寒山拾得とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 寒山拾得の意味・解説 

かんざん‐じっとく【寒山拾得】


寒山拾得

作者森鴎外

収載図書近代歴史小説世界
出版社桜楓社
刊行年月1986.4

収載図書文豪ナンセンス小説
出版社河出書房新社
刊行年月1987.7
シリーズ名河出文庫

収載図書ちくま日本文学全集 025 森鴎外
出版社筑摩書房
刊行年月1992.2

収載図書高瀬舟
出版社集英社
刊行年月1992.9
シリーズ名集英社文庫

収載図書日本幻想文学集成 17 森鴎外 不思議な鏡
出版社国書刊行会
刊行年月1993.2

収載図書山椒大夫 高瀬舟森鴎外全集 5
出版社筑摩書房
刊行年月1995.10
シリーズ名ちくま文庫

収載図書鴎外歴史文学集 第4巻 寒山拾得・細木香以寿阿弥の手紙ほか
出版社岩波書店
刊行年月2001.6

収載図書山椒大夫高瀬舟―他四篇 改版
出版社岩波書店
刊行年月2002.10
シリーズ名岩波文庫

収載図書最後の一句山椒大夫ほか
出版社教育出版
刊行年月2003.7
シリーズ名読んでおきたい日本名作

収載図書ヰタ・セクスアリス 阿部一族
出版社フロンティアニセン
刊行年月2005.2
シリーズ名第2刷 (フロンティア文庫)

収載図書高瀬舟山椒大夫
出版社舵社
刊行年月2005.8
シリーズ名デカ文字文庫

収載図書阿部一族 舞姫 76改版
出版社新潮社
刊行年月2006.4
シリーズ名新潮文庫

収載図書森鴎外
出版社筑摩書房
刊行年月2008.6
シリーズ名ちくま日本文学


寒山拾得

作者岡本かの子

収載図書岡本かの子全集 1
出版社筑摩書房
刊行年月1994.1
シリーズ名ちくま文庫

収載図書岡本かの子全集 第1巻 復刻
出版社日本図書センター
刊行年月2001.2


寒山拾得

作者井伏鱒二

収載図書世界は笑う
出版社筑摩書房
刊行年月1995.9
シリーズ名新・ちくま文学

収載図書井伏鱒二全集 第1巻
出版社筑摩書房
刊行年月1996.11

収載図書夜ふけと梅の花山椒魚
出版社講談社
刊行年月1997.11
シリーズ名講談社文芸文庫


寒山拾得

作者橋本治

収載図書つばめの来る日
出版社角川書店
刊行年月1999.6

収載図書つばめの来る日
出版社角川書店
刊行年月2001.9
シリーズ名角川文庫


寒山拾得

作者澤田ふじ子

収載図書恵比寿町火事公事宿事件書留
出版社幻冬舎
刊行年月2003.6

収載図書恵比寿町火事公事宿事件書留帳 8
出版社幻冬舎
刊行年月2004.12
シリーズ名幻冬舎文庫


寒山拾得

読み方:カンザンジットク(kanzanjittoku)

作者 岡本かの子

初出 昭和3年

ジャンル 小説


寒山拾得

読み方:カンザンジットク(kanzanjittoku)

作者 坪内逍遙

ジャンル 舞踊劇


寒山拾得

読み方:カンザンジットク(kanzanjittoku)

作者 森鴎外

初出 大正5年

ジャンル 小説


寒山拾得

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/25 13:21 UTC 版)

寒山拾得(かんざん じっとく)は、中国江蘇省蘇州市楓橋鎮にある臨済宗の寺・寒山寺に伝わる風狂の僧、寒山拾得の伝承。またこれを題材とした以下の芸術・文芸・芸能作品。




「寒山拾得」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「寒山拾得」の関連用語

寒山拾得のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



寒山拾得のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの寒山拾得 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS