長徳の変とは? わかりやすく解説

長徳の変

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/19 17:18 UTC 版)

長徳の変(ちょうとくのへん)とは、長徳元年(995年4月10日藤原道隆の死後、弟の藤原道長内覧宣旨を得た後に起きた政変。道隆の一族、中関白家が排斥される結果となった。花山院闘乱事件(かざんいんとうらんじけん)とも。


  1. ^ 『小右記』長徳2年4月24日条
  2. ^ 『日本紀略』長徳2年10月10日条
  3. ^ 戸川点「軍記物語に見る死刑・梟首」『歴史評論』637号、2003年。/所収:戸川『平安時代の政治秩序』同成社、2018年、94-95頁。


「長徳の変」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「長徳の変」の関連用語

長徳の変のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



長徳の変のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの長徳の変 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS