付加年金とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 財政 > 年金 > 付加年金の意味・解説 

付加年金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 15:40 UTC 版)

老齢年金」の記事における「付加年金」の解説

第1号被保険者任意加入被保険者は、国民年金毎月保険料全額納付した上で厚生労働大臣申し出て、月当り400円を増額して納付することができる。これを「付加保険料」といい、付加保険料納めたことによって、老齢基礎年金受給取得したときに併せて支給される年金を「付加年金」と呼ぶ。ただし第2号第3号被保険者保険料の免除を受けている者・特例任意加入被保険者付加保険料納付できない。また国民年金基金加入している者も付加保険料納付出来ない第1号被保険者のうち農業者年金被保険者については、希望有無に関わらず全て付加保険料納付する者となる。なお、付加保険料納付はいつでも厚生労働大臣申し出て辞退申出をした日の属す月の前分からすることができる。また付加保険料納期限までに納付しなかった場合2013年平成25年)度までは納付期限の日から付加保険料納付するではなくなり、督促されることもなく、また付加保険料追納できない扱いとなっていた。2014年平成26年)度からは法改正により国民年金保険と同様過去2年分まで納付できるようになっている付加保険料納付していた人は、200円×納付月数が付加年金として支給される第3号被保険者であっても旧法時代に付加保険料を納めていた者については支給される。付加年金は生涯付加される金額であり、概ね2年間付加年金を受給すれば、保険料400円の元は取れる。また付加年金は、改定率改定による年金額自動改定対象とされないマクロ経済スライド物価スライド特例措置適用されない)。 付加年金は老齢基礎年金セットで支給されるので、老齢基礎年金全額支給停止されている場合や、老齢基礎年金以外の年金遺族基礎年金障害基礎年金など)を受給する場合は付加年金も支給停止される。また脱退一時金寡婦年金受給する場合付加保険料納めていても加算はされないが、死亡一時金受給する場合36月以上付加保険料を納付していた場合限り8,500円加算される。付加年金においても支給の繰上げ繰下げ老齢基礎年金と同時に行え老齢基礎年金同率増額減額が行われるし、繰上、繰下とも申請後の取消し出来ない

※この「付加年金」の解説は、「老齢年金」の解説の一部です。
「付加年金」を含む「老齢年金」の記事については、「老齢年金」の概要を参照ください。


付加年金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 10:20 UTC 版)

国民年金」の記事における「付加年金」の解説

第1号被保険者としての保険料全額納付月においてさらに付加保険料(月額400円)を納付すれば、老齢基礎年金受給取得したときに年間200円(1月納付)から96,000円(480か月=40年納付)の範囲老齢基礎年金に付加されて年金額増える詳細老齢年金#付加年金を参照のこと。

※この「付加年金」の解説は、「国民年金」の解説の一部です。
「付加年金」を含む「国民年金」の記事については、「国民年金」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「付加年金」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「付加年金」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



付加年金と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「付加年金」の関連用語

付加年金のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



付加年金のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
厚生労働省厚生労働省
(C) 2022 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの老齢年金 (改訂履歴)、国民年金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS