進学するが、二人は小遣い稼ぎでホストクラブで働き、半年で小島はナンバーワンになる。ある日、テレビ番組のロケに遭遇し、インタビューで二人が漫才めいたやりとりをしていたところ、漫才師になったらいいのにと勧められ、お笑い芸人を志すようになる[1]。2人とも吉本総合芸能学院 (NSC) に入りたがっていたのだが、2人が芸能界入りを志した当時は年齢制限があり彼らはそれをオーバーしていたため、門戸の広かった松竹芸能の養成所の門を叩いた[2]。コンビ名は2人のイニシャルから付けられ、先輩芸人のTKOとかぶらないようカタカナ表記にした。

当初は2人とも岡山訛りだったが、落語CDを聴くなどして大阪弁を会得した。しかし完璧ではなく、イントネーションは今でも岡山弁である。

結成10周年単独ライブ『節目』では“マイ漫才マイク”を作り漫才を披露した。

2009年8月より東京進出。岡山は家族を大阪に残し単身で上京した。

エピソード

  • ニョッキン7』に出演した際に「岡山県出身の芸人には次長課長千鳥などが居るが、純粋な岡山県出身の芸人は自分たちである」と発言したことがある。これは彼らの出身地が他県であったり(次長課長の河本準一愛知県名古屋市緑区生まれの岡山県育ち、井上聡熊本県出身)、本土から離れた位置にあるの出身である(千鳥の大悟は北木島出身。ノブは本土出身)という事情があったものと思われる。
  • ライブでレツゴー正児(レツゴー三匹)をゲストに迎え「レツゴー☆オーケイ」と名乗ってトリオ漫才を行なったことがある(小島が長作役、岡山がじゅん役)。

受賞歴

レギュラー番組

過去のレギュラー番組

テレビ

ラジオ

  • オーケイ・チョップリンのラジオGAYA(KBS京都ラジオ
  • オーケイ・チョップリンのメキペキ!(KBS京都ラジオ)
  • めっさGO!→オーケイのめっさGO!(四国放送ラジオ)
  • パチラジ(ラジオ大阪

脚注

  1. ^ a b c 『収納王子コジマジックの100円グッズ・カラボ・スノコで絶対片づく! 収納600』より。
  2. ^ たかじん胸いっぱい』(関西テレビ)より。

外部リンク


オーケイ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/08/26 17:22 UTC 版)

オーケイ!
ザ・カーナビーツシングル
リリース 1967年10月25日
ジャンル グループ・サウンズ
レーベル フィリップス・レコード
ザ・カーナビーツ シングル 年表
恋をしようよジェニー
1967年
オーケイ!
1967年
泣かずにいてね
1968年

オーケイ!」は1967年10月25日に発売されたザ・カーナビーツの楽曲である。

解説

  • 作詞は星加ルミ子、作曲はHoward Blaikleyによる。前作「恋をしようよジェニー」から僅か約1ヶ月後に発売された3枚目のシングルである。1967年に全英4位に入ったデイヴ・ディー・グループのナンバーを日本語でカバーしたものである。ハッピーソングに代表されるカーナビーツの定番曲である。
  • B面は「クレイジー・ラブ」(星加ルミ子 作詞、ポール・アンカ 作曲)。ポール・アンカのヒット曲のカバーである。
  • レコードジャケットにはメンバーの集合写真とともに「カーナビーツがデイヴ・ディー・グループと共に世界のヒット・パレードをかき回す話題のニュー・ヒット!」という紹介文が書かれている。

収録曲

  1. オーケイ!
    • 作詞:星加ルミ子/作曲:Howard Blaikley
  2. クレイジー・ラブ
    • 作詞:星加ルミ子/作曲:ポール・アンカ(Paul Anka

関連項目



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オーケイ」の関連用語

オーケイのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オーケイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
豆辞典ドットコム豆辞典ドットコム
www.mamejiten.com - all rights reserved
豆辞典ドットコムゴルフ豆辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオーケイ (改訂履歴)、オーケイ! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS