駿河半紙とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 半紙 > 駿河半紙の意味・解説 

するがばんし [4] 【駿河半紙】

近世駿河国から産出した半紙ミツマタ原料とし、茶褐色で弱い。

駿河半紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/08 04:01 UTC 版)

駿河半紙(するがはんし)は、三椏を用いた和紙駿河国で量産されたもの。主に興津川流域(現在の静岡県静岡市清水区)・芝川流域(富士宮市)が知られる。


  1. ^ a b c d e f g 川崎文昭、「駿遠豆の和紙生産と流通-主として駿河半紙について-」『静岡県の歴史と文化 第8号』、2005
  2. ^ 駿河国竹細工製ノ図・駿河半紙漉場ノ図(国文学研究資料館)
  3. ^ 清水市史第一巻、P715-718
  4. ^ 川崎文昭、「株仲間解散令と地域米穀市場」『近世国家の展開』、塙書房、1980年
  5. ^ 清水市史第一巻、P680
  6. ^ 第2回ライデンのシーボルトコレクションに関する日本調査(国立歴史民俗博物館)
  7. ^ 清水市史第一巻、P657
  8. ^ 駿河半紙、P119-120
  9. ^ 企画展「海・サト・山・マチの民間信仰」 (PDF)
  10. ^ 「第二節 毒荏と駿河半紙」『清水市史 中巻』
  11. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 22 静岡県』角川書店、1982年。ISBN 978-4-04001-220-9
  12. ^ 駿河半紙、P115-116
  13. ^ 清水市史第一巻、P658
  14. ^ 川崎文昭、「幕末・明治初期の和紙の生産と流通-藁科川および興津川流域諸村を中心として-」『静岡県の歴史と文化 第9号』、2006年
  15. ^ 紙のまちランキング(四国中央市HP)
  16. ^ 富士急行50年史編纂委員会、「駿河半紙の生産地」(P256-257)『富士山麓史』、富士急行株式会社、 1977年
  17. ^ 駿河半紙、P119-120


「駿河半紙」の続きの解説一覧



駿河半紙と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「駿河半紙」の関連用語

1
50% |||||

2
34% |||||

3
12% |||||


駿河半紙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



駿河半紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの駿河半紙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS