黒水晶とは?

くろ ずいしょう -ずいしやう [3] 【黒水晶】

黒色をした水晶放射線影響によって着色したもの考えられている。

黒水晶(Morion)

黒水晶
Monte Rosso,Reggio Emilia,Italy
SiO2 画像の幅約2cm

苦灰石大理石中に小さな黒い水晶が入っています。
ハーキマーダイアモンドの黒色版のような結晶形ですが、透明感輝きが無いのが特徴です。
黒色原因天然放射能では無く別の原因考えられています。

黒水晶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/18 00:13 UTC 版)

黒水晶』(くろずいしょう)は、1918年(大正7年)に発表された渡辺霞亭による日本小説であり、同作を原作とし、同年、日活向島撮影所が製作・公開した日本のサイレント映画である。


  1. ^ a b OPAC NDL 検索結果、国立国会図書館、2009年12月2日閲覧。
  2. ^ 渡辺霞亭日本映画データベース、2009年12月2日閲覧。
  3. ^ 所蔵映画フィルム検索システム東京国立近代美術館フィルムセンター、2009年12月2日閲覧。
  4. ^ 相馬大作、日本映画データベース、2009年12月2日閲覧。


「黒水晶」の続きの解説一覧



黒水晶と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黒水晶」の関連用語

黒水晶のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黒水晶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2019 Shinichi KATO All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黒水晶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS