承平・天慶の乱とは? わかりやすく解説

じょうへいてんぎょう‐の‐らん〔ジヨウヘイテンギヤウ‐〕【承平天慶の乱】


承平・天慶の乱

読み方:ジョウヘイテンギョウノラン(jouheitengyounoran)

10世紀前半平将門の乱藤原純友の乱並称


承平天慶の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 22:49 UTC 版)

承平天慶の乱(じょうへいてんぎょうのらん)は、平安時代中期のほぼ同時期に起きた、関東での平将門の乱(たいらのまさかどのらん)と瀬戸内海での藤原純友の乱(ふじわらのすみとものらん)の総称である。一般に承平天慶の両元号の期間に発生した事からこのように呼称されている。


注釈

  1. ^ 国香の子の貞盛に嫁いだとも。
  2. ^ 時ニ武蔵権守興世ノ王、竊カニ將門ニ議テ云ク、「案内ヲ検スルニ、一國ヲ討テリト雖モ公ノ責メ輕カラジ。同ジク坂東ヲ虜掠シテ、暫ク氣色ヲ聞カム。」者。
  3. ^ 海音寺潮五郎は著書『悪人列伝 古代篇』にて、これを将門の無知の証拠であると指摘している。

出典

  1. ^ 将門の負因は低気圧?
  2. ^ 三田武繁『鎌倉幕府体制成立史の研究』吉川弘文館、2007年、序章「一一八〇年代の内乱と鎌倉幕府体制の形成」。


「承平天慶の乱」の続きの解説一覧

承平天慶の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 00:09 UTC 版)

八幡神」の記事における「承平天慶の乱」の解説

天慶2年939年)の藤原純友平将門の乱(承平天慶の乱)では調伏石清水八幡宮祈願され、平定後に国家鎮護の神としての崇敬高まったそのため、石清水八幡宮への天皇上皇行幸御幸は、円融天皇以来240回にも及んだ

※この「承平天慶の乱」の解説は、「八幡神」の解説の一部です。
「承平天慶の乱」を含む「八幡神」の記事については、「八幡神」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「承平・天慶の乱」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



承平・天慶の乱と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

承平・天慶の乱のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



承平・天慶の乱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの承平天慶の乱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの八幡神 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS