チョッパー・ベースとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 音楽用語 > チョッパー・ベースの意味・解説 

チョッパー・ベース[slapping]

主に親指人差し指使用した、エレクトリック・ベース特殊奏法のひとつ。右手ヒッチハイクをする時のような形にし、親指でうちわを扇ぐように弦を強く叩き人差し指で弦を引っ張るようにはじいて、その組み合わせパーカッシブサウンドをだす。どちらも弾いた後に弦がフィンガー・ボードに当たる音を含んでいるため、瞬間的アタック利いサウンドが得られる。この奏法は、ファンクソウル始めフュージョンなど幅広いジャンル使用されるが、最初ラリー・グラハム広め奏法だ。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チョッパー・ベース」の関連用語

チョッパー・ベースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



チョッパー・ベースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2021 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス

©2021 GRAS Group, Inc.RSS