2038年問題とは?

にせんさんじゅうはちねん‐もんだい〔ニセンサンジフハチネン‐〕【二〇三八年問題】


2038年問題

読み方にせんさんじゅうはちねんもんだい
別名:西暦2038年問題コンピュータの2038年問題コンピュータの西暦2038年問題
【英】the year 2038 problem

2038年問題とは、UNIX環境運用されているシステムにおいて、西暦2038年1月時間計測の値がオーバーフロー起こし誤作動する可能性があるという問題のことである。

UNIX環境1970年1月1日0時0分0秒を時刻計算起点としており、32ビット符号付き整数経過秒数を計測することによって時刻計算している。こうした環境では累計で2の31乗秒、およそ21億秒を超えると、数値正しく扱えなくなって誤作動起こす可能性がある。1970年1月1日から累計21億秒後を迎えるのが、西暦2038年1月19日にであるとされている。

2004年に、KDDI国内通サービスにおいて通話料金一部過剰請求されていたこと判明したが、その原因は2038年問題によるものであると発表されている。問題発生したシステム0.5秒単位時刻計測するシステムで、2004年1月1970年から2038年までの期間のちょう半分にあたっていた。

企業活動のほかの用語一覧
コンピュータシステム:  1Uサーバー  2000年問題  2036年問題  2038年問題  5250  TSS  TCO

2038年問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/15 08:49 UTC 版)

2038年問題(にせんさんじゅうはちねんもんだい)は、2038年1月19日3時14分8秒(UTC、以下同様)を過ぎると、コンピュータが誤動作する可能性があるとされる年問題


注釈

  1. ^ 「ただし、うるう秒を無視して現在時刻から逆算した値を使用する」として運用されていることが専らである。
  2. ^ 時刻の場合、2038年1月19日3時14分7秒の次は、1901年12月13日20時45分52秒となる。
  3. ^ 計算機による計算においては、このような一見して何の変哲もない式によるバグは入力数値がある程度大きくならないと露呈しにくく、この問題に限らず普遍的なものであり、一般に注意を要する。
  4. ^ 9,223,372,036,854,775,807秒 ÷ (602 × 24 × 365.2425) ≒ 2.9228×1011年 ≒ 3000億年。これは太陽系の寿命よりもはるかに長い(太陽白色矮星化は西暦68億年ごろ)。

2038年出典



「2038年問題」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「2038年問題」の関連用語

2038年問題のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2038年問題のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ2038年問題の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの2038年問題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS