植物標本館とは? わかりやすく解説

ハーバリウム

(植物標本館 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 01:28 UTC 版)

ハーバリウム(herbarium)は、植物学において保存された植物標本の集積(植物標本集)を指す言葉である。こうした標本になっているのは、植物の個体全体または部分である。これらは乾燥処理が施され台紙に貼り付けられたもの(押し葉標本)が通例であるが、素材によってはアルコールや他の防腐剤に浸して保存されるもの(液浸標本)もある。




「ハーバリウム」の続きの解説一覧

植物標本館(BEL)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 14:46 UTC 版)

アルスター博物館」の記事における「植物標本館(BEL)」の解説

当館植物標本BEL)の基盤となる標本類は主に4つ起源があり、ベルファスト自然史協会英語版)(1821年設立)、1863年設立ベルファスト自然史野外活動会(Belfast Naturalists'Field Club)、ベルファスト美術博物館1905年設立)の旧蔵品に加えて1968年クイーンズ大学植物学部の植物標本館(BFT)から買い取った蒐集品構成され総点数は10万点超。1830年以前アイルランド植物相に関する資料はほとんど収蔵しないものの北アイルランド標本はよく網羅され世界各地収集した標本寄贈交換購入によって得たもので、藻類地衣類菌類コケシダ植物針葉樹から被子植物まで、植物界すべての類が揃う 。 当館最古の標本藻類であり、1798年ジョン・テンプルトン採取したBatrachospermum moniliforme (BEL:F41)のほか、標本番号BEL:F42-F47の資料1815年ドニゴール県の「沼地」でやはりテンプルトン採取し収蔵時に誤ってThorea ramoissimaと識別され1841年ハーベイ初め公表した

※この「植物標本館(BEL)」の解説は、「アルスター博物館」の解説の一部です。
「植物標本館(BEL)」を含む「アルスター博物館」の記事については、「アルスター博物館」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「植物標本館」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「植物標本館」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

植物標本館のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



植物標本館のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハーバリウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアルスター博物館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS