ターゲティングとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ターゲティングの意味・解説 

ターゲティング

別表記:ターゲッティング
英語:targeting

標的(ターゲット)にすること」を意味する英語の動名詞(または現在分詞)。マーケティング分野顧客層絞り込むことを指す語として用いられることが多い。

ターゲット

(ターゲティング から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 01:05 UTC 版)

ターゲット (Target) は、「標的」を意味する英語。商品マーケティング上の対象となる特定の購入者層や、テレビ番組で対象とする特定の視聴者層などをさしてこのように表現する場合もある。以下の名称などに使われている。




「ターゲット」の続きの解説一覧

ターゲティング(targeting、ターゲット選定)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/06 18:09 UTC 版)

STPマーケティング」の記事における「ターゲティング(targetingターゲット選定)」の解説

セグメント化した結果競争優位得られる可能性が高い自社参入すべき市場セグメント選定する選定には、複数セグメンテーション軸を組み合わせて行なうことが一般的である。その際にはターゲット経済的価値市場規模成長性)やニーズ分析することが重要である

※この「ターゲティング(targeting、ターゲット選定)」の解説は、「STPマーケティング」の解説の一部です。
「ターゲティング(targeting、ターゲット選定)」を含む「STPマーケティング」の記事については、「STPマーケティング」の概要を参照ください。


ターゲティング(Targeting)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 09:11 UTC 版)

アメリカンフットボールの反則」の記事における「ターゲティング(Targeting)」の解説

NCAA独自のルール故意に自身のヘルメット頂点から相手選手にぶつかる行為もしくは無防備な相手の首やヘルメット向かってぶつかる行為。 なおこの反則コールされ場合は必ずビデオ判定にて確認が行われる。 NFLは、「ターゲティング」という名称ではないが、不必要な暴行為として反則として扱われる。 項目内容罰則 15ヤード失格 タイミング ライブボール・ファウル 審判シグナル 片方の手で頭を叩く

※この「ターゲティング(Targeting)」の解説は、「アメリカンフットボールの反則」の解説の一部です。
「ターゲティング(Targeting)」を含む「アメリカンフットボールの反則」の記事については、「アメリカンフットボールの反則」の概要を参照ください。


ターゲティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 15:45 UTC 版)

NPO」の記事における「ターゲティング」の解説

細分化されたマーケットの中で、どのセグメント活動対象とするのか決定する

※この「ターゲティング」の解説は、「NPO」の解説の一部です。
「ターゲティング」を含む「NPO」の記事については、「NPO」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ターゲティング」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ターゲティング」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ターゲティング」の関連用語

ターゲティングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ターゲティングのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2023 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのターゲット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSTPマーケティング (改訂履歴)、アメリカンフットボールの反則 (改訂履歴)、NPO (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS