問題劇とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > > 問題劇の意味・解説 

もん だいげき [3] 【問題劇】

作者同時代当面する重要な社会問題提示し、注意を喚起する劇。イプセン・ストリンドベリ・ズーダーマン・ショーなどの近代劇多くの例が見られる

問題劇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/22 03:35 UTC 版)

問題劇(もんだいげき、Problem plays)とは、一般にウィリアム・シェイクスピアが1590年代後半から17世紀初頭にかけて執筆した『終わりよければ全てよし』、『尺には尺を』、『トロイラスとクレシダ』の3篇を指す、シェイクスピア研究における用語である。批評家によっては解釈を敷衍し、『ハムレット』や『冬物語』、『アテネのタイモン』、『ヴェニスの商人』などをも含める場合がある。この用語は、批評家フレデリック・ボアズ(Frederick S. Boas)が1896年の著書"Shakespeare and his Predecessors"において提示したものである。






「問題劇」の続きの解説一覧



問題劇と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「問題劇」の関連用語

問題劇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



問題劇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの問題劇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS