スカンディナヴィア山脈とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 地域・地名 > 地形・地勢 > 山岳 > ヨーロッパの山地 > スカンディナヴィア山脈の意味・解説 

スカンディナヴィア山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/24 08:56 UTC 版)

スカンディナヴィア山脈(スカンディナヴィアさんみゃく)は、スカンディナヴィア半島を縦貫する山脈であり、スウェーデンノルウェー、一部がフィンランドの領土を走る。高緯度に位置するため万年雪氷河地形が非常に多い。また山脈は西の海岸部のすぐ近くまで迫っており、その海岸はフィヨルドが発達している。山脈は南に下るほど発達しており、ノルウェー南部のヨトゥンヘイム山地がもっとも険しい。山脈最高峰ガルフピッゲン山 (2470m) 、グリッテルティン山 (2470m)は高原の中央部に並ぶ。ノルウェーの最高峰でもある。スウェーデンの最高峰は、北部のケブネカイセ山(2103m)及びサーレヨック山(2090m)であるが、この地域はラポニア地域に含まれ、世界遺産スウェーデンの世界遺産)にも登録されている。




「スカンディナヴィア山脈」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スカンディナヴィア山脈」の関連用語

スカンディナヴィア山脈のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スカンディナヴィア山脈のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスカンディナヴィア山脈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS