上杉憲忠とは?

上杉憲忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/07 04:18 UTC 版)

上杉 憲忠(うえすぎ のりただ)は、室町時代中期の武士守護大名山内上杉家9代当主。関東管領。5代鎌倉公方足利成氏に謀殺されて、享徳の乱のきっかけとなる。




注釈

  1. ^ 上杉憲房の父。
  2. ^ 父・佐竹義人が山内上杉家出身。
  3. ^ 邸宅の主人が来訪者に害されるのを防ぐためであったが、反面嘉吉の乱のように来訪者が主人に殺害されるリスクもある。

出典

  1. ^ 田辺 1999, p. 112.
  2. ^ 黒田 2014, 「関東管領上杉氏の研究」「上杉清方の基礎的研究」.
  3. ^ 木下聡「山内上杉氏における官途と関東管領職の問題」、『日本歴史』第685号、2005年。/所収:黒田 2014
  4. ^ 田辺 1999, p. 115.
  5. ^ a b 田辺 1999, p. 141.
  6. ^ 田辺 1999, pp. 141-142.
  7. ^ 久保賢司「上杉憲忠の西御門御所参上をめぐって」、『古河歴史博物館紀要 泉石』第6号、2002年。/所収:黒田 2014
  8. ^ a b 田辺 1999, p. 142.


「上杉憲忠」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「上杉憲忠」の関連用語

上杉憲忠のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



上杉憲忠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上杉憲忠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS