別嬪とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > > 別嬪の意味・解説 

別嬪


別嬪

読み方:べっぴん

  1. 娼妓。〔第二類 人物風俗

別嬪

読み方:べっぴん

  1. 容色美麗なる女のことをいふ。特別の品である意からいつたもの。〔情事語〕

分類 情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

美人

(別嬪 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/26 18:09 UTC 版)

美人(びじん)とは、容貌の美しい女性をさす言葉。美女(びじょ)・佳人(かじん)・麗人(れいじん)・別嬪(べっぴん)などと同義。未成年者は特に美少女とも呼ばれる。男性に対して用いる際は美男子、未成年者の場合は美少年という。


  1. ^ 例:原節子山本富士子吉永小百合藤原紀香鈴木京香仲間由紀恵など。
  2. ^ http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2814183/
  3. ^ ヨーロッパ文化と日本文化 (岩波文庫)ルイス・フロイス (著), 岡田 章雄 (訳注)ISBN 978 4003345917
  4. ^ 井原西鶴 『好色五人女』 岩波書店、1927年、13頁。
  5. ^ 金田一春彦團伊玖磨の対談「別れのことば『思うわよォ』」〜「週刊読売1972年12月16日
  6. ^ 伊藤洋、「秋田県の資源行政」『石油技術協会誌』 1992年 57巻 4号 p.334-344, doi:10.3720/japt.57.334
  7. ^ 吉阪隆生(1970)、「(5) 雪国の都市と建築について」『雪氷』 1970年 32巻 4-5号 p.110-114, doi:10.5331/seppyo.32.110
  8. ^ 美人との出会いは日本海から…美女が多い都市ランキング 2017年9月 閲覧



別嬪

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 07:41 UTC 版)

名詞

べっぴん別品」とも)

  1. 格別美しいこと。特に、女性に言う。

発音

べっ↗ぴん

翻訳


関連語




別嬪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「別嬪」の関連用語

別嬪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



別嬪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの美人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの別嬪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS