LAMPとは? わかりやすく解説

LAMP法

読み方:ランプほう
別名:LAMP
英語:Loop-Mediated Isothermal Amplification

日本の栄研化学開発した遺伝子の増幅法。広く用いられているポリメラーゼ連鎖反応法PCR法)よりも、簡易コストが低いとされている

LAMP法では、PCR法と同様に、増幅したい遺伝子プライマーDNA合成酵素基質などを混合した液体が用いられるが、増幅反応進行するメカニズム異なっている。PCR法では、温度一定時間ごとに変化させるために特殊な機器サーマルサイクラー)を必要とするが、LAMP法は65付近一定温度に保つだけで増幅を行うことができる。また、LAMP法では増幅反応進行すると副産物ピロリン酸マグネシウム大量生じ反応液が濁るため、電子泳動を行わずに目視迅速に成否判定できるという利点もある。

2013年現在、インフルエンザウイルス結核菌腸管出血性大腸菌マイコプラズマなど様々な病原体に対して、LAMP法の原理使用した迅速診断法が開発されている2013年12月には、北海道大学研究グループが、1検体あたり100円結核アフリカ睡眠病診断できるキット開発したと発表し、発展途上国での感染症対策効果期待できるとした。

関連サイト
LAMP法の原理 - 栄研化学
結核、アフリカ睡眠病の100円診断キットを開発 - 北海道大学

ラムプ【(オランダ)・(英)lamp】


ランプ【(オランダ)・(英)lamp】

西洋風灯火器の一種石油入れた器に火をともすをさし、周囲ガラス火屋(ほや)でおおったもの。江戸末期渡来

電灯。「テール—」

[補説] 「洋灯」とも書く。


LAMP ランプ

【同】 ランプ

フルオープンソース・ソフトウェアによるデータベース連動型のWebアプリケーション構築環境のこと。

OSとしてLinuxWebサーバーとしてApacheデータベースとしてMySQLスクリプト言語としてPHPを用いたシステムのことをいう。スクリプト言語として、他にPerl、またはPythonを指すこともある。また、データベースPostgreSQLを使う組み合わせ場合LAPPという。

LAMPはWebアプリケーション構築環境として、すべてオープンソースソフトウェア使用しているフリーであることからコスト抑えられ、またソースコード公開されているためにソフトウェア選択肢広がり柔軟構成ができる。低価格高安定性高柔軟性を満たしている構築環境といえる

関連用語


L‐AMP

分子式C21H18N7O9PS2
その他の名称:5'-Adenylic acid 2-(6-hydroxybenzothiazole-2-yl)thiazole-4-carboxylic anhydride、デヒドロルシフェリル-アデニラート、Dehydroluciferyl-adenylate、5'-O-[[2-(6-Hydroxybenzothiazole-2-yl)-4-thiazolyl]carbonyloxyphosphonyl]adenosine、2-(6-Hydroxybenzothiazole-2-yl)thiazole-4-carboxylic acid 5'-adenylyl ester、Dehydroluciferyl adenylate、デヒドロルシフェリルアデニラート、L-AMP
体系名:5'-アデニル酸2-(6-ヒドロキシベンゾチアゾール-2-イル)チアゾール-4-カルボン酸無水物、5'-O-[[2-(6-ヒドロキシベンゾチアゾール-2-イル)-4-チアゾリル]カルボニルオキシホスホニル]アデノシン、2-(6-ヒドロキシベンゾチアゾール-2-イル)チアゾール-4-カルボン酸5'-アデニリル


Lamp

名前 ランプ

ランプ

(LAMP から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 05:58 UTC 版)

ランプlampLAMPSramplumprumpらんぷRampou




「ランプ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「LAMP」の関連用語

LAMPのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



LAMPのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2022. All Rights Reserved.
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2022
PHPプロ!PHPプロ!
©COPYRIGHT ASIAL CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリLAMPの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのランプ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS