毒矢とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 武具 > > 毒矢の意味・解説 

どく や [2][0]毒矢

やじりに毒を塗った矢。毒箭どくせん)。

毒矢

作者小杉健治

収載図書見切り―栄次郎江戸暦 3
出版社二見書房
刊行年月2008.9
シリーズ名二見時代小説文庫


毒矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/07 22:39 UTC 版)

毒矢(どくや)は、鏃(やじり)に様々な種類の毒素を塗りつけ、殺傷力を高めたの総称。弓矢を基本とするが、吹き矢などの射撃・投擲武器にも、毒を塗り使用する場合がある。また、これらの武器に塗布して使用される毒素は矢毒(やどく)と総称される。


  1. ^ 石川、12頁。
  2. ^ 石川、12頁。
  3. ^ 吉田、76頁。
  4. ^ 古事記』中巻。
  5. ^ 間瀬智代「『古事記』中巻「痛矢串」の訓釈」(『中京大学文学部紀要』32[国文学科特集号])、中京大学学術研究会、1997年。
  6. ^ 武田祐吉『古事記の精神と釈義』、旺文社、1943年。
  7. ^ 石川、23頁。
  8. ^ 石川、20頁。
  9. ^ 植松、58頁。
  10. ^ 石川、20頁。
  11. ^ 石川、27頁。
  12. ^ 石川、14頁。
  13. ^ このスルクを鏃腹部にあるくぼみ、毒窩(アイヌ語で「ルムチップ」、「ルム」は鏃の意)に塗りつけ、松脂で張り付ける。参考・近藤敏 『弓矢という道具の矢 ―考古学遺物資料と民族資料及び民俗工芸の紹介―』 2002年
  14. ^ 石川、24頁。
  15. ^ 『養老律』巻七「賊盗律」に、「鴆毒・冶葛・烏頭附子の類、以て人を殺すに堪ふる者を以て…」と毒薬についての規定があり、毒薬による殺人を行った者、また毒薬として販売した者はとある。毒薬を売買し、使用する前に露見した場合は近流。ただし、「毒薬と雖も以て病を療すべし」ともあり、薬として販売したものが暗殺に悪用された場合は、販売者の罪は問わないものとした。
  16. ^ アンチアリス・トクシカリアは樹液のために材そのものも悪臭を放つが、乾燥させれば匂いは消え、利用が可能となる。またマレーシアにはこの木から名を採ったイポー市という街がある。
  17. ^ 石川、75頁。
  18. ^ 石川、144頁。
  19. ^ スタンリー『暗黒大陸を往く』。
  20. ^ 石川、177頁。


「毒矢」の続きの解説一覧



毒矢と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「毒矢」の関連用語

毒矢のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



毒矢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの毒矢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS