ビッチとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ビッチの意味・解説 

ビッチ

英語:bitch

ビッチ(英: bitch)は、女性に対する罵り文句として用いられることのある俗な表現である。とりわけ「(誰とでも寝るような)とんでもな尻軽女という意味合い込めて用いられる場合が多い。それが事実かどうか度外視してそういう雰囲気まとっている女」という意味合い用いられることも多い。

ビッチ(bitch)はもともと英語で「雌犬」を指す語であり、英語でもやはり人間女性蔑んで用いる意味用法がある。英語におけるbitchは、必ずしも性的に淫らな不義不貞の女という意味とは限らず、「意地の悪いイヤな女」といった意味合いでも用いられる

日本語においては「ビッチ」という表現比較軽い意味合い用いられる傾向があり、特に女性同士会話では「男遊びていそう雰囲気」という程度の、否定的ニュアンスも特に意識されない意味合い用いられる場合がある。ただし英語のbitch女性に対する最悪の罵り文句である。英語では男性に対する罵倒表現としてサノバビッチson of a bitch)すなわち「売女の子」という言い方もある。

装い言動控えめで真面目そう雰囲気醸しいながら、実は見た目とは裏腹に男遊び盛んで、よく男性誘惑した誘惑乗ったりしてしている、という人物像を「清楚系ビッチと形容する場合がある

日本語における女性罵る表現としては「あばずれ」「ずべ」あるいは「あま」といった言い方挙げられるが、いずれも今日においては日常会話用いられるような一般的な表現とは言いがたい

ビッチ

名前 BicciBitschVicciVichWitch

ビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 17:41 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
  • ビッチ(Bitch) - メス犬。イヌ科の動物
    • ビッチ (スラング)英語版 - 上記から転じた英語スラング。周りの劣情を意図的に煽り、優位な立場に立って経済的利益や安心安全を手に入れようとする活動をする女性(稀に男性)に対する侮蔑語。日本のインターネット上ではふしだらな女性、性的に奔放な女性、娼婦などを蔑む意図で、俗に言うヤリマンの同義語として使われることがある。

音楽

映画

  • ザ・ビッチ (映画)英語版 - 1979年のイギリスの映画。
  • ビッチ (映画)英語版 - 2017年のアメリカ合衆国の映画。

その他



ビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 14:21 UTC 版)

ファイアパンチ」の記事における「ビッチ」の解説

赤いロングヘアー右目に黒い眼帯付け、赤いビキニの上に黒いパーカー着た女性

※この「ビッチ」の解説は、「ファイアパンチ」の解説の一部です。
「ビッチ」を含む「ファイアパンチ」の記事については、「ファイアパンチ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ビッチ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ビッチ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ビッチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ビッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのファイアパンチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS