鎮座とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 神道 > 鎮座 > 鎮座の意味・解説 

ちん‐ざ【鎮座】

[名](スル)

神霊一定の所にしずまっていること。「天照大神(あまてらすおおみかみ)の鎮座する社(やしろ)」

人や物がどっしりと場所を占めていることを、多少揶揄(やゆ)の気持ち込めていう語。「大きなテレビ床の間に鎮座している」


ちん‐ざ【鎮座】

〔名〕

神霊一定の所にしずまりとどまること。

観心寺文書承和四年(837)三月三日観心寺縁起実録帳案「式訪伝来鎮座之因由和尚帰船、凌万里浪之時、乳海上甘露溢潮中、凝奇異思、尋彼源流

② 転じて、どっかりとすわっていること。人や物がどっしりと場を占めていることをからかっていう。

浄瑠璃淀鯉出世滝徳(1709頃)下「ヤアさまいつからここに御ちんざ」


鎮座

読み方:ちんざ

神さま土地定めてお祭りすることや、神霊がその地に降立ち鎮まることです。神社創建同じく使われる言葉です。

鎮座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 04:43 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「鎮座」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「鎮座」を含むページの一覧/「鎮座」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「鎮座」が役に立つかも知れません。

関連項目



鎮座

出典:『Wiktionary』 (2018/04/06 08:23 UTC 版)

名詞

(ちんざ)

  1. 神霊一定場所鎮ま留まっていること。丁寧語では御鎮座ごちんざ
  2. 人や物がどっしりと場所を占めていることを、多少揶揄(やゆ)気持ち籠めていう

発音

ち↘んざ

由来

初出は『日本書紀(wp)』(「鎮」)で、和製漢語言語学森博達)。

動詞

活用

サ行変格活用
鎮座-する

関連語




鎮座と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鎮座」の関連用語

鎮座のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鎮座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
住吉大社住吉大社
Copyright (C) 2021 sumiyoshitaisha. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鎮座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鎮座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS