曽我兄弟 富士の夜襲とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 曽我兄弟 富士の夜襲の意味・解説 

曽我兄弟 富士の夜襲

原題:
製作国:日本
製作年:1956
配給:
スタッフ
監督:佐々木康 ササキヤスシ
製作:大川博 オオカワヒロシ
原案:五都宮章人 
脚本:八尋不二 ヤヒロフジ
企画:マキノ光雄 マキノミツオ

大森康正 オオモリヤスマサ

小川貴也 オガワタカヤ

植木照男 ウエキテルオ
撮影:三木滋人 ミキシゲト
音楽:万城目正 マンジョウメタダシ
美術:鈴木孝俊 スズキタカトシ
録音:東城絹児郎 トウジョウケンジロウ
スクリプター:和田三造 
照明:中山治雄 ナカヤマハルオ
キャスト(役名
東千代之介 アズマチヨノスケ (曾我十郎祐成
中村錦之助 ナカムラキンノスケ (曾我五郎時致
高千穂ひづる タカチホヒヅル (大磯の虎)
三笠博子 ミカサヒロコ (化粧坂少将
花柳小菊 ハナヤギコギク (満江)
植木基晴 ウエキモトハル (一万
植木千恵 ウエキチエ (箱王)
山手弘 ヤマテヒロシ (房丸)
北大路欣也 キタオオジキンヤ (源頼家
伏見扇太郎 フシミセンタロウ (御所五郎丸
片岡栄二郎 カタオカエイジロウ (鬼王)
三条雅也 サンジョウマサヤ (近江小藤太)
山口勇 ヤマグチイサム (股野五郎
原健策 ハラケンサク原健作 (団三郎
大友柳太朗 オオトモリュウタロウ (畠山重忠
大川橋蔵 オオカワハシゾウ (梶原景時
中村時蔵 ナカムラトキゾウ (曾我太郎祐信)
月形龍之介 ツキガタリュウノスケ (工藤祐経
片岡千恵蔵 カタオカチエゾウ (源頼朝
堀正夫 ホリマサオ (八幡三郎
中村時十郎 ナカムラトキジュウロウ (京ノ小次郎
中野市女蔵  (河津三郎祐泰)
有馬宏治 アリマコウジ (行実
河村満和 カワムラミツカズ (了覚)
百々木直  (竹下弥太郎
小田部通麿 オタベミチマロ (新開荒四郎)
大原みゆき オオハラミユキ (喜瀬川亀菊
遠山恭二 トオヤマキョウジ (原孫八)
香月凉二 コウヅキリョウジ (相沢藤六
中野文男 ナカノフミオ (警備武者一)
島田秀雄 シマダヒデオ (警備武者二)
森一平 モリイッペイ (警備武者三)
下川護 シモカワマモル (警備武者四)
疋田国男 ヒキタクニオ (番士イ)
有島隆一 アリシマリュウイチ (番士ロ)
国一太郎 クニイチタロウ (番士ハ)
矢奈木邦二郎 ヤナギクニジロウ (番士ニ)
野村宏笑  (勢子い)
人見寛 ヒトミヒロシ (勢子ろ)
原京市 ハラキョウイチ (岡部三郎
近江雄二郎 オウミユウジロウ (愛用三郎
橋本平八  (海野太郎行氏)
源八郎  (副使
岡島艶子 オカジマツヤコ (虎の母)
解説
苦節二十年、今ぞ工藤陣屋におどりこむ五郎、十郎。御存じ曽我仇討イーストマン東映カラーで描く戦国絵巻篇。五都宮章人原案から「ふり袖太平記」の八尋不二脚本書き、「忠治祭り 剣難街道」の佐々木康監督、「海の百万石」の三木滋人撮影担当する。主な出演者は、「夕日と拳銃」の東千代之介、「青年安兵衛 紅だすき素浪人」の中村錦之助、「髑髏銭(1956)」の高千穂ひづる、「御存じ快傑黒頭巾 神出鬼没」の大友柳太朗三笠博子、「海の百万石」の片岡千恵蔵花柳小菊、「緑眼童子 (二部作)」の伏見扇太郎、「ふり袖太平記」の大川橋蔵、「父子鷹」の北大路欣也、「水戸黄門漫遊記 鳴門の妖鬼」の月形龍之介。その他、片岡栄二郎三条雅也山口勇原健策山手弘植木基晴植木千恵歌舞伎中村時蔵など。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
鎌倉将軍頼朝の世、一万、箱王の父河津三郎祐泰は、狩の帰途祐泰を妬む工藤祐経の手にかかり非業の死遂げた。彼等祖父がかつて頼朝謀叛起した事もあずかり親子三人への世間の目は冷たかった。母満江は曽我太郎祐信に再嫁したが、兄弟は実の父を殺した祐経が忘れられなかった。仇を怖れる祐経の奸言もあって、頼朝兄弟処刑の命を下した。由比ケ浜引立てられた二人畠山重忠必死嘆願によって救われた。やがて一万は十郎と名を改め、箱王は箱根権現仕える身となった。或る夜箱王は、頼朝公の富士の巻狩狩場奉行となった祐経が権現参拝するのを知ったが、一人ではどうする事も出来ぬ。これに気付いた祐経一党追手逃れた箱王は、遊女化粧坂少将の許に匿れた。一方十郎も祐経を欺き都へ上るため遊女大磯の虎と別れ惜しんでいる時、祐経の配下踏み込まれ、虎は狩場連れ去られた。十二振り再会した兄弟二人義父から小袖佩刀与えられ、箱王は元服五郎と名を改め二人仇討の志を固めた。やがて狩がはじまったが、狩場切手を持たぬ二人はただ焦るばかりだった。二人本懐を祈る虎と少将畠山重忠兄弟のために門鑑工藤定紋を手に入れてくれた。兄弟をついて目ざす工藤陣屋にしのび入り十八年怨敵祐経を討ち取る事が出来た。群がる武者の中で十郎は重忠の情の下に自刃し、五郎捕われ頼朝面前引出された。さしもの頼朝兄弟孝心に心を動かし、五郎晴れて富士を仰ぐ事が出来たのであった。

曽我兄弟 富士の夜襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/26 06:08 UTC 版)

曽我兄弟 富士の夜襲』(そがきょうだい ふじのやしゅう)は、1956年日本映画鎌倉時代初期の曾我兄弟の仇討ちを題材としている。東映製作・配給。監督は佐々木康、主演は東千代之介中村錦之助イーストマンカラー(総天然色イーストマン・東映カラー)。 本編111分。




「曽我兄弟 富士の夜襲」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「曽我兄弟 富士の夜襲」の関連用語

曽我兄弟 富士の夜襲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



曽我兄弟 富士の夜襲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの曽我兄弟 富士の夜襲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS