高群逸枝とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 詩人 > 日本の詩人 > 高群逸枝の意味・解説 

たかむれ‐いつえ【高群逸枝】

読み方:たかむれいつえ

[1894~1964]女性史研究者。熊本生まれ昭和5年(1930)平塚らいてう無産婦人芸術連盟結成。のち、「母系制研究」「招婿婚研究」などを著して女性史研究確立


高群逸枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/06 09:33 UTC 版)

高群 逸枝(たかむれ いつえ、本名:イツエ1894年明治27年)1月18日 - 1964年昭和39年)6月7日)は、日本詩人民俗学者・日本の「女性史学」の創設者である。


  1. ^ 栗原弘 『高群逸枝の婚姻女性史像の研究』高科書店、1994年、340-351頁。 
  2. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)17頁
  3. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』(原書房、2015年)130頁
  4. ^ 『高群逸枝1894-1964 別冊環26』芹沢俊介、藤原書店、2022、p42
  5. ^ a b 学位論文データベースによる
  6. ^ 荒木精之編著『熊本の文学碑』熊本日日新聞社、1979、124頁


「高群逸枝」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高群逸枝」の関連用語

高群逸枝のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



高群逸枝のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高群逸枝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS