鎮座とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 神道 > 鎮座 > 鎮座の意味・解説 

ちん ざ [1] 【鎮座】

( 名 ) スル
神霊がある場所にしずまりとどまっていること。 「二柱の神が-する」
どっかりと場所を占めていること。からかっていう場合に用いる。 「顔の真ん中に-する大きな鼻」

鎮座

読み方:ちんざ

神さま土地定めてお祭りすることや、神霊がその地に降立ち鎮まることです。神社創建同じく使われる言葉です。

鎮座

出典:『Wiktionary』 (2018/04/06 08:23 UTC 版)

名詞

(ちんざ)

  1. 神霊一定場所鎮ま留まっていること。丁寧語では御鎮座ごちんざ
  2. 人や物がどっしりと場所を占めていることを、多少揶揄(やゆ)気持ち籠めていう

発音

ち↘んざ

由来

初出は『日本書紀(wp)』(「鎮」)で、和製漢語言語学森博達)。

動詞

活用

サ行変格活用
鎮座-する

関連語




鎮座と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鎮座」の関連用語

鎮座のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鎮座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
住吉大社住吉大社
Copyright (C) 2020 sumiyoshitaisha. All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鎮座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS