自己陶酔とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 自己陶酔の意味・解説 

自己陶酔

読み方:じことうすい

自分行動容姿うっとりして酔いしれること。

ナルシシズム

(自己陶酔 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/13 15:51 UTC 版)

ナルシシズム: Narzissmus: ναρκισσισμός: narcissism)あるいは自己愛とは、自己を愛し、自己を性的な対象とみなす状態を言う[1]。転じて「自己陶酔」「うぬぼれ」といった意味で使われることもある[1]。語源はギリシャ神話に登場する美少年ナルキッソスが水面に映る自らの姿に恋をしたというエピソードに由来している。ナルシシズムを呈する人をナルシシスト(: narcissist)と言うが、日本においてはナルシスト: narcist)という言葉で浸透している。




  1. ^ a b 広辞苑 第六版「ナルシシズム」
  2. ^ Horton, R. S.; Bleau, G.; Drwecki, B. (2006年). “Parenting Narcissus: What Are the Links Between Parenting and Narcissism?”. Journal of Personality 74 (2): 345–76. doi:10.1111/j.1467-6494.2006.00378.x. http://persweb.wabash.edu/facstaff/hortonr/pubs/Horton%20et%20al.%20(2006).pdf.  See p. 347.
  3. ^ Hotchkiss, Sandy & Masterson, James F. Why Is It Always About You?: The Seven Deadly Sins of Narcissism (2003)
  4. ^ primary narcissism
  5. ^ : narcissistic defences
  6. ^ Shaw J.A. (1999.) Sexual Aggression, American Psychiatric Publishing, pp. 28–29.
  7. ^ Gerald Alper, Self Defence in a Narcissistic World (2003) p. 10
  8. ^ Patrick Casement, Further Learning from the Patient (1990) p. 132
  9. ^ : co-narcissists
  10. ^ Rappoport, Alan, Ph. D.Co-Narcissism: How We Adapt to Narcissistic Parents. The Therapist, 2005.
  11. ^ : collective narcissism
  12. ^ : group narcissism
  13. ^ Golec de Zavala, A,Cichocka, A., Eidelson, R., & Jayawickreme, N. "Collective narcissism and its social consequences" Journal of Personality and Social Psychology 97.6 (2009): 1074-1096. Psyc articles. EBSCO. Web. 26 Mar. 2011.


「ナルシシズム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自己陶酔」の関連用語

自己陶酔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自己陶酔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナルシシズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS