ロイヤルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ロイヤルの意味・解説 

loyal

別表記:ロイヤル

「loyal」とは、忠誠忠義誠実などのように何かに対して義理堅い様子真心込めてつとめることなどを意味する英語表現である。

「loyal」とは・「loyal」の意味

「loyal」とは、「忠実な」や「義理堅い」、「誠実な」などといった意味を持つ英語の形容詞である。人や行為を修飾することで、その人性質や行為に込められ気持ちに「忠実さ」や「誠実さ」があることを示す。また、「loyal to+名詞」という叙述的用法存在し、「~に対して忠実である」、「~に対して誠実である」といった意味となる。

「loyal」の発音・読み方

「loyal」の発音は、カタカナ表記すると「ロイァル」となる。アクセントは「ロ」に置く。「ァ」の部分直前の「イ」から微妙に口の形を「ア」の形に変化させつつさり気なく発音するのがポイントとなる。また、人によっては「ァ」すら発音せず、より「ロイル」に近い発音になるケース存在する

「loyal」の語源・由来

「loyal」の語源は、ラテン語で「法律」や「ルール」を意味するlex」に「~の」を意味する接尾辞「-alis」が付与され単語「legalis」である。ここから法律遵守すること」という意味を持つようになり、やがて古期フランス語へと発展していく過程で「loial」と語形変化起こした。「法律遵守すること」から、「法に忠実であること」となり、法のみならず様々な人や物事に対して忠実な」「誠実な」という意味で用いられるようになったのである。英語へと伝わる際に現在の「loyal」という形に変化した考えられる

ちなみに語源同じくする英単語には「legal」(合法の、法律の)や、「law」(法律)などがある。発端は「法」であるが、それを遵守することから「忠実な」という意味になった考えると覚えやすい。このことから、「legal」や「law」と関連付け覚えることも不可能ではない。

「loyal」の類語

「loyal」の類語は、「忠義の」という意味を持つ「patriotic」が挙げられる。ただし、「patriotic」のニュアンスは「loyal」と比べる極めて限定的で、「国に対す忠誠心が高い」、即ち「愛国的な」や「愛国心の高い」といった意味合いとなる。忠誠対象が国や政府という点に限って、「loyal」と同じ意味合いになると言えるだろう。

友情誓い物事への執着に関して気持ち揺るがない」というニュアンス考えた場合は、「しっかりした」という意味の「fast」や「firm」、「誠実な」という意味を持つ「truehearted」が類語となる。「fast friend」で「親友」や「忠実なる友」、「truehearted servant」で「忠誠心の高い下僕」といったように固い友情義理堅さ表現する上では「loyal」と並んで使われることが多い単語と言えよう。

「loyal」の対義語

「loyal」の対義語としては、打ち消し接頭辞dis-」を付与して不義な」「不誠実な」という意味となる「disloyal」がまず挙げられる名詞動詞修飾する使い方も「loyal」と共通である。他にも、「信義のない」を意味するfaithless」や、「あてにならない」「裏切りの」などの意味を持つ「treacherous」が対義語として使われやすい単語と言えるだろう。

「loyal」と「royal」の違いと覚え方

「loyal」と発音がほぼ一緒で、綴り似ている単語には「royal」がある。最大違いは意味で、「国王の」や「王立の」、「高貴な」などの意味を持つ。loyalが「法」、royal「王」それぞれ語源持っていることに注目する覚え方であれば関連語句セット把握することが可能である。

「loyal」の活用変化一覧

loyalは形容詞であるため、比較級と最上級活用変化するとは言え、「loyal」そのもの語形変化起こすことはなく、比較級場合は「more」、最上級場合は「most」を付与する形でそれぞれ表現する。即ち、比較級は「more loyal」、最上級は「most loyal」となる。

「loyal」を含む英熟語・英語表現

「be loyal」とは


be loyal」は、loyalの叙述的用法表現であり、先述たようにもっぱらbe loyal to~.」という形で用いられている。「~に忠実である」「~に対して誠実である」という意味で、to以降には物事人物を表す表現が入る。

「loyal」に関連する用語の解説

「loyal love」とは


「loyal love」は、「誠実な愛」を意味する熟語である。2002年生まれたアメリカ競走馬の名前でもある。牝馬であり、血統遡るケンタッキーダービー優勝したNorthern Dancer行き着く競走成績は2戦1勝で、引退後繁殖牝馬として2頭の競走馬産んだ

「royal」の語源とは


royal」の語源は、ラテン語「王」意味するrex」に、接尾辞「-alis」を加えた「regalis」(王の)という単語由来している。同じくrex」を由来とする英単語には、「rule」(規則支配)や「reign」(統治治世)などが存在する

「loyal」の使い方・例文

「loyal」は、「John is Kevin's loyal friend.」(ジョンケビン忠実な友人である)のように、名詞修飾して忠実な~」という意味を持たせるまた、叙述的用法では「He is loyal to his country.」(彼は自分の国に忠を尽くす)のように、日本語訳すると「忠実である」「忠を尽くす」といったように動詞のような訳し方をすることが可能である。

royal

別表記:ロイヤル、ロイアル

「royal」とは、国王の・高貴なということ意味する英語表現である。

「royal」とは・「royal」の意味

「royal」とは、主に形容詞として使われ、人の立場物の所属国王の、王家の、王室のという意味である。王族としてふさわしい、王者らしいという態度を指すこともある。また、王室関係者では無い人の風格性格気高い高貴なという意味もある。名詞として使われる場合は、口語表現王家の人、王族のことを指す。その他、帆船甲板立てられたロイヤル・マストの帆を略して「royal」と呼ぶこともある。

「royal」の発音・読み方

「royal」の発音記号は「rˈɔɪ(ə)l」であり、カタカナ読みでは「ロイアル」の発音が近い。

「royal」の比較級・最上級

「royal」の比較級は「more royal」、最上級は「most royal」である。

「royal」の語源・由来

「royal」の語源は、ラテン語で王の、王室のという意味の「regalis」である。

「royal」と「royale」と「loyal」の違い

「royal」「royale」「loyal」の三つスペル似た単語であるが、それぞれ意味や用法異なる。はじめに「royal」は、国王王族本人や、国王王家所有する物品を指す。次にroyale」はクラシックバレエステップ一つであるロワイヤルを指す。最後にloyal」は、国王主君に対して忠実な誠実なという意味があるまた、考えや行動が義理堅い誠意あるという意味で使われることもある。

「royal」を含む英熟語・英語表現

「battle royal」とは


battle royal」とは、リングの上複数対戦者が同時に戦うプロレスをはじめとした格闘技試合形式一つである。一般的にバトルロワイヤルの名称で広く通用している。「battle royal」の形式採用される試合では、それぞれの対戦者はグループを組まず、自分以外の対戦者すべてが敵として扱われる

「royal blend」とは


「royal blend」とは、紅茶コーヒー特製ブレンドのことである。茶葉コーヒー豆種類など明確な定義は無い。一般にイギリス広く親しまれているインド産とセイロン産の茶葉混ぜたものを指す。本来の意味王室使用される高級品のことである。

「royal ceremony」とは


「royal ceremony」とは、王室式典王室儀式という意味である。

「royal coat of arms」とは


「royal coat of arms」とは、王室の紋章王家の印という意味である。

「royal event」とは


「royal event」とは、王室イベント王家年中行事王族公務という意味である。

「royal flush」とは


royal flush」とは、トランプポーカーなどのテーブルゲームの役のことである。

「royal」の使い方・例文

「royal」の使い方
「royal」は、文章では主に名詞前に置かれ王室の~、王族の~、国王のという意味で使われる一方、特にイギリスをはじめ国王のいる国においては会話の中で「royal」一語王室王族そのもの表わすことが多い。

「royal」の例文
The tableware of that famous manufacturer is still used by European royal families, and its brand value is high worldwide.
あの有名なメーカー食器類は現在でもヨーロッパ王室使用されていることもあり、世界的にブランド価値が高い。
Security in the royal family is very strict, and the public is usually not allowed to approach, but there are some events where you can watch from a certain distance.
王室警備は大変厳しく国民普段近づくことは許されないが、数ある行事中には一定の距離を取って観覧できるものもある。
During the French absolute monarchy, the royal decrees often put pressure on the rights and livelihoods of the people.
フランス絶対王政の時代においては国王命令により、しばしば国民の権利や生活が圧迫されることがあった。

The legitimacy of the royal family is not absolute and solid in any era, and it may change depending on the consciousness of the people of each era.
王室正当性はいつの時代絶対的かつ強固なものではなくそれぞれの時代国民意識によって変化することがある
He is a die-hard royal fan, and even memorizes the names of famous overseas royals.
彼は根っから王室ファンと言うこともあって、海外の名の知れた王族の名前も暗記している。
Royal weddings are treated as one of the world's largest events, and many members of the royal family, politicians, and celebrities participate.
ロイヤルウエディング世界的なイベント一つとして扱われ多く皇族政治家著名人参加をする。
The discontinuation of the royal lineage not only affects the country's political system, but can also have a major impact on the survival of the country itself.
王家血統断絶は、その国の政治体制だけではなく、国自体存続大きな影響与えることもある。

ロイヤル【royal】

読み方:ろいやる

《「ローヤル」とも》多く複合語の形で用い、王の、王室の、また高貴な、などの意を表す。


ロイヤル

名前 RoyallRoyal

ロイヤル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/15 14:57 UTC 版)

ロイヤルロイアルローヤル (loyal, royal, Royall)




「ロイヤル」の続きの解説一覧

ロイヤル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 07:47 UTC 版)

トワイライトエクスプレス」の記事における「ロイヤル」の解説

1号車2号車に4室ずつ設置され1人用個室ベッドセミダブル仕様で、オプション2人での利用も可能であったこの他シャワー室洗面台トイレビデオモニター液晶テレビクローゼットなどを備えていた。発車直後ウェルカムドリンクが、翌朝には新聞朝刊コーヒーまたは紅茶が、それぞれサービスされた。同名個室は「北斗星」にも存在するが、ソファーベッド電動式になっているという違いがあった。

※この「ロイヤル」の解説は、「トワイライトエクスプレス」の解説の一部です。
「ロイヤル」を含む「トワイライトエクスプレス」の記事については、「トワイライトエクスプレス」の概要を参照ください。


ロイヤル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 04:44 UTC 版)

北斗星 (列車)」の記事における「ロイヤル」の解説

列車最高級室であり、3・4・910号車に2部屋ずつ設置された1名用個室補助ベッドで2名用のダブルベッドとして利用することも可能であった個室内に専用シャワーブースシャワー温水延べ20分間使用可能。アメニティセット付)、トイレ洗面台ドライヤービデオ放送モニターなどが完備されており、ソフト面でも、乗車時ウェルカムドリンクモーニングコーヒー朝刊サービスのほか、食堂車直結インターホンルームサービス受けられた。1室当たりの寝台料金17,670円(補助ベッド利用時は9,810円を加算)。

※この「ロイヤル」の解説は、「北斗星 (列車)」の解説の一部です。
「ロイヤル」を含む「北斗星 (列車)」の記事については、「北斗星 (列車)」の概要を参照ください。


ロイヤル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 07:12 UTC 版)

オーストラリア・ドル」の記事における「ロイヤル」の解説

それに先立つ1965年当時首相ロバート・メンジーズは、通貨の名称(通貨単位)を「The Royal (ロイヤル)」にしたいと望んでいた。この他様々な名称案が上がっていたが、ロバート・メンジーズ影響によりThe Royal落ち着きオーストラリア準備銀行の下で印刷される準備入った。しかしこの名称は不評を買い、後にドル名付けられることとなった

※この「ロイヤル」の解説は、「オーストラリア・ドル」の解説の一部です。
「ロイヤル」を含む「オーストラリア・ドル」の記事については、「オーストラリア・ドル」の概要を参照ください。


ロイヤル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 19:00 UTC 版)

エバー・アフター・ハイ」の記事における「ロイヤル」の解説

アップル・ホワイト 白雪姫娘。明るブロンドの髪、ライトシアンの瞳、白い肌、血のように赤い唇。華やかで活発、生まれつきリーダー体質優等生一度歌うと小鳥小動物たちが集まるプリンセス生徒教員共に大変な人気者レイヴンが悪の女王自分が母から白雪姫役割引き継ぐことが幸せ未来責任だと信じている。しかし、レガシー・デーの一件から少しずつ考え方変える王子デアリング・チャーミングとは校内公認互いに認め合うベストカップル。レイヴン・クイーンとは同室親友ブライア・ビューティーブロンディ・ロックスアシュリン・エラ シンデレラ娘。赤みがかったブロンドの髪、エメラルドグリーンの瞳が特徴自然と動物愛す穏やかな性格洋服などのデザインが得意。また、猟師息子ハンター・ハンツマンとは密かな恋人同士学校近くブックエンド実家経営しているらしいブランド靴店の手伝いもしている。同室ブライア・ビューティー親友はファラー・ゴットフェアリーとクリスタル・ウィンター。 ダッチェス・スワン白鳥の湖』に登場する白鳥の女王娘。日頃からトゥシューズを履き、バレエを舞うような動作特徴的性格少々高飛車陰謀好き。自身物語の結末悲劇的なため、ハッピーエンド迎え物語生徒ちょっかいをかけることがあるバレエ上手いが、歌はあまり得意ではない。自分意思黒鳥に姿を変える事ができる。眠れる森の美女の悪の妖精のフェイベル・ソーンと友人デアリング・チャーミングシンデレラ』のプリンス・チャーミング長じてキング・チャーミングになった後の息子金髪青い瞳王冠特徴スポーツ全般が得意で甘いマスクから女子生徒大人気アップル同様、学内リーダー存在自己陶酔多少軽薄な性格ヘタれなお調子者頼まれる断れないお人好し一面がある。自分毒林檎眠ったアップルを救う王子だと信じている。 デクスター・チャーミング デアリングの弟でダーリンとは双子の兄。茶色短髪眼鏡王冠特徴。穏やかで落ち着いた性格好青年。兄のデアリングとは対照的なあまり目立たずあがり症自分コンプレックスを抱く。周りから浮きがちなレイヴンを気にかけ、片想い中。眼鏡を外すと印象ガラリと変わるタイプ隠れファン少なからずいる。 ブライア・ビューティー 眠れる森の美女娘。ピンクかかった茶色の髪と瞳が特徴アップル・ホワイト一番の友人イベント好きなパーティーガール。常にピンクサングラスを髪に着用し気がつく授業中でも呪い眠っている時にアイマスクのように使用している。一方急なテスト前日慌て友人らに勉強教えられるほど自力学習をする努力家一面がある。当初100年眠りにつく日が来るならその分、今を楽しもう楽観的に考えていたが、実感が湧くにつれて友人離れて100年後には1人になってしまう運命恐れるようになるロザベラ・ビューティーはいとこブロンディ・ロックス 童話3びきのくま』に登場する女の子ゴルディロックス娘。長い金髪リボンでまとめた髪に青い瞳特徴放送部アナウンサー務め好奇心旺盛で噂とおしゃべりが大好きで、自分にとっての『丁度いい!』を探すことに強いこだわりを持つ。ヘアピンでどんな物や場所の鍵でも開けられる特技がある。また、事件発生する毎に火災ドラゴン空中戦氷雪のなかで自ら現場で報道するジャーナリスト精神本物

※この「ロイヤル」の解説は、「エバー・アフター・ハイ」の解説の一部です。
「ロイヤル」を含む「エバー・アフター・ハイ」の記事については、「エバー・アフター・ハイ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ロイヤル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ロイヤル

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 12:10 UTC 版)

語源

英語 royal

造語成分・形容動詞

  1. 王室の。
  2. 高貴

関連語


「ロイヤル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロイヤル」の関連用語

ロイヤルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロイヤルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロイヤル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトワイライトエクスプレス (改訂履歴)、北斗星 (列車) (改訂履歴)、オーストラリア・ドル (改訂履歴)、エバー・アフター・ハイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのロイヤル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS