オルタネート・ピッキングとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 音楽用語 > オルタネート・ピッキングの意味・解説 

オルタネート・ピッキング[alternate picking]

指やピック使用して弦を弾くこと。演奏スタイルによっていろいろな奏法がある。(1)クロス・ピッキング:速いテンポ複数の弦をまたいで(クロスして)弾く奏法(2)オルタネート・ピッキング:コード弾き単音弾き、弦移動などに関係なく一定にダウン・ピッキングとアップ・ピッキングを繰り返方法。音を出さない部分やのばす部分でも空ピック利用してピッキングを行うため、ダウンアップ一定繰り返しには変化は無い。(3)2フィンガー・ピッキング/3フィンガー・ピッキング:前者親指人差し指使いアルペジオオクターブ奏法に適している。後者は2フィンガー中指加え奏法。こちらもアルペジオに適している。いずれも親指ベース音を弾き、他の指で高音弦を弾くというパターン一般的(4)その他にクラシック・ギターのように右手全ての指を使う奏法フラメンコ・ギターのように掌をにぎった状態から指を順番強く開くようにして弾くスタイルなど様々なピッキングがある。(5)ベース・ギターでは、上記の他に2フィンガー奏法チョッパー・ベース奏法などがある。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オルタネート・ピッキング」の関連用語

オルタネート・ピッキングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オルタネート・ピッキングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2021 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス

©2021 GRAS Group, Inc.RSS