lexとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > 拡張子辞典 > lexの意味・解説 

.lex

読み方レックス

.lexとは、GNUプロジェクトによって開発されている字句解析プログラムである「Flex」のソースファイルに付く拡張子のことである。


【ストレーキ】(すとれーき)

Leading Edge eXtension(LEX).
航空機胴体機首側面設けられた張り出しのこと。
高い迎え角をとった時、ここから渦流発生させることにより、主翼失速遅らせる働きを得る。
また、この渦流垂直尾翼にも影響して、迎え角が高い状態での方向安定性高め効果もある。
F/A-18F-16採用された形状として有名。

AV-8B 等では LERX (Leading Edge Root eXtension) と呼ばれる小型のストレーキが採用されている。


Lex

名前 レックス

lex

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/01/01 09:34 UTC 版)

lex(レック、レックス)はレキシカルアナライザ(字句解析プログラム、字句解析器)を生成するプログラムである。パーサジェネレータyaccとともに使用されることが多い。lexはエリック・シュミットとマイク・レスクによって書かれunixにおける標準のレキシカルアナライザとなっており、POSIX標準ともなっている。lexと同等の機能を有し性能が改善されているflexがある。




「lex」の続きの解説一覧

Lex

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/02 08:46 UTC 版)

Lex(レック、レックス)はレキシカルアナライザ(字句解析プログラム、字句解析器)を生成するプログラムである。コンパイラの作成のためにパーサジェネレータyaccとともに使用されることも多い。Lexはエリック・シュミットとマイク・レスクによって書かれunixにおける標準のレキシカルアナライザとなっており、POSIX標準ともなっている。Lexと同等の機能を有し性能が改善されているFlex(英語版)がある[1]


  1. ^ Flex The Lexical Scanner Generator - G. T. Nicol(日本語訳)
  2. ^ POSIX 1003.1-2008 - IEEE(有料)
  3. ^ Theory of Compilation -- JLex, CUP tools --(PDF) - by Haifa Univ. Bilal Saleh


「Lex」の続きの解説一覧

LEX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/07/03 17:21 UTC 版)

LEX



LE-9

(lex から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 08:44 UTC 版)

LE-9は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が三菱重工業IHIと共に開発中のH3ロケットの第1段用液体燃料ロケットエンジン。燃料に液体水素、酸化剤に液体酸素を使用し、H3ではペイロードの重量や投入軌道に合わせてLE-9を2基又は3基にクラスター化して用いる[1]。「キー技術関連事業者」として三菱重工業がエンジンシステムを、IHIがターボポンプの開発を担当している[2]




注釈

  1. ^ MB-XX実証エンジンの燃焼器と液体酸素ターボポンプは三菱重工、液体水素ターボポンプはプラット・アンド・ホイットニー・ロケットダインが担当した。ロケット用上段エンジンMB-XXの実証エンジン燃焼試験に成功” (2005年9月16日). 2016年5月29日閲覧。[リンク切れ]

出典

  1. ^ H3ロケットの開発状況について (PDF)”. 文部科学省 宇宙開発利用部会 (2016年2月2日). 2016年2月24日閲覧。
  2. ^ a b 2020年:H3ロケットの目指す姿 (PDF)”. JAXA (2015年7月8日). 2016年2月24日閲覧。
  3. ^ JAXA's No.062 (PDF)”. JAXA (2015年10月). 2018年10月22日閲覧。
  4. ^ 鳥嶋真也 (2020年9月24日). “H3ロケット開発を襲った“魔物”とは?、エンジンに見つかった技術的課題 1/2”. マイナビニュース. https://news.mynavi.jp/article/20200924-1332582/ 
  5. ^ “魔物”のロケットエンジン、LE-9開発に挑む H3プロジェクトマネージャー、JAXAの岡田匡史氏に聞く(その2)”. 日経BP社 (2015年10月5日). 2016年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月24日閲覧。
  6. ^ 三菱重工|MB-XX”. 2016年2月24日閲覧。
  7. ^ 姿を現した次世代の大型ロケットエンジン「LE-9」 第2回 2020年の打ち上げに向けたスケジュール”. マイナビニュース (2017年11月27日). 2019年12月25日閲覧。
  8. ^ a b 宇宙航空研究開発機構,宇宙輸送ミッション本部,LE-X(国立国会図書館アーカイブ)”. 2016年2月24日閲覧。
  9. ^ a b 三菱重工技報,第48巻第4号「LE-Xエンジン開発へ向けた取り組み」 (PDF)”. 2016年2月24日閲覧。
  10. ^ IHI技報,第49巻第3号「LE-Xエンジン用ターボポンプの研究」 (PDF)”. 2016年2月24日閲覧。
  11. ^ 三菱重工技報,第55巻第2号「H3 ロケット1段用LE-9 エンジンの燃焼安定性予測技術及び対策技術開発」 (PDF)”. 三菱重工 (2018年). 2019年11月30日閲覧。
  12. ^ H3ロケットの開発状況について (PDF)”. JAXA (2019年12月10日). 2020年3月26日閲覧。
  13. ^ (日本語) 2020年2月13日に行われたH3ロケットの大型エンジン「LE-9」3基による燃焼試験(BFT)の様子 (C)JAXA, https://www.youtube.com/watch?v=aq-S5DzVKbc 2020年3月26日閲覧。 
  14. ^ 第8回 第1段厚肉タンクステージ燃焼試験結果|H3|ロケット|JAXA 第一宇宙技術部門 ロケットナビゲーター”. www.rocket.jaxa.jp. 2020年3月26日閲覧。
  15. ^ “LE-9エンジン×3基の燃焼試験が初公開、H3ロケットのBFTは全て無事に完了!”. マイナビニュース. (2020年2月19日). https://news.mynavi.jp/article/20200219-977534/ 
  16. ^ (日本語) 【録画】LE-9エンジンの開発状況について, https://www.youtube.com/watch?v=_fz5MB1X0TE 2021年4月17日閲覧。 
  17. ^ 日本放送協会. “日本の主力ロケットH3 打ち上げ1年延期し来年度に JAXA”. NHKニュース. 2020年9月11日閲覧。
  18. ^ JAXA、H3ロケットの開発計画を見直し - LE-9エンジンに技術的課題を確認”. マイナビニュース. 2020年9月14日閲覧。
  19. ^ “H3ロケット開発を襲った“魔物”とは?、エンジンに見つかった技術的課題 2/2”. マイナビニュース. (2020年9月24日). https://news.mynavi.jp/article/20200924-1332582/2 
  20. ^ H3ロケット基本設計結果について (PDF)”. JAXA (2016年6月14日). 2016年6月21日閲覧。


「LE-9」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「lex」の関連用語

lexのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



lexのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.lexの記事を利用しております。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのlex (改訂履歴)、Lex (改訂履歴)、LEX (改訂履歴)、LE-9 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS