塩梅とは? わかりやすく解説

塩梅

読み方:あんばい

塩梅とは、塩梅の意味

塩梅(あんばい)とは、料理味加減物事具合健康状態のことである。程よく物事処理する程よく並べる・配置するといった意味でも用いられる。「えんばい」と読むこともある。

塩梅の語源

「塩梅」の「塩」は「しお」とも読み塩漬けにするといった意味合いでも使われる「梅」は「うめ」とも読み、「ウメそのもの、またはウメ熟す時期やそのころの」といった意味合いがある。「塩梅」とは、もともと「塩」と「梅酢を塩に漬けた時にできる酢)」のことである。食酢がない時代料理梅酢使用していた当時、塩と梅酢味加減丁度良いことを「良い塩梅だ」と表現していたことが語源とされる

塩梅の使い方、例文

「塩梅」は、「塩梅を見る」「塩梅を間違える」などの名詞的用法のほか、「塩梅する」といった動詞的用法でも用いられる。「あんばい」を物事の処理や配置について述べ場合は、「塩梅」かわりに按配按排案配といった字が用いられることもある。

塩梅の類義語

「塩梅」類義には「具合い(具合)」「さじ加減」などがある。「具合い(具合)」は、機械道具調子についても使用できる(例:網戸滑り具合がいい)。「さじ加減」は、料理味付け以外に物事強弱大小コントロールするといった意味合いでも用いられる(例:どうするかは社長さじ加減で決まる)。

あん‐ばい【塩梅/×按排/×按配】

読み方:あんばい

[名](スル)《味の基本である塩と梅酢の意の「えんばい」と、物をぐあいよく並べる意の「按排」とが混同した語》

料理味加減。「—をまちがえて食べられたものではない」

物事のぐあい・ようす。「いい—にメンバーそろっている

身体のあい・ようす。「—が悪いので仕事を休む」

按排按配物事のぐあい・ようす・程合い考えて程よく並べととのえたり処理したりすること。「文化祭での出し物の順をうまく—する」

[補説] 24は「案配」とも書く。


えん‐ばい【塩梅】

読み方:えんばい

調味料の塩と梅酢(うめず)。

料理の味を調えること。味加減あんばい

連日竹葉(=酒)宴酔を勧め、—鼎味(ていみ)を調(ととの)ふ」〈吾妻鏡・三〉

臣下主君助けて政治仕事程よく処理すること。

「地に降下(あまくだ)っては—の臣となって群生利し給ふ」〈太平記一二


塩梅

読み方:アンバイ(anbai)

料理味加減


塩梅

読み方:エンバイ(enbai)

飲食物調味に使う塩と梅酢


塩梅

作者仁川高丸

収載図書枕ことば愛のムチ―恋のビタミン27
出版社光文社
刊行年月2001.10
シリーズ名光文社文庫


塩梅

読み方
塩梅あんばい
塩梅しおうめ

塩梅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 02:12 UTC 版)

塩梅(えんばい、あんばい)[1]


  1. ^ 塩梅(読み)あんばい コトバンク、2022年1月24日閲覧


「塩梅」の続きの解説一覧

塩梅(えんばい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 04:28 UTC 版)

雅楽」の記事における「塩梅(えんばい)」の解説

西洋音楽で言うところのメリスマ近似する音程徐々に移行する一種ポルタメントゆっくりと慎重に音程変更するところから、具合を測りつつ物事進めるさまを表す。

※この「塩梅(えんばい)」の解説は、「雅楽」の解説の一部です。
「塩梅(えんばい)」を含む「雅楽」の記事については、「雅楽」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「塩梅」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

塩梅

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 06:43 UTC 版)

名詞

(あんばい, えんばい)

  1. 料理味加減
  2. 物事身体具合調子

語源


「塩梅」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「塩梅」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||


塩梅のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



塩梅のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの塩梅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの雅楽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの塩梅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS